さだまさし氏が「勝手に(笑)」ヤクルトの応援歌を作ったらしい。

スポンサーリンク




さだまさし、燕応援歌作った!『つばめよつばめ』低迷チームに届け(サンスポ)

いやあヤクルトうらやましい。千葉ロッテにもこういう「低迷チームに届く」ような応援歌作れるファンはいないのか(苦笑)

約束の歌、低迷スワローズに届け!! ヤクルトのファンクラブ名誉会員を務めるシンガー・ソングライター、さだまさし(65)が、ヤクルト愛を歌う『つばめよつばめ』を完成させたことが3日、わかった。昨オフ、サンケイスポーツの対談企画で石川雅規投手(37)に「ただ頑張れ、じゃない応援歌を作る」と明かした約束を守った。一流アーティストが球団からオファーも受けず、自ら応援歌を作詞作曲するのは異例。ファン心理を素直に表現し、チームを鼓舞する名曲が生まれた。

あの約束から8カ月。さだまさしが、低迷にあえぐヤクルトに『つばめよつばめ』と、歌いかける。一流のアーティストが、依頼もなく、自発的に応援歌を作詞作曲したのは、球界でも異例。ファン歴30年、「つばめ愛」は本物だ。

 「もっと言いたいことはいっぱいあるんです。選手と仲良くなると、もう『バカヤロー!!』なんて叫べない。ほれた弱みでね。だから自虐的な応援歌になりました。勝負は時の運。どのチームも半分ぐらい負けるんだから、負けるのを笑っちゃわないと、長いシーズン持ちません」

 サンケイスポーツの取材に、さだは穏やかにほほ笑んだ。球団ファンクラブ名誉会員でもある、さだの心情を素直に吐露した『つばめよつばめ』の歌詞は、意外性にあふれている。全ての試合に勝ってほしいとは言わない。いい助っ人も、必死に育てた生え抜きも、気づけば敵のベンチにいる。投手がよければ打てず、打てば打たれる。アンチがいない、ともいわれるヤクルトのチームカラーを、鮮やかに描き出す。

 昨年11月、サンケイスポーツの大型企画「極(きわみ)対談」で、左腕エース・石川と語り合った。互いの引き際を語り合う中で、さだは「敗者がどれほど美しいかで試合の価値が決まる」とアーティストらしい美学を披露した。その上で「愚痴っぽい歌になるかもしれないけど、ただ頑張れ、じゃない歌を作りたい」と石川に約束していた。

曲は4月に完成したが、5月下旬からのコンサートツアーで試演しながら、歌詞を何度か変更した。「言葉の魔術師」らしく、こだわり抜いた力作だ。「つばめよつばめ 愛しき燕」からのサビはのびやかで美しく、覚えやすい。神宮にこの曲が響けば、ファンも大合唱できそうだ。

 「『自分にだけは負けたくないんだ』というフレーズは、選手に言っているだけではないんです。ファンである自分に言い聞かせているんです、心が折れるな、と。僕は折れないですよ。スワローズと30年も付き合って、家族的なムードが大好きですから」

 ヤクルトは現在借金16の最下位。故障者が1人戻れば、1人離脱する、その繰り返しだ。ファンの期待に応えられてはいないが、5位・巨人には2・5ゲーム、4位・中日も4・5ゲーム差。バレンティンが復帰し、小川が抑えに転向と、知恵と力を振り絞って目の前の一戦に向かう。あきらめるのはまだ早い。

 「一昨年は漁夫の利で勝てたけれど、今は地力を高めていくしかないんじゃないですか?」。日本のアーティストとして最多となる、4200回を超えるコンサートのステージに立ち続けたさだの名曲に応え、ヤクルトも自分に負けることなく、一つずつ白星を積み重ねていくだけだ。

スポンサーリンク

以前はヤクルト”だけ”は大嫌いだったんだけどね、私(苦笑)

さだ氏は以前は大の巨人ファンで、1980年に長嶋監督が解任された時に巨人ファンを辞めてのちにヤクルトファンに転じた…という人だったんですが(ちなみにうちの親父が中日ファンなんですが、その前は大の巨人ファンで同じ辞めた理由でやめたんだそうです)。

もっともさだ氏にも今も昔も(?)それなりの「イタいファン」がついていて、当時、文化放送でやってた「セイヤング」という深夜番組で「ヤクルトの応援=巨人の悪口」さえ言えばそれでいいみたいな輩が結構多くて、それで私は正直ヤクルト「だけ」は嫌いでしたね。ま、その前に子供の頃に祖父と行った神宮でのヤクルト対巨人戦で、内野席に居たヤクルトの私設応援団のヤジの汚さに「憤慨」したってのもあったんですが、それ以来、「ヤクルトファン=こすっからい奴」というイメージがついちゃって、これがまた不思議なもので、学校や趣味や仕事の世界で「ヤクルトファンと自称する」奴にいい人がほとんどもいなかった、という縁もあったりと(ま、一人二人ぐらいはいる・いたんですけどね。今も現在進行形でお友達として交流してる方もおりますです)。

なので千葉ロッテを応援するようになってからは、パ・リーグ5球団は「兄弟みたいなもんじゃないか」と思いつつ嫌いにはなれず、セ・リーグの球団も巨人は子供の頃応援してたのと私以外の家族がみんな巨人ファンなんで義理的に(苦笑)、その他の4球団も好きな選手はいたので嫌いではなかったんですけども、ヤクルトに関しては「そもそも大嫌いなんで知ってる選手が居ない」というぐらい嫌いでしたね。「ヤクルトの選手、え、古田?池山?高津?」ぐらいなもんで(爆)

が、大松を拾ってくれてそこからヤクルトも(笑)

ただ、昨年の秋にロッテの主砲候補だった大松選手が自由契約になりまして、その大松選手をテストを経てチームに迎え入れてくれたのがこのヤクルトスワローズ。

しかもちゃんと起用もして、サヨナラホームランとか打った日にゃ、

皆で大喜びしているシーンを見たら、そりゃ思わず、

「ヤクルトさん、大松を拾ってくれてありがとう」

って思いますわなー(感涙)。これで印象が180度変わりましたね。今のところ「NPBで嫌いなチーム」はなくなったって感じですわ。

まあ、ヤクルトってチームは例えばお隣の巨人に比べれば「のびのび」プレーできる環境はあるみたいで、助っ人の外国人選手、以前のホージー、ハウエル、ラミレス、最近のバレンティンなどなど、打てばホームラン、三振しても次があるさと気にしないみたいな「結果をそれほど責められない」風土(?)があるのは良いことだなあとは思ってましたね、昔も今も。

巨人なんかはそれがわかってないから他チームで活躍した選手が自分のチームで活躍できない理由が根本的にわかってないから大変だよなあ。で、大田泰示選手みたいに巨人からトレードとかで他チームに行った選手が大活躍してるわけだから(以下略)

ま、さだ氏をきっかけに野球ファンが増えてくれればね。

その20数年前の深夜放送をやってた頃は「にわかなヤクルトファンめ。どうせ1年おきに優勝→4位→優勝→4位って繰り返す度に一喜一憂してんだろ?」みたいな反発心をもってさだまさしからハマったヤクルトファンに対して軽蔑した目で見てましたが、ただ、少し私もおっさんになったせいか、それとも大松選手を使ってくれた「恩」もできたのか(苦笑)、「ま、きっかけは何より、こういう形で野球を好きになる人が増えるのは悪いことではないのでは?」と思うようになりましたね。

まあ神宮球場、都心のど真ん中にあって緑も多いし交通の便もいいしで。ついでにセ・リーグ5球団、更に交流戦を通じてパ・リーグ6球団にも関心を持ってもらって、「ヤクルトが一番、二番は××だなー」なんていう関心を広げてもらえるようなふうに行けば、なおさら皆が幸せになれるんじゃないですかね?

そいつにしてもさだまさしという人がすごいのは、「頼まれて作った」んではなく「自主的に作った」という点ですね、やっぱし(笑)。ここらへんのアクティブさ。今年65歳とは思えない「若さとパワー」を感じますわー。なんか30-40代の頃よりも好きにやってる感じで実にいいですな、このおっさん(←最大級の褒め言葉です/(汗))。

つば九郎くん、期待してるよ(←何にだ?)

ん、ぜひともさだ氏の始球式の際にはオーロラビジョン越しにつば九郎くんに

「映画「長江」の借金28億はどうなった?」

とボードでいじってもらって(意味不明)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク