「おい、パイ喰わねえか」(←大泉洋の声で(苦笑))

スポンサーリンク

英5部“ぽっちゃりGK”が前代未聞の退団へ 試合中にパイを頬張り…ルール違反で調査対象に(Football ZONE web)

んな試合中に喰わなくても、終わってから帰りに食い物屋でも立ち寄ってそこで死ぬほど食えよ(爆)

体重100キロを超える“ぽっちゃり体型”と試合中の珍行動で世界中の注目を集めている英5部サットン・ユナイテッドの第2GKウェイン・ショーだが、ルール違反を犯したとしてサッカー協会(FA)などの調査対象となっており、クラブを退団することになった。英公共放送「BBC」などが一斉に報じている。

 ショーはFAカップ5回戦のアーセナル戦でベンチ入りした。45歳の大ベテランはおよそアスリートとは思えないその風貌やユーモア溢れる人柄から、英5部以下のノンリーグクラブとして歴史的な戦いぶりを見せているサットンの中でも、特にメディアが注目する存在となっていた。

 アーセナルという強豪相手の一戦で高揚していたのか、守護神は自由奔放な行動に出た。0-1とリードされて迎えたハーフタイムには、スタジアムのバーに登場。「BBC」のクリス・スレッグ記者はツイッターで「冗談ではありません。サットンの控えキーパーのウェイン・ショーはハーフタイムにバーにいた」と速報。桃色に染まった丸顔の巨漢が、ジャージ姿でバーに入りエンジョイする写真も掲載した。

 さらに0-2とリードされた後半38分には、ベンチで巨大なパイを頬張る姿が「BBC」の生中継映像で克明に捉えられていた。多くのサッカーファンの笑いを誘ったショーだが、少し調子に乗りすぎてしまったようだ。

スポンサーリンク

5部のチームが1部と戦える夢の対決だったのにねえ。

Jリーグで言えば、J1、J2、J3、JFL…の、更に下の地域リーグのチームがJ1の人気チームと戦えた、という5部のチームからすれば「ある意味で、夢のような試合」だったんですけどね。ま、随分前に、当時地域リーグに居た松本山雅FCが天皇杯でJ1の浦和レッズに勝利して物凄い衝撃を与えた一戦があったんですが、クラブのデシジョン的にはそんぐらいある、というわけですね。大相撲で言えば、巡業は基本的に関取とその付け人の幕下以下の力士が参加するもので、付け人でなければそれほど参加する機会はないらしいんですが、たまに地方を回る際に、そこの地域のご当地力士が名指しで「巡業においで」と呼ばれるそうなんですね。で、そこで別の一門の大横綱に稽古をつけてもらえた(お客さんもそれで地元出身の力士を覚えて応援してくれるようになる)…みたいな感じなのかなあ。

で、なんでこの人、パイ食べてたんだろう。昔、「水曜どうでしょう」の「シェフ大泉 夏野菜スペシャル」で、大泉洋が「おい、パイ食わねえか」って言った名言を思い出すわw

ブックメーカーが賭けの対象にしてたとは(・・;)

かつての大相撲で水戸泉が土俵での塩撒きで手のひらいっぱいに塩を持ってドバーって撒いて「ソルトシェーカー」という異名がついてたように、もしかしたら、このGKも毎度毎度ベンチでパイを頬張ってたんだろうか、しかも試合中に(爆)

賭博ルールに違反している可能性が浮上

 実はこの試合前に、英国のブックメーカーは「ショーが試合中にパイを食べる姿をカメラに収められる」ということを賭けの対象とし、9倍のオッズを付けていたことが発覚。ショーの行動は賭博ルールに違反している可能性があるため、FAや賭博委員会の調査が入ることになった。

 これを受け、ショーはクラブに退団を申し出、クラブ側はこれを受け入れる形で退団する運びとなるようだ。サットンのポール・ドスウェル監督によれば「ウェインは今日(21日)の午後、会長に自ら退団を申し出て受理された」という。

 そしてショーは「BBCラジオ4」のインタビューに対し「僕らプロフェッショナルとしてギャンブルは認められないと言われていた」と自身の行動を反省。「誰かを危険に晒すつもりは決してなかった。単に少しふざけたのと、お腹が空いていただけだ」と語った。エンターテインメントとしての振る舞いが、事態を思わぬ方向へと発展させる結果となった。

9倍か…これは果たして高かったのか低かったのか(いや、確率的にはたぶん高かったんだろうな…「やるなよ、絶対にやるなよ」とまさにダチョウ倶楽部的な(以下略))。

↑いい食いっぷりだw

大相撲の初っ切りじゃねえんだからw

ま、試合中にパイを食らう、という「お約束」が「少しふざけてた」ことになるのかは議論を呼びそうだけど、日本じゃ(筋書きありの)プロレスと大相撲の初っ切り(土俵外にふっ飛ばされた力士がたまに砂かぶり席のそこにいたお客さんのお弁当を軽くつまんじゃう、とか←勿論お客さんたちは皆わかってるからバカウケ)以外は怒られるでしょうね。

↑桶の水を飲んだりしてますw。結構これも筋書き立てて練習量が半端ないそうです。

そういえば「何か飲みながら」は別にしても、何か食いしながらプレーするスポーツってあまり記憶にないですな…しいて言えば200km以上走るサイクルロードレースぐらいですかね、世界的に著名なレースだと、ツール・ド・フランスとか、ジロ・デ・イタリアとか。

よくツール・ド・フランスの中継とかでは、レース中盤で、ボトルの水を飲んだり、パワーバーみたいのとか、ウイダーinゼリーみたいな奴を食べたり飲み込んだりしながらペダルを漕ぎ続けるのはよく見ますけど(食べはしないけど、飲みながらだと、長距離走のマラソンもそうでしょうし)。あれは5時間以上漕ぎ続ける、ひどいと200kmとか超えるコースをそうでもしないとハンガーノックというガス欠状態になるそうなんですね。で、低血糖状態でひどいと命にも関わるそうですし。でも、サッカーのゴールキーパーがハンガーノック防止のためにパイを食らう…いやいやいや(失笑)。

でもハーフタイム中に「飲む」のはよせ(爆)

ま、個人的には「話題作り」的にはおもしろいなーと思った反面、思わぬ方向にまで転じちゃったのは残念…ってとこですかねえ。ネタとしては「おもしろい」んだけどな。でもハーフタイム中に「酒を飲む」のは止めろよ。昔の水島新司先生の「あぶさん」ぢゃねえんだから。

これで思い出すのが、以前所属してたクイズサークルで、合宿で大酒を飲んで、晩飯後に行われた早押しクイズ企画で、むしろ常日頃の素面よりもクイズが強くなって圧勝して優勝した奴がいましたわ。で、皆から「お前は酔拳か」と一斉に突っ込まれてましたけどw

↑「パイ食わねえか」の元ネタはこの「夏野菜スペシャル」からです。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク