【千葉ロッテ】3週間にも及ぶ石垣島キャンプを打ち上げたそうで…。

スポンサーリンク

ロッテ石垣島キャンプ打ち上げ「それぞれが力」(日刊スポーツ)

今年は例年よりも休日が少ないのに、怪我や病気などで離脱する選手がほとんどいなかったのは幸いでしたねー。

ロッテは21日、1軍の石垣島キャンプを打ち上げた。

 伊東勤監督(54)は「天気も良かったし、やりたいことはできた。あとは実戦に入って、競争して、誰が抜けていくかの戦い。やってきたものを実戦で出す時が来た。それぞれが力をつけたと思う」と、3週間を振り返った。

 この日、2軍から東條が昇格。23日からは、沖縄本島に場所を移し、実戦の中で1軍生き残りをかけた争いが始まる。

昨年はキャンプの頃から何かとけが人が続出して、シーズンも野戦病院と化してたぐらい投手陣も打撃陣もけが人が多かった記憶がありますし。

で、キャンプ最終日に1軍に昇格した東條投手からすると「よし、ギリギリ間に合ったー」って感じなんでしょうかね?

↑もはや中堅の域に入ってる両選手、実にいい面構えだなあ(笑)

スポンサーリンク

「佐々木千隼は早くプロの洗礼を浴びたほうが良い」

ロッテドラ1佐々木は早めに洗礼浴びろ? 伊東監督の「一番困る」こととは(Full-Count)

プロとしての洗礼を浴びれば更に成長するでしょうしね。

ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木千隼投手(22)が21日、ケガなく初めてのキャンプを完走した。「あっと言う間で、とまどいも多かった。凄い方々の中で、野球の練習ができたのはプラスになった。これから実戦ですし、結果を出さないといけないので、必死でやるのは変わらない。クイックのスピードだったり、コントロールもそう」と課題を挙げた。

 紅白戦では簡単に走られ、ボールも先行。シンカー、スライダーで空振り三振を奪ったが、伊東監督からは、決め球のシンカーを使わずに左打者を抑える投球を覚えることを宿題に課された。ストレートの使い方など、配球の引き出しを増やせということで、要求される次元は高い。

 この日、沖縄本島へ移動し、対外試合4連戦で対外試合初登板を飾る。26日のオープン戦・巨人戦(那覇)が濃厚だが「最初から抑えて、プロはこんなものと思われるのが一番困る。やっぱりプロは違うというところを勉強して欲しい。紅白戦と違い、敵チームとやるわけですから。そこでどれだけの野球ができるか」と伊東監督。ルーキーにはむしろ早めにプロの洗礼を浴びて欲しいと言っていた。

まあどんなに超大物として入団しても才能だけでは渡り合えるわけではないですしね。それに加えて経験やらその他諸々の習得したもので今後長く勝負していくわけですし。

それにしてもルーキー佐々木千隼はいきなり巨人戦に投げるかも、なのか…。巨人も昨秋のドラフトで(ロッテも外してソフトバンクに入った)田中正義投手のハズレ1位で指名してましたしね、そういえば。かつて五右衛門も確かドラフト1位の抽選でロッテとくじびきで外してますし。

先発ローテの「3番手」以降は悩むだろうな…。

で、同じFull-Countさんではこんな記事も。

ロッテがキャンプ打ち上げ ローテ3枠目以降は競争「結果を優先的に見る」

先発ローテーションのお話。1-2枠は湧井・五右衛門で確定だけど、それ以降が多士済済すぎて大競争の予感が、と。

「先発も5人になるか、6人になるか。枠的に余裕はないので、(実戦の)結果を優先的に見ないといけない。(2軍・石垣島キャンプに23日から合流する)スタンリッジも勿論そうです」。涌井、石川以外、ローテ当確はおらず、実績があるスタンリッジも例外ではないと強調した。

昨年先発ローテで投げてたスタンリッジ、関谷、二木、唐川は勿論のこと、ルーキーでは大卒の佐々木千隼、社会人から入ってきた酒居・土肥とか、リリーフから先発に回る西野とか、左腕では藤岡とか古谷とか、これから成長してくるだろう高卒2年目の成田翔とか…まあこれは伊東監督は「悩む」だろうなあ(苦笑)。ただ、いかんせん右腕が多すぎて。

ここらへんで京大から入って3年めの田中(英)あたりが更にオープン戦で結果を残して「困ったなー、誰を落とそう」と、伊東監督以下首脳陣が本当に悩むようになったら理想なんだけどね(笑)。

↑この主人公は抑え、なんすけどね(苦笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク