埼玉の志木にはカパルの他に「切腹」する市職員もいるのか(汗)

スポンサーリンク




歓送迎会で自分の腹刺す 埼玉・志木市職員「衝動的に上り詰めてしまった」(産経新聞)

志木のゆるキャラの「カパル」も草葉の陰の三島由紀夫もびっくりだ(意味不明)

埼玉県志木市は4日、居酒屋でカッターナイフを使って自分の腹を刺すなどして迷惑をかけたなどとして、環境推進課の男性主任(53)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしたと発表した。

 市によると、男性は4月、市内で開かれた同課の歓送迎会で、隣に座った男性課長(53)と話した後、近くのコンビニエンスストアでカッターナイフを購入して店に戻り、自分の腹を刺した。

 主任は腹部に刺し傷を負って12日間入院したが、命に別条はないという。その後、心療内科を受診し、現在は自宅療養中。

 市の調べでは、課長は主任に「仕事はきついところもあるかもしれないけど、自分もたくさん経験している」などと激励のつもりで声をかけたが、主任は叱責と受け止めたという。

 主任は市の調べに対し、「パワハラに近いことはなかった」「衝動的に上り詰めてしまった」などと説明している。当時、酒を飲んでいたという。

 志木市の相子知行企画部長は「公共の場で公務員としてふさわしくない迷惑行為を行い、市民の信頼を著しく損ねたことを深くおわびしたい」とコメントした。

 朝霞署は、銃刀法違反にあたる可能性があるとみて捜査している。

うーん、全く意味がわかんねえ(大汗)

スポンサーリンク

とりあえずカパル氏よ、ほどほどに慰めてやってくれ(苦笑)

っかし…衝動的とはいえ、自分の腹を刺すとはねえ。市ヶ谷の自衛隊駐屯地で自衛官に演説して割腹自殺を遂げた三島由紀夫じゃあるまいし。まあ見方を変えれば「叱責した上司を衝動的に刺さなかった」だけでもある意味で不幸中の幸いと思ったほうがいい…のかな?

ま、こういう時の「癒やし」こそ「ゆるキャラ」しかできん仕事だと思うんで、知名度も知らぬ間に全国区になったカパル氏よ、もしチャンスがあったらこのおじさんを慰めてやってくれな。意外に河川敷であんたが黙って横で体育座りしてるだけの方が「癒される」かもしれないしな(↑で、Flickerで偶然見つけた体育座りしてるカパル氏をアイキャッチャーに持ってきたわけですが(苦笑))。何卒お大事に。そして命もお大事に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク