パチンコには「使えるor負ける上限金額」も決めたほうがいいんじゃね?

スポンサーリンク




※加筆修正をしました。

パチンコ出玉規制強化へ=客のもうけ5万円以下に-ギャンブル依存症対策・警察庁(時事通信)

私自身はパチンコは大嫌いなんで絶対にやらないんですけど…「儲けの上限」だけは決めるんだね。これ。

警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

 カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。
 警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。
 改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。
 パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。(2017/07/10-17:11)

いやあこれ、「勝った場合の上限」だけ決めてねえで、「負けてる奴が注ぎ込むMAXの金額」もさだめてやれよ、って思うわ。

スポンサーリンク

もともと「当てるとは思えねえ」って。

もともと私がパチンコが嫌い、というか興味が持てなかったのは、

・耳が良いのであの大音響が不愉快で短時間もいられない。

・タバコのにおいがダメ(最近は禁煙のエリアも増えたらしいけど)…。

・当たるとは思えない。

の3つだったんですが、それでも「完全否定」するには至りませんでした。

ただ、浪人時代とかに幼馴染の友達に「パチンコつきあってくれよー、隣でお前が座ってるとフィーバーすることが多いんだわー」と誘われて、よく車で佐倉とか四街道のパチンコ屋についてってました。「見る」のは好きなんで見てたら本当によくフィーバーしてまして、終わった後に彼がバイトをしてる焼肉屋のチェーン店(社員割引が効くらしいんですね、これが)で、昼飯やら晩飯やらをよくごちそうになってました(笑)。それと、妻の父なんかは長年のパチンコ好きで、たびたび景品のお菓子とかを大量に持って帰ってきたりしてたんですが、それでも「賭ける上限」を決めて「遊んで」たので、逆に生涯的には、(精神的な部分も含めて)かなり黒字で済んでるそうですし(最近は80歳を過ぎて足腰が弱くなったので全く行かなくなってしまいましたけど)。

元・知人に重度のパチンコ依存症な奴がいまして。

去年まで長年在籍してたクイズサークルを辞めるきっかけになったひとつで、「クイズを目の色を変えてゲーム以上に必死にやって空気を壊す」という馬鹿が台頭してきたから、ってのもあったんですね。

その人は私よりも6つぐらい年下の人なんですが、クイズに情熱を持って「戦っていて」、そいつの事が大好きな人もたくさんいるんですが、その一方で「チーム戦になったらチームメイトの意見を一切聞かないで和を壊す」とか「クイズに負けた時の悔しがり方やマナーのひどさが際立ってひどい」とか、「注意しても30分後にはケロッと忘れていておなじことを繰り返す」…など。

私は長年、番頭役をやってまして、ここのクイズサークルは「ゲーム」や「余暇」として楽しんでいる人が大半だったので、彼らのプライドをぶち壊すようなことを平気でやる言動や「クイズに負けたら俺は死ぬ」みたいな姿勢でやられると本当に空気が壊れちゃうことに神経を尖らせてました。で、それらの人間関係の調整役もやらないといけなかったので、この人が在籍してた(私が辞めるまでの)5年間は、本当のこの人との「戦い」のようなものでした。

で、この人、よくよく聞いたら、重度のパチンコ依存症なんだそうで、聞いた話では、給料日の日に給料を下ろしたお金を持ってパチンコ屋の前を通ると、

目の前が真っ白になって無意識にパチンコ屋に直行してしまう

ぐらいひどいんだそうで。

これはこいつと仲が良い友達から聞いた話なんですけどね。そしてさすがに…と、周りが忠告した結果、心療内科に行ったところ、「すぐに仕事辞めて治療に入りなさい」と警告すら受けたらしいんですが、本人としては、

・自分はちょっとパチンコが好きなだけでそのような自覚はない。

・そして入院とかになったら、好きなクイズができなくなる。

といって、そこの心療内科を通うのを辞めてしまったんだそうです。

ちなみにそこのクイズサークル、もともとこの人は「クイズとゲームのサークルじゃなくて、もっと(俺が大好きな)クイズに特化したサークルにしたい」と常々言ってたのですが、「クイズもいいけどゲームもね」と主張してた”創設者の”私が去年辞めてから、仕事やらその他の事情で、私と同年代の人達がかなりゴソッと抜けたらしく、今ではこの人が仕切りはじめて私がいた頃とは全く違ったサークルになってるんだそうです。

ちなみに、ここのサークルは年末に「総会」をやってるんですけど、その総会の場で、

「むろかつが居た頃は俺に企画をやらせてくれなかった。それがむかついてしょうがなかった。」

と、その場にはもう居ない、私を名指しで批判したそうなんですね。

ただ、ここにいたメンバーの半分は

「お前のバッドマナーがひどくて、それでむろかつがやらせなかったんだよ。その口で言うか?」

と思ったみたいで、総会後、それを報告してきた人が何人書いて、私はこの時点でサークルを辞めて半年が経過していて翌年から新しいサークルを立ち上げるつもり(昨日も日記に書いた「岩Q槻」という会です)だったんで未練も何もなく、「あいつ、ほんとに懲りるって言葉知らねえんだなあ、ゲラゲラゲラ」と爆笑してたんですけども(失笑)。

こんなんで「行かなくなる」と本気で思ってるの?

たぶんそいつとかの性格とかを思うと、「当たる上限が設定されて、当たっても利益が減ったからパチンコに行くのはやめよう」とは…絶対に思わないでしょうね。だって「パチンコ屋の前を通りかかったら、もう目の前が真っ白」になるぐらいなんですから。たぶんフィーバーして得られる利益が上がっても下がっても彼らには全く影響はないでしょうね。アルコール依存症の人が酒を手放せないように、もう「心の拠り所」みたいになっちゃってるんですから(少なくてもこの元知り合いが「パチンコで勝った」という話は5年間で一度も聞いたことはありませんでした)。

だったら逆に「全部プリペイドカードで管理」させるとかで、例えば「上限3万円を超えたらそこからプレーできません」みたいな「使えるor負ける上限」を半強制的に定めたほうが全然いいと思うんだけどなあ。それでむしろ安心志向な「ライトな」お客さんを得られるきっかけにもなるかもしれないし。だって「多く負けても3万円」程度だったら、たぶん競馬や競輪のG1とかボートレースのSGで馬券・車券・舟券を買うぐらいの総額で済みますもの。いや、毎日来るような客だったら「月に10万円」でもいいと思うけどね。それでも年間120万円か…(失笑)。

うん、警察庁って全然わかってないね。たぶん「使えるor負ける上限」を決めちゃったら、日本でできるカジノとかもそういう規制をかけざるを得なくなっちゃうから「経済政策」的に一番困るのは行政の連中なんだろうしね。うーん、警察庁も政府とかに「忖度」するもんなんだな。

結論としては、「パチンコやったことのある警察庁のスタッフも中に混ぜて議論しろ」ってとこかな。そんな奴、たぶん極めて少ないと思うけどね。

※なお意見には個人差があります(byさだまさし(謎))

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク