浦和の監督みたいに千葉ロッテのお偉方も「進退賭けて」戦えよ。

スポンサーリンク




「話にならない」―2軍落ちのロッテ佐々木、改めて浮き彫りになった課題(Full-Count)

まあ確かに昨日の、というか最近の佐々木千隼は制球力がいまいちなのはわかるんだけどさー、でも「たったの」6回3失点だろ?

制球力の無さ――。2軍落ちが決まったロッテのルーキー佐々木の課題が改めて浮き彫りになった。

 5日の楽天戦。試合前に「若さを前面に出して、1球目から少々甘くても、勢いで押してほしい」と語っていた伊東監督は「6四球では話にならない」と試合後に怒りを露わにした。通算11試合で39四死球はあまりにも多い。「自分のボールが思ったところに投げられていない。バッターと勝負出来ていない」と佐々木もうなだれるしかなかった。

 初回、先頭島内への142キロ直球がシュート回転して真ん中へ。右中間を破られた。2死からウィーラーを歩かせ、銀次にはカーブを遊撃内野安打とされて先制タイムリーを許す。打たれのはいずれも苦手にする左打者だった。

 2回以降も苦闘が続いた。簡単に2死を取りながらまた島内に左前打。ぺゲーロを歩かせピンチを招くと、左の岡島には6球連続ファールで粘られたが、内角ストレートで見逃し三振と必死で粘る。味方も4回に角中、パラデス、 鈴木の3連打で2-1と逆転。バックも必死で援護した。

 しかし、5回にはペゲーロが内野安打。遊撃中村の緩慢な守備で足を引っ張られた面もあるが、岡島には右前打で連打。ウィーラーには勝負できずに歩かせて満塁にし、銀次の二ゴロとアマダーの左犠飛で逆転された。

 結局、6回途中6安打6四球3失点で降板し7敗目。ルーキー右腕は試合後、「野手の人が逆転してくれたのに、あっさり逆転…。守りの時間が長く、攻撃のリズムを崩してしまった。申し訳なく思います」と言葉を絞り出した。

5回のペゲーロの時のショート・中村奨吾の守備も大概だと思うけどな。結果的には「あれ」で折角逆転した流れを一気に持っていかれたような気もするしで。まあ楽天の攻撃陣が「あざやか」としか言いようがないんだけど。でも佐々木千隼、まだルーキーだぞ? 6回3失点だなんて全然上等じゃないの。涌井や五右衛門、二木あたりと比べても全然遜色がない。むしろそれ以下の中継ぎ陣は何人いるよ?と(以下略)

で、終盤はロッテ打線はほぼノーチャンスで、よせばいいのに9回に抑えの内がウィーラーに被弾して万事休す、その後、チェンが登板して満塁から暴投で更に1失点…というていたらくでした。

スポンサーリンク

浦和の監督ぐらい「進退賭けて」戦えよ、千葉ロッテのお偉方。

【浦和】ペトロヴィッチ監督、辞任覚悟…大敗後“バス囲み”で「9日勝たなければ出て行く」(スポーツ報知)

ごくごく一部の浦和サポのマナーの悪さには辟易してはいるが、誤解を恐れずに書くと、ある意味でこういう「熱さ」は千葉ロッテファンからすると「羨ましい」。やってはいけないのは承知しているが、かつてのダイエー・王監督の頃に「バス囲んで生卵をぶつけた」騒動の気持ち「だけ」はわからんではない。無論、そんなことはやってはいけないのだけどさ。

◆明治安田生命J1リーグ 第13節 川崎4―1浦和(5日・等々力陸上競技場)

 ACL開催で未消化だった2試合が行われ、浦和は川崎に1―4で大敗した。試合後、約500人のサポーターがチームバスを囲む事態に発展。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)が合計2回、約1時間の話し合いを持ち、9日の新潟戦(埼玉)に勝てなければ辞任すると約束した。

 試合終了から2時間以上が経過していた。午後11時過ぎ、等々力陸上競技場のバス出口を封鎖したサポーターに対し、ペトロヴィッチ監督は立ち往生するバスを降りて、大声で宣言した。「新潟戦に勝ち、連勝できなければ、私が一番最初にここから出て行く」。ホームで新潟に勝てなければ辞任し、新潟戦に勝っても12日の天皇杯・熊本戦(駒場)で敗れれば、浦和を去る覚悟を示した。成績や敗戦に不満を持つサポーターに対し、事情説明にとどまらず、進退にまで言及するのは異例だ。

 川崎戦は采配も不発に終わり、完敗した。通常の3バックではなく、4バックを採用。前半だけで2失点。3バック布陣に戻した後半に1点を返したが、4失点で敗れた。前半戦を終了し、29失点で7敗。年間最多勝ち点「74」を稼いだ昨季は34試合で28失点、6敗だった。41得点はリーグ最多ながら守備が崩壊し、今季は8位に沈んでいる。

 バスが約1時間立ち往生する間、指揮官は2度サポーターの前に出た。正面玄関の前では「ミシャ出てこい!」「もう我慢できないんだよ!」などと叫ぶサポーターに対して「ACLで川崎に勝つ。優勝争いもする」と冷静に対応した。しかし、バスの出口に陣取ったサポーターには、新潟戦で進退を懸けると口走ってしまった。山道守彦強化本部長は「エモーショナル(感情的)になった発言と理解した。今は我々は全力でサポートする」と現体制支持を表明する一方で「未来の事は分からない」と言葉を濁した。

今季未勝利だった大宮に惜敗したショックの意味でのメンタルの要素もあるんだろうけど、おそらくなかなか勝てなくなった要因は「対戦チームが浦和を徹底研究して対策を取ってきたから」だと思うんですけどね。もっといえばたぶん浦和の監督はそれをやらない人で「浦和はいつもの力を出せばどこにでも勝てる」というメンバーを集めて、そういう練習「しか」してないのかなあ、と。

と同時に、実は千葉ロッテの今年の低迷も、シブチンな親会社がロクにカネを出さないっていう「不作為」的なアレもあるんだろうけど、他球団、特に楽天と日ハムあたりが徹底的に他球団の弱点研究をして、それで各投手の癖やパターンを頭に叩き込んでプレーしてるんだろうなあ、と。つまり去年までが三振を取りに行ったりゴロ・フライを取りに行ってた「ウイニングショット」をことごとくヒット性の当たりでヤラれているってのは、たぶん「その研究の成果の賜物」なんだろうね。一方、ロッテは今年から「一軍戦略コーチ」というポストを作ったけど…(以下略)。

でも死にものぐるいで首を取りに来るぞ。新潟も熊本も…。

いやあ浦和の監督、言っちゃったね。ちなみに今後の対戦カードは、

新潟・熊本(天皇杯)・C大阪・札幌・大宮・甲府。

実際に浦和の監督(ミシャ氏は歴代の浦和の監督の中ではもっとも長く務めてる人なんだそうで)が、それで辞めるかどうかは知らんけど、でも新潟が4月の甲府戦のような「データで相手を丸裸にして、それに対応する為の練習を積んで、本番で相手のストロングポイントをすべて潰して、先制点を叩き込んだ」場合は今の浦和だと全然わかんないと思うけどね。新潟だってさすがに「今年はマジでやばい」と思ってるだろうし(それは4試合先の札幌もそうだし、この札幌の次の大宮も甲府も同様)、死に物狂いで来るのは当然。J2の熊本を含めて、すべてのチームに余裕なんか全くないし、おそらく虎視眈々と浦和の監督のクビを取りに来るべく徹底研究に勤しむと思う。

ただ、熱心な浦和サポの皆さんは申し訳ないけど、千葉ロッテファンからすると、

「そんぐらい千葉ロッテのお偉方を囲んでモノを言いたいわ」

と思うことはたびたびありますわ。それは伊東監督然り、球団フロント、親会社などなど。いやあオールスターで殿堂入りの表彰を受けるという伊東監督、その後はどうすんだろうなあ。何も手立てもなく指をくわえたまま最低勝率を記録してシーズンが終わるんかなあ(失笑)。ドラフトの上位で指名されて「あと5年は安泰だから」と、エラーしてもヘラヘラしてたりするやつじゃなくて、来季の契約を結んでくれるかどうかわからんという瀬戸際の、目がギラギラした奴らのプレーを1軍で見たい。

↑この浦和・関根選手のドリブル→シュートは気持ちを感じましたわ…。

かといって浦和フロントが「安直にやりそうで怖い」のは。

で、仮にミシャ氏が連勝できずに「辞任」とかした後で、

サンフレッチェ広島の森保監督辞任…まさかロッテの伊東監督よりも先に(以下略)(2017/07/04付)

広島の監督を辞任した森保氏を招聘しかねねえ(爆)

「いやいや浦和レッズ、ほんとにサンフレッチェ広島が大好きだな、おい」みたいな(^_^;)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク