【千葉ロッテ】田村捕手が結婚したと発表されたそうで…。

スポンサーリンク




ロッテ田村捕手が結婚 同じ22歳の恋女房ゲット(日刊スポーツ)

あー、これはめでたい話だ。てか、まだ22歳で若かったんだな…。

ロッテは17日、田村龍弘捕手(22)が昨年12月に22歳の一般女性と結婚したと発表した。

 田村は「家族が出来たという自覚と責任感をもって、これからさらに頑張っていきたいと思います。自分のためだけではなく家族のためにも今年は優勝できるように頑張りたいです」と決意表明した。

今年は背番号が22になって、かつての正捕手・里崎智也氏のつけた番号を継承することになりましたし。正捕手争いの一番手ってのは間違いないんですが、かつて西武黄金期の名捕手だった伊東監督がそう簡単に「安住の地」を与えるとも思えないし(その伊東監督の恩師だった森祇晶氏も巨人の名捕手時代、川上哲治監督の要望で毎年のように有望な捕手を獲得して競争させられてたそうですし)。でもこれはこれで励みにはなりますね。おめでとうございます。

スポンサーリンク

エース湧井は奥様がキャンプ地に。

ロッテ涌井、妻押切もえ見守る前でブルペン80球(日刊スポーツ)

で、やはり新婚のエース涌井も奥様がプライベートでキャンプ地を訪問してたそうで…。

ロッテ涌井秀章投手(30)が16日、ブルペン入りし、約80球を投げた。

 3年連続開幕投手が決定。通常より1週間、遅い開幕を逆算し、じっくり調整を続けている。この日も右打者のアウトローを狙って強い球を投げ込んでいた。

 また、この日は、妻でモデルの押切もえがプライベートでキャンプを訪問。ブルペンの端から、涌井の投球を見守っていた。練習後、涌井は「そういう話はなしで」と言い残し、球場を離れた。

いやあこれは気合が入りそうだ。

日ハムの選手のご家族なんかは大変そうだ…。

それにしてもたまに思うのは、ロッテの選手の場合、ビジターの試合はたぶん所沢の西武戦も千葉から「出勤」するにはやや遠いと思うので前泊とかになると思われるので、となると、ご主人は年の半分は家にはいない、という事にもなるわけで。そう思うと、家を守る奥様も大変だよなあ、と。これがセリーグの巨人・横浜・ヤクルトの選手だったらそれぞれの対戦カードの時でも自宅から「出勤」できるわけなんすけど(なので以前はドラフト候補の選手が希望球団を「在京球団」としてた例が多かったもんでしたが)。

ま、そう考えると一番大変なのは…ソフトバンク、もしくは日ハムなのかなあ。日ハムなんかは1軍が札幌、2軍が千葉の鎌ヶ谷ですしね。家族はどっちに住めばいいの?という1軍半の選手は悩みそうだ…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク