甲府の大ベテラン「バウル」土屋征夫選手が京都に移籍するらしい

スポンサーリンク




【京都】J1現役最年長43歳の甲府DF土屋獲得濃厚(スポーツ報知)

「バウル」というニックネームでおなじみの土屋選手の記事が…。今日の午前中、このニュースでちょっとびっくりした。期限付き移籍らしいんですけどね。

↑「機関紙(苦笑)」山梨日日新聞でも載ってたそうです(汗)

 J2京都が、J1で現役最年長の甲府DF土屋征夫(43)を期限付き移籍で獲得することが7日、濃厚となった。現在、勝ち点36で14位の京都はJ1昇格へ、経験豊富なストッパーを補強して巻き返しを図る。

 ブラジルでもプレーしたJリーグ21年目の土屋はV川崎(現・東京V)、神戸、柏、大宮、東京Vを経て2013年に甲府へ加入。今季リーグ戦の出場はないが、5月10日のルヴァン杯・神戸戦では古巣を相手にリーグカップ戦最年長得点を記録。局面での状況判断にも優れJ1、J2通算505試合28得点。7月31日に43歳となったが、衰えを感じさせないプレーを続けている。京都は元日本代表DF田中マルクス闘莉王(36)、同FW大黒将志(37)らも在籍。頼れるベテランの加入で上位進出を狙う。

いやあバウル氏…甲府では最近なかなか出番がなかっただけに、「乞われて」京都からオファーを受けて満を持して期限付き移籍するんだから…精一杯頑張って欲しい。

スポンサーリンク

しかし43歳。甲府の監督と同い年ですしね(大汗)

昨日、ロッテの井口選手の記事を書きましたが、実はこのバウル氏も私は同い年だったりします。なので、

何度か「いやあ同い年で物凄い励みになるわあ」という記事を書いてきました。そして甲府やロッテの監督コーチ陣に目を向けると、千葉ロッテの小林雅英コーチ(かつては千葉ロッテきってのリリーフエースでした。「コバマサ劇場」と揶揄られるぐらい炎上も多かったけど(泣))とか、ヴァンフォーレ甲府の吉田達磨監督が実はこれまた同い年でして(苦笑)。

※吉田達磨氏が柏のU-15の監督を務めてた年にバウル氏はレイソルの主力選手だった、という逸話も。で、その2005年の柏を「バレーのダブルハットトリック」で入れ替え戦で倒してJ1初昇格を決めたのがヴァンフォーレ甲府だったと…なんだこの因縁(爆)

で、ロッテもそうですが甲府も実は新監督のもとである程度の「若返り・世代交代」が図られてまして、昨年あたりまではゴール前を守るセンターバックの3人(バウル氏の他には、山本英臣キャプテン・津田琢磨選手)がいずれも30-40代で、「3人合わせて110歳」みたいな話もスポーツ記事の話題になってたぐらいでした。

それでもなかなかの堅守で2013年からかろうじてJ1残留を続けているんですが、昨年はその守備網が相手チームの研究や、ベテラン選手たちについてまわる「怪我による離脱」などでかなりズタズタにされてしまい、それで今年は柏レイソルの育成世代のチームで何人も良い選手を育ててきて「若手育成に定評がある」吉田達磨氏を甲府の監督として招聘した、という経緯もありました。

結果的にバウル氏もそうですが、最近は津田選手も怪我明けの山本キャプテンもスタメンから外れることが多くなり、逆に言えば若手が育って、移籍組がうまく戦術に対応してきているという話にもなるんですが(今年の甲府は得点力不足にあえいでいる反面、J1公式戦に関しては現在20試合で22失点…と34試合で58失点の去年に比べればかなり失点が減ったという側面もあったりします)。

京都のために「漢」になってきてくれ…バウル氏(泣)

なので出場機会になかなか恵まれてなかった中で、どうにかJ1復帰を目指す京都が「あなたの経験を活かして京都をJ1に導いてくれ」と期限付き移籍のオファーを出してきたのは、むしろ彼にとっては「ありがたい話」だったんではないんでしょうか。まあ京都も盆地で甲府盆地同様「夏が酷暑」でおなじみですから。それにいろんなチームを渡り歩いてるんで、移籍先ですんなり溶け込むこともできるでしょうしね。

ちなみに今年のJ2、首位の湘南ベルマーレ(勝ち点53)、2位のアビスパ福岡(勝ち点52)の2チームが「1年でJ1復帰」を目指すべく、激しい優勝争いを繰り広げているんですが、実は3位以下が大混戦で、

3位長崎(勝ち点44)から16位愛媛(同35)までがわずか9差

というこれまでにほとんど見たことがない大激戦になってたりします(湘南と長崎の勝ち点差が9で、長崎と勝ち点差9でいきなり16位まで含まれるとはなんつー大集団。マラソンの序盤のような(汗))。

そんな中、京都は勝ち点36の14位なんですが、いかんせん失点が26試合で32失点とやや多い。J2は全部で42試合だと思われるので残り16試合。大まかに言えば3連勝・3連敗で一気にひっくり返るこの状況で、ここまでのシーズン、仮に2-2とか2-3という失点で勝ち点を失ってる状況を、2-0とか2-1で「締める」ことができれば全然プレーオフ圏内の6位も、プレーオフ最上位の3位も、そして湘南と福岡がこの大集団に飲まれることになればさらに上位だって夢ではないポジションでしょう。ぜひとも京都の「救世主」になってきて欲しいなあと心から思う次第です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク