千葉ロッテは、もし清宮君取るんだったらその前に「身売り」した方が(笑)

スポンサーリンク




ロッテ、清宮1位は競合覚悟「和製大砲不在」解消へ(日刊スポーツ)

今のロッテぢゃ、たとえドラフト会議で球団社長の「豪運」で仮に交渉権獲得してもケチな親会社のせいで宝の持ち腐れにしそう。

ロッテが早実・清宮幸太郎内野手(3年)を今秋ドラフトの1位指名候補としていることが19日、分かった。現時点で200人以上いる候補の順位付けはこれからだが、清宮に関しては既に最上位グループに入れている。球団幹部は「当然、2位では取れない。1位候補です」と明言した。

 清宮は18日の招待試合で2本塁打を放ち、高校通算本塁打を103本に伸ばした。歴代最多記録(107本)の更新も間近。ロッテは「和製大砲不在」という、球団の長年の課題を解消し得る逸材とみている。さらに、同幹部は「打席に立つだけで球場の雰囲気が変わる」と、スター性も評価。「ドラフトは投手を基本線にやってきたが、良い野手がいれば取りに行く」と、競合は覚悟の上だ。

 進学の可能性もあるが、今後も密着マークを続ける。その一環として、林球団本部長が7月の西東京大会を訪れ、清宮のプレーを初めて視察する方向で調整している。15年の仙台育英・平沢、16年の創価大・田中など、1位指名は最終的に林本部長が視察して決めるのが球団の方針。清宮指名の場合に備え、視察する。

その「球団幹部」も現在の本部長も来年の今頃に球団に居るかどうかわかんねーじゃん(皮肉)

スポンサーリンク

ちゃんと球団経営にやる気のある「親会社」に身売りしようよ。

今年はもう二十回ぐらい、厳密には一昨年の「創業家のお家騒動」勃発以来ここのブログでは書いてる話ではありますが、そもそも親会社のロッテにとって「赤字垂れ流しのお荷物」としか思われてないのはもはや明白で、年々戦力費を削られて今年はこういう「惨状」になってるわけですから、まあ清宮君ひとり取ったぐらいで「改善」できるとは到底思えないんすよね。

むしろあの「やり手」の親父さん(ラグビーでは早稲田→サントリー→ヤマハの監督で結果を出している方ですが…いやあホントに父子瓜二つだわw)が、仮にロッテが交渉権獲得しても「はいそうですか」とOK出すとは思えないだよな…。個人的にはロッテ球団が今のまま進行するんだとしたら、

メジャーへの踏み台・腰掛け

程度で割り切ってプレーするしかないと思うんだよね。

たぶん高卒で即プロに行くとは思えないんだけど…。

ちなみに私の予想としては「大学に行きそう」。これ一択なんですけどね。仮に交渉権獲得したのが巨人だろうが阪神だろうが…と。そもそもプロ志望届を出さないんじゃないか?と思うぐらいで。

で、もし高卒でプロに進むとして可能性があるとしたら「夏の甲子園で優勝」した時のみだと思ってます。「高校で日本一になれなかったんだから、大学で日本一を経験したい」と言って早稲田大学に入る…とか。むしろ高卒で入ってよくわかんない指導者にあれこれバッティングフォームをいじられて「小さくまとまる」ような選手になるんだったら大学で4年間のびのびプレーして、大学日本一とかも経験して「満を持して」プロになったほうがいいですわ。あんだけの「日本の至宝」、アホで無能な指導者に潰される方が正直もったいないわ。

まあ「可能性がある」とすれば、本来はメジャー志望だった日ハムにドラフトで指名された時の大谷翔平選手の時のように彼をどのようにして説得できるかというメソッドやプランをしっかり事前に作り上げて本人を納得させるだけのモノを用意できるかどうか、ですよね。今のロッテ球団は無理でしょう。だとすりゃ身売りして新しい親会社になった後にドラフト会議を迎えたほうが今の何十倍も幸せだよね?と思う今日この頃です。

↑ラグビー好きとしては「あの親父さんにほんとそっくりだな」という方が先に(笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク