【千葉ロッテ】伊東監督「全員一丸で下剋上するぞ」と訓示を。

スポンサーリンク




ロッテ“全員一丸”で下剋上だ!伊東監督魂の訓示(日刊スポーツ)

今日からシーズン後半戦になるんですが…。そんな折、日刊スポーツさんがこういう記事を。心意気が嬉しいですね(笑)

チーム一丸で浮上を目指す。借金30の断然最下位に沈むロッテは16日、ZOZOマリンで全体練習を行った。前日まで球宴に出場していた鈴木大地内野手(27)ら3選手も参加。文字通り、1軍選手全員で体を動かし、今日17日からの後半戦に備えた。練習冒頭、伊東勤監督(54)が訓示。ファンのためにも、目先の一戦にこだわっていく。

 練習始めに伊東監督は選手を集めた。球界最年長の井口がいる。生え抜きベテランの福浦がいる。前日の球宴第2戦で好投した4年目21歳の二木もいる。オールスターの熱が引いたマリンで、監督は口を開いた。

 伊東監督 先のことを考えず、1日1日、悔いのないように今日やれることをやろう。応援してくれている多くの人たちのためにやらないと、プロじゃない。若い選手は、この先の野球人生で、これだけ負けた屈辱を忘れないように。将来、必ず役に立つ日が来る。

球団史上初めて借金30で前半戦を終えた。CS圏内の3位西武とは19・5ゲーム差。モチベーション維持が難しくなっているが、プロとして現実から逃げるわけにはいかない。監督の口調は、自然と熱を帯びた。

 浮上の目を引き寄せるキーワードは“全員一丸”だ。球宴に出た鈴木、田村、二木も練習に参加。12球団で唯一、オールスター組も含めた1軍全員で体を動かした。何とかしたい思いは、スタッフも同じだった。この日の練習前、打撃投手、ブルペン捕手、マネジャー、広報らが監督室のドアをノック。指揮官に、銀色に光るミットを贈った。スタッフ一同27人から、殿堂入りのプレゼントだった。思わぬことに、伊東監督は「最近、沈んでいたけど、心が洗われたよ。裏方さんも含め、みんなで戦っている」と胸を熱くした。

 キャプテンの鈴木は「僕たちは個々の力で勝負できるチームじゃない。これからは、1つになって戦うことが、より大事になる」と熱っぽく言った。残り62試合。ロッテらしさを取り戻す。

新加入したサントスが3割前後をキープしていて先頭打者として大いに頑張ってるし、ペーニャ加入のおかげでシーズン序盤絶不調だったパラデスがいろいろとアトバイスを受けたりしてそこそこ打つようになりましたしね(ただホームラン打った試合で何故か勝てないのは残念ではありますが…)。

それにしても現役監督、しかも50歳代で野球殿堂入りするという偉業を思うと凄いなあ、と。スタッフさん一同からの銀のミットはいいプレゼントだなあ(感涙)。個人的には、伊東監督、球宴の殿堂入り表彰を終えたら「休養」に入ってしまうんではないか(もしくは後半戦序盤に連敗重ねたり大敗したりして休養しちゃうんじゃないか)という「懸念」は今でもあるんですけど…ただ、1軍のコーチ陣を見渡しても「代わりに指揮官になって今のチーム力が向上するのかなあ」って疑問は物凄くありますしね。

スポンサーリンク

来季の契約も覚束ない選手たちの必死なプレーが見たい。

ひとまず目標は…後半戦、できるだけ勝ち越して「眼前でパリーグ優勝を阻止する」。まあかつての千葉ロッテの「9月の猛攻・相手の優勝がかかった試合で必死に頑張る」お家芸(?)みたいなもんですが、若手とか1軍半のポジションで来季の契約も覚束ない選手を抜擢して必死の形相でプレーする選手をひとりでもみたいですね、ここまで来たら。

ロッテドラ2酒居 8・3ハム戦プロ初先発へ F球宴でアピール(スポニチ)

【ロッテ】南と細谷が1軍練習に合流(スポーツ報知)

いずれにしても自分のために頑張って欲しいですね。細谷なんかはできればサントスと共に1-2番打者で塁をかき回してほしい。

さて現場は覚悟ができた。で、どうするよ?フロントや親会社(皮肉)。

以上です。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク