レンタルでスキャナーと裁断機を借りて「自炊」してました。

スポンサーリンク




ちょっと思うことがあり、iPadを購入したのに合わせて手持ちの本などをすべて「自炊」して断捨離をしようと決めまして…レンタルでスキャナーと裁断機を借りてこの3日間ほど、暇を作っては作業をしておりました。

スポンサーリンク

きっかけは…。

最初のきっかけは4月末にスマホを機種変更したことでして、諸々の割引の説明で「フレッツ光に切り替えるとスマホ代が安くなる→約8年ぶりに地元のケーブルテレビからフレッツ光に戻しました(笑)」などなどの話があった中で、「iPadを大幅割引で使えますよ」という話もあり、「あー、ここに本をスキャンして見れるようになったら出先で使えるなー」と思いまして、先日さっそくiPadを購入しました(→記事)。

で、次は百数十冊ほどある本をどうやってスキャナーにかけるか、裁断機にかけるか、という事で、当初は中古のスキャナーと裁断機を購入しようかなとも考えたんですが値段を見ると「うーん、高い」。そこでレンタルで借りられるとこはないかなーと思って数社ほど調べた結果、

電子書籍化用スキャナと本格裁断機のセット PK-513LNとFI-IX500Aのセット

というRentioさんというレンタル業者から3泊4日で借りることができました。木曜日の午前中に家に配達しにきてもらい、日曜日のどこかのタイミングで、車でコンビニに持参して宅急便で着払いで発送すれば良いとのことで、暇を見つけてはひたすら裁断・スキャンする3日間になりました。

にしても、「機材」がめちゃくちゃ重い(泣)

実は火曜日・水曜日・金曜日は、当初は妻の定期的な通院、息子のリハビリや通院などで明らかに午前中が不在だったんで木曜日にしたんです…が、息子が火曜日の夜から発疹と発熱をしまして夜間診療に行ったら「ウイルス性の突発性発疹」という診断が出ました。結果、今週は水曜・金曜の午前中は家にいることが確定しまして(大汗)、逆に木曜日の午前中に息子をかかりつけの小児科内科の病院(ここは水曜日が休診なんですね、実は)に連れて行って結果的には塗り薬・飲み薬等をもらう事になりまして、妻に「もし宅急便で届いたらたぶん重いだろうから玄関のとこに置いといて」と告げて病院に行きました。

…で、午前指定してたのにも関わらず、病院から帰ってきてもブツは届いておらず、結果的にクロネコさんが来たのは午前11時56分(!!)。「いやあ午前指定で間に合ってるけどさー、本当にギリギリにきやがった」とただひたすら苦笑する始末でした(笑)

そしてこれを二階に運んだんですが…クソ重い(泣)。どうにか二階に上げまして、

開封したらスキャナーはこんな風に入ってました。ちなみに上記のダンボールの中にスキャナーのダンボールが入ってまして、このクソ重い重量の原因の大半は、

この裁断機でした(爆)。これを見た妻いわく、「あー、小学校の印刷室や職員室にあったねえ、こんなの」と笑ってました。

※ちなみに返送する時は梱包は玄関でやる予定です(号泣)。

さっそく暇を見つけては「自炊」の開始…と。

借りたのは、このスキャナーと裁断機でした。とりあえず裁断機はこたつテーブルに起きまして、

↓スキャナーはパソコンデスクに(真後ろがノートパソコンです)。

ひとまず中に入っていたCD-ROMで必要なものをインストールしました。

ちなみに無線LANでデータも飛ばせるんですが、スキャナーの真後ろにノートパソコンがありますので(私のパソコンはそこからモニターに繋いでいつも使ってます)、一緒に入ってたUSBケーブルで繋いでました。

手始めに「ボロボロになった」種村直樹氏の本で(汗)

で、寝室上のロフトに備え付けの本棚があるんですが、そこから某資格試験の参考書やら問題集やら蔵書やら…をかたっぱしから持ってきました。とりあえずやる順番は、初日と二日目は一般書・資格試験系のを中心に、最後に漫画本でいいだろう、と。

手始めにやったのは、レイルウェイ・ライター(鉄道紀行作家)の種村直樹氏の、

という本。実はこの本は20数年前に購入したブツであまりに読んだりしていてボロボロになっちゃって真ん中のページのとこがバラけてしまったものでして。じゃあ手始めに何枚ぐらい裁断できて、一発でスキャンできるんだろうということでスキャンしてみました。

この結果、通常は50枚前後までだったらほとんど紙詰まりせずに一気に行けることがわかりました。ただし、裁断した後にちゃんと紙が離れてるかを確認して、斜めに差し込むような形にする必要が有ることも。

一応、前日の時点で「これは裁断機には入らねえだろう」と思った本はあらかじめ本のページの真ん中の部分に太めのカッターを入れて、半分にしておきました。これが最終的には効率が大幅にアップする要因にもなりました。

うーん、坐骨神経痛がひどくなった(泣)

で、途中からやり方を変えました。それは「ある程度裁断機にかけて、縦横にして積んでおいて、10冊ぐらい溜まったらそれをスキャンする」という方法に。

某資格試験の参考書。平均で400ページぐらいありますので1冊あたり3-4回に分けてスキャンしました。

裁断機の横にカッターで半分に切るスペースも作ったり、

スキャンした紙がどうも前に飛び散るので小銭入れの瓶を置いて固定したり(笑)。

ちなみに「自炊」を参考にしたサイトさんでは中身が入った500mlのペットボトルを置いてる人が多かったです。

このスキャナーは両面印刷でしたので1分で50枚前後読んでくれて物凄く早かったっす。「そりゃ新品で買えば4-5万円ぐらいするよなあ…でも、うちには置いとく場所がねえし」と(爆)。

すると、裁断機をかける時は正座ないし中腰にしないとガチャンといかないぐらい「重い」ものでして、(裁断機に入るように)カッターで半分に裁断する時はあぐらをかいて、裁断機の時は膝をついたり正座したり…を繰り返してたら、昔、椎間板ヘルニアをやった時の古傷といってもいい「坐骨神経痛」が悪化してしまい(号泣)。金曜日の午後に時間を取って整体に行く羽目になりました…で、整体の先生いわく「うわー、坐骨神経痛ひどいっすねー、何か力仕事でもやったんですか?」と。さすがに「ええまあ」としか言えませんでしたわ(苦笑)。

自炊は順調に進む。そして雑紙のごみ類も増える。

裁断機かけてスキャナーして…の合間に、正確には坐骨神経痛を和らげるために作業を中断して雑紙の梱包作業とかもしてました。

これから裁断する漫画を裁断機の手前に置いて、

10冊ぐらいずつ裁断機で片側をバシッと切り落としまして、

スキャナーが終わったものはひとまずパソコンデスクのすぐ下に積んでおきまして、これらを梱包してました。

その結果、

複合機をテーブルの下にはこんなにスキャン済みの雑紙が置かれ、

切り落とした部分、表紙のカバーなどはスーパーのレジ袋にまとめられ(結局大袋で4袋ぐらいになりました)

スキャナーやパソコンが置いてあるデスクの下にもスキャナー済みの雑紙類が(ちなみに奥の雑紙類の更に奥にもう一列あります(爆))。それと同時にロフトの書庫に入ってた不要な本なども処分することにしまして、なんか軽い引っ越しの様相を呈してきました。一応、学生時代に下宿から実家に戻る時や、結婚して実家を出た時、その他引っ越しなど際に都度都度大量処分をしてるんですが、それでも今の妻の実家に(新築リフォームされて)引っ越してきて今年で10年になるんですけども物凄い本などの量で「なんで俺、こんなに本持ってるんだろう」と自分でもびっくりしてました(をい)

結局、木金土の3日間の空いてた時間を使ってスキャナーにかけたのは、

全151冊。容量にして11.2GB(すべてPDFファイルで保存しました)ということに。いやあ疲れました。

そしてiPadへ。

まあ実際は木・金の寝る前に自炊した分は、寝る前に都度都度iPadに入れてたんですが、私の場合はGoogle DriveとDropboxと、Microsoft OneDriveといったクラウド(と呼ばれているネット上のサービスのとこ)にフォルダーを作ってそこにファイルをコピーして、iPadからダウンロードする方法を取りました。

こんな感じに(中には昔、読みすぎて表紙がボロボロないし、すでにない本も…すんません(泣))。下の方に行くと談志師匠関連の立川流の方々の本が多いです(笑)

ま、実際は木・金でやってた途中で、Microsoft OneDriveとDropboxでは容量が圧倒的に足りなくなりまして、困った挙句、いろいろと調べたらGoogle Driveは15GBまで使える事が判明してそちらに移したわけでした。

この「巨怪伝」は全部で800ページもありますので、表紙を2回スキャンしまして、その2回目の時にボールペンで「下」と書きました。まあとにかく近現代史に物凄く詳しい本で、趣味のクイズをやる上では大いに役に立ってます、これ(苦笑)。

あと、全てが一発でスキャン大成功、というわけでもなく、中には「しまった2冊分を1つのファイルにまとめちまった」とか「しおりを取り忘れた(1ページ分、しおりだけが写ってるアホなページができてました(泣))」みたいなことがありましたので、

4000円ぐらいのPDF編集ソフトも買いました。これでちょいちょい不備な部分を編集したり分割したりして、どうにか日曜日を前に作業を完了することができました。

※ちなみにバックアップとして、2TBの外付けHDDも我が家にありますのでそっちにもフォルダー作って全部コピーしておきました。これで万が一、クラウドやiPadなどが壊れても一安心(←なのか?)。

で、雑紙類などは火曜日に粗大ごみとして持ち込むことに。

本来は実は次の月曜日がうちの地元では毎月2回の「雑紙類」のごみ収集日なんですがあまりにも量が多すぎるのと(まあちょっとした引っ越しの処分ぐらいありますしね。スキャンしないで処分する本も30冊ぐらいありますので…)、どうも月曜日が雨らしいぞ、と。「多すぎて回収してもらえない」ということはないらしいんですが、万が一、収集の人が持っていってくれなかった時に雨の中で悲惨なことにもなりかねませんしね。

それと昔の某資格試験のテキスト類を入れてたバインダーがやはり20個ぐらいありまして(テキスト類は全部処分ということになりましたが)、これは「燃やせないゴミ」で出さざるをえないらしいので、「じゃあ火曜日の午後に時間作って、市のごみセンター(うちの地元では「リサイクルセンター」って呼ばれてます)に行ってくるわ」ということになりました。まあそしたら妻から「壊れた掃除機持ってって」と別件で用事も発生しちゃいましたので…。

確か私の記憶だと、車で持っていくと、10キロあたり400-600円ぐらいで引き取ってくれるんですね。最初に車ごと目方に乗って、むこうにスタッフさんが常駐していて彼らにひとつずつ渡して分別してもらってゴミを搬出した後に帰りにまた目方に乗ってその誤差分で料金が判明する、という方法だった記憶があるんですけども。果たして今回は何キロになるんだろう。うーん、これは怖い(笑)。

とりあえず明日は早めに返送しにコンビニに行きたいと思ってます。問題は明日も雨予報なんですよね。でもまあおもしろい経験をしました。たぶんこんな150冊以上一気に「自炊」する事は二度とないとは思いますけどね。うーん、疲れた…。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク