聖路加国際病院の日野原重明先生が遂に逝ってしまわれた…。

スポンサーリンク




現役医師の日野原重明さん死去 105歳、聖路加国際名誉院長(共同通信)

明治が終わる前年の1911年(明治44年)生まれなんだそうで…大往生も凄いが生涯現役ってのも凄すぎる。

100歳を超えて現役で活躍する医師として知られた東京・聖路加国際病院の名誉院長で、文化勲章受章者の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんが18日朝、死去した。105歳。山口市出身。

 京都帝大を卒業し、1941年から同病院に内科医として勤務。人間ドックを先駆的に取り入れ、生活習慣病の予防を訴えるなど、予防医学の普及に努めた。終末期医療の充実、医師や看護師の養成教育にも尽力。同病院院長、聖路加看護大(現・聖路加国際大)学長などを歴任した。

 2001年に出版したエッセー集「生きかた上手」が大ヒット。高齢者に社会参加を呼び掛けるなど、発言や活動も注目された。

確か記事にも出ている「生きかた上手」という本を出されて大ヒットした時点で90歳ぐらいのお歳で、「90歳で現役か…凄いお医者さんもいるもんだ」ってびっくりした記憶があるんですけどね。そこから更に15年以上も長生きされた上に、お仕事も続けておられたとは。

さすがに少しずつ仕事の量じたいは減っては居たんでしょうけど、ここまで来ると「もう出勤して名誉院長室みたいな部屋にいるだけでもありがたい」みたいな大先生になってたんでしょうけど、たぶん入院患者さんとの語らいとか、執筆活動、講演会とかもあったんでしょうし。まさに「大往生」ですね。

個人的はこの先生が、昭和45年3月に発生した「よど号ハイジャック事件」に巻き込まれたという話を随分前に聞いて「そんな歴史的大事件に巻き込まれてたとは」と絶句したのをよく覚えてますわ。最終的には韓国の金浦空港で解放された(という事は「男・山新」こと山村新次郎運輸政務次官(うちの親父の地元・千葉県佐原出身の代議士でした)との交換という形になったんでしょうね)という話と、この事件をきっかけに人生観が変わって「地位や名誉を追求するのをやめた」という話も。

スポンサーリンク

聖路加国際病院と日野原先生には「大きな恩」がある。

ここの病院はかつての東京大空襲の際に満足な治療ができずに何人もの患者を亡くした経験から、災害や戦争などの際に大量に患者さんを引き受けられるように過剰投資なんじゃないのか?と言われるぐらいに平成初期に大きな病院(ロビーがめちゃくちゃ広いんですね。スタバとかもありますし。それと礼拝堂とかもあるそうです)なんですが、それが最大限に発揮されることになったのが1995年3月の「地下鉄サリン事件」の時だったそうです。

最寄りである日比谷線の築地駅も現場のひとつになったんですけど、この際に当日診察を中止してすべての被害者を受け入れて治療したのが、「過剰投資」と揶揄された大きなロビーや礼拝堂だったんだそうで、これにより何千人という被害者が命を落とさずに済んだ、というエピソードがあります。

これに関しては、地下鉄サリン事件ではないんですが、私個人としてここの病院に恩がありまして、それは、

うちの妻が4年ぶりに救急車のお世話になった(大汗)(2017/07/16付)

こちらの記事にも書いた話ではあるんですけども…。

ちなみに私自身は、この息子が生まれた2013年以降、友人がクイズサークルの例会中に倒れてそのまま半年間入院してしまった件や、妻が緊急搬送された件、一緒に住んでるおじいちゃん・おばあちゃん(妻の両親)の体調不良で…などで、たぶん4年間で15回ぐらい「付き添いで」救急車に乗ってる計算になります。

この中の「友人がクイズサークルの例会中に倒れてそのまま半年間入院してしまった件」の際に、うちの友人が半年間入院したのがここの聖路加国際病院でした。

友人が罹患した病気は「急性大動脈解離」または「解離性大動脈瘤」。先日、演劇中に舞台から落ちて亡くなった中嶋しゅう氏がこの病気だったそうですが、うちの友人も本当に「いきなり」クイズサークルの例会中に発症して起きれなくなってしまったんですね。本人もあまりにいきなりだったんで何が起きたのかわからなかったそうですし、周りも過呼吸じゃないかとかいろいろと心配してたんですが「いや、これはさすがに救急車呼ぶわ」と、私が会館の事務室に行って119番通報をお願いして、私と当時のサークルの幹事長の2人でこの友人に付き添って救急車に乗りました。

※ちなみ厳密には「大動脈解離」と「解離性大動脈瘤」は似たような病気なんですが「瘤(こぶ)ができるか否か」の違いがあるそうです(幾つかのサイトで確認したところ、医学的見地から言うと混同されやすい病気なので留意するように、という但し書きがありました)。つまり前者の場合はそれこそ「何の予兆もないのにいきなり襲ってきて、最悪、突然死する」という事が多いんだそうです。

実は私が聖路加病院に「恩」を感じているのは、この時に最初に行ったのがこのクイズサークルは江戸川区でやっていたので地元・江戸川区では最大級の緊急診療ができる病院だったんですがここの病院でも「夜8時半を過ぎていて、(緊急手術を要するのだが)心臓の担当医がいないので根本的な治療ができない」という話になったんですね。緊急搬送してくれた救急隊の人の見立てでは「大動脈解離っぽい」と言ってました。で、1時間ほどここの病院に滞在した後に、「引受先が見つかった」と言って再び救急車に乗せられて運ばれたのが、この築地にある聖路加国際病院でした。

そこですぐに手術を受けて、最終的には退院までにほぼ半年を要することになりまして(倒れたのが2013年6月中旬、退院したのが翌年1月上旬でした)、その間に私なんかは息子が生まれてますしね(大汗)。まあ息子の誕生前後も妻の妊娠中毒症の悪化で2ヶ月早く生まれたり超未熟児でNICUに2ヶ月入ってたりと大変だったんですが、友人の方は、後から聞いたら一時は人工肛門や人工透析も必要なんじゃないのかというぐらいの後遺症も懸念されるほどだったそうです。

というのは、この大動脈の乖離で必要な血管を切除したりするんですが、この際に腐った血管の部分から黴菌が内蔵中に行き渡ってしまったそうで、ひどい「敗血症」を引き起こしてしまい小腸を4メートルから25センチまで切除することになったり、その敗血症の方でこの友人は3回も危篤状態に陥ってしまい、ご家族には「今夜が山です」と3回もいわれてしまった、と、退院直前に見舞いに行ったら苦笑いしてました。でも最終的には入院前に130キロ近くあった巨漢な体が退院時に80キロ台まで落ちてはしまいましたが、人工肛門も人工透析を受けることもなく、退院直後は杖ついて歩くような感じだったんですけど今はフツーに歩けて元気にやっております。それ以降、定期的に検査したり診察してもらったりしてるそうで、動脈瘤が再発しはじめてるとのことで今年の春の連休時期に人工血管に取り替える為に入院してたんですがそれも無事に終わって退院できましたしね(で、私もお見舞いも行ってきた記事を書きましたし)。私は江戸川区のクイズサークルは去年で辞めちゃって今は埼玉の岩槻で小さいクイズサークルを細々とやってるんですが、その友人は岩槻にも来てくれて一緒にわいわいと楽しんでくれてます。

でもこれも全ては「突然の病気で(しかも致死率が決して低くない症状で)、日曜夜で江戸川区最大の緊急診療できる病院でも無理だった患者を引き受けてくれた」聖路加国際病院に運ばれたことだと思ってます(無論、本人の持って生まれた回復力の強さもあるでしょうけど)。そう考えると引き受けてくれるベッドの数や診療体制、ICUとの充実度などを思うと、「過剰投資」と批判されつつも大きな病院施設を作ってくれた日野原先生に命を救われたんだなあと思わざるを得ませんね、やはり。

本当に100年を超える長い人生、お疲れ様でした。そして大事な友人の命を救ってくれてありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク