昨日のWBC、五右衛門は好投したけど、監督の小久保のボンクラぶりは(呆)

スポンサーリンク

ロッテ西野&大嶺祐 好投!開幕ローテ前進 伊東監督「入りそう」(スポニチ)

先発ローテ争い、大嶺(祐)も西野も好投しまして…いやあ監督や投手コーチは本当に頭を悩ませそうだ(苦笑)

開幕ローテーション入りを狙うロッテの両右腕が先発枠入りをグッと引き寄せた。今季、先発に再転向した西野は5回4安打2失点(自責1)。カーブやフォークも決まり、リズムよくアウトを重ねた。

 4回に無死満塁のピンチを招いたが大崩れせず「ボールを引っかけていたが、フォームで自分の意識するところを見直した」と修正能力も示した。2番手の大嶺祐は4回1安打無失点。「2四球を反省しないといけないし、追い込んでからの制球がまだ」と振り返ったが、伊東監督は「(開幕ローテーションに)入りそうなところまで来ているね」と評価した。

 ▼ロッテ・大嶺翔(2安打3打点と打撃好調を維持)今はほとんど左投手の時しか打席に立っていないので、右投手が来てもアピールできるようにしたい。

先日、英二投手コーチが「涌井・五右衛門以外の先発ローテ4枠を中10日で10人で回す方法も」みたいな(たぶん冗談だと思うけど)ことを言ってたんですが、いずれも先発ローテ候補の投手が、それぞれ短いイニングではあるんですが予想以上にいいピッチングをしてるんですね。唐川とか二木とか、佐々木千隼や酒居といったルーキーあたりまで。個人的にはスタンリッジのピッチングはそろそろ見てみたいかな?とは思うんですけど。ライバル争いでプロペンがピリピリする感じなのはいいなあ、これ。

んで、これらの投手がシーズンに入っても好投してくれたらーって思うんですが、まあオープン戦・練習試合と公式戦だとちょっと違いますしね。さて、本当にシーズン通して戦力になれる投手は何人居るんだろう…。涌井・五右衛門の他に3人ぐらい2ケタ勝利もしく5人で40勝ぐらいしてくれるとロッテも更に上位を狙えるんだけどなー。

スポンサーリンク

今年も大嶺兄弟の揃い踏みはあるのかな?

ロッテ大嶺翔2安打3打点、伊東監督「かなりいい」(日刊スポーツ)

で、大嶺(祐)投手の弟さんの大嶺(翔)選手も内野手でロッテでプレーしてるんですが、弟もいい感じだったようで。

<オープン戦:楽天2-5ロッテ>◇7日◇倉敷

 ロッテ大嶺翔太内野手(25)が2安打1犠飛3打点と活躍した。

 4回1死二、三塁で、楽天辛島から中前に2点適時打。6回には、1死二、三塁で右翼に犠飛を放った。

 「(4回は)内野の間に強い打球を打つことを意識した。コントロールが良い投手なので、低めをたたこうと。中前に抜けて、価値がある安打だった。犠飛は反対方向が鉄則。何とか打てればと」と、狙い通りの打撃を振り返った。

 キャンプ中の実戦から好調を維持している。伊東監督は「かなりいい。引き続き、キープして欲しい」と期待していた。

大嶺(翔)は、どっちかというと先発出場した大ベテランの井口の後に、終盤に守備固めで一塁を守ったりするシーンが多かったですね、昨年は(ショートもサードも守れるある意味でユーティリティな選手で結構重宝できる選手でもありますが)。でも本来は激しいレギュラー争いからスタメンを得られるように、ってのが理想なんでしょうけどね。こういう選手もやはり大事ですわ。

五右衛門は頑張ってくれた。が、小久保監督がボンクラすぎて…。

侍J石川 初戦先発の責任果たした “ひょうひょう”と4回1失点(スポニチ)

昨日のWBC開幕戦は五右衛門が先発でした。ま、何も言うことがない五右衛門らしいピッチングでしたなー。

ロッテでも経験のない開幕投手を小久保監督に任された理由は、「ひょうひょう」とした性格。侍ジャパン・石川が初回の大ピンチで、強心臓を見せた。

 「点を取られるかなーと思った。緊張は全くしなかったです」

 内野安打と三ゴロ失策で無死一、二塁を背負ったが、動じない。セペダを代名詞のシンカーで引っかけさせる。二塁・菊池が軽快な動きで併殺を完成させると、2死一、三塁ではサーベドラをカーブで三ゴロに抑えた。

 65球の球数制限がある中、58球で4回を1失点に抑えた。スタンドは360度が日本の応援。マウンドにいる間は静まりかえる。「雰囲気はいつもと違った」と感じたが、バットの芯をことごとく外す普段の投球をした。12個のアウトのうち、8つをゴロで稼いだ。

 昨年11月、侍ジャパンに初選出された際は「心細くて不安」と言い、2月の合宿初日には「緊張しました」と語った。理由は「しゃべったことのある選手が少ないから」。マイペースで、飾ることはない。当初は日本ハム・大谷、菅野に次ぐ先発として選ばれたため、第3戦の中国戦先発と思い込み「中華料理は好きですよ」とお気楽発言を飛ばしたこともある。

 大谷の欠場が決まり、指揮官から2月7日にロッテのキャンプ地・石垣島で大役を伝えられた。結果を出し、次戦は15日の2次ラウンド第3戦が有力。「ボールも高くて、もう少しかと思う。次回は頑張りたい」。世界一の「絶景」へ、理想は高い。 

昨日はちょいちょいと見てましたが…うーん、小久保ごときの素人監督に五右衛門なぞ勿体ねえって感じ。正直、中盤から抑えがgdgdで、

「お前の“野球つく”に付き合ってんじゃ(怒)」

と、半ば呆れてたのも事実。いやあもうちょっと、選手の人選に気を配るのと同じぐらい指揮官とかの首脳陣も考えようよ、NPB。

それこそどこかの安倍内閣みたいな「お友達人事」で人選決めて、正直首脳陣が何もやんなくても「能力ある選手が勝手に戦って勝ってくれて」評価が高くなるんだったら…誰選んでも酷評されがちなサッカーの代表監督のハリルホジッチ氏がかわいそうじゃん(意味不明)。

 

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク