セクハラ騒動で「7回も」辞職勧告を受けちゃった小山市議会の副議長殿が。

スポンサーリンク

セクハラ問題で7度目の辞職勧告(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

いくら法的拘束力がないとはいえ…タフだな、この副議長w

栃木・小山市議会の副議長が、市の女性職員へのセクハラ問題で、7度目の議員辞職勧告。
小山市議会の角田良博副議長(67)が、市の女性職員にセクハラ行為をしたとされる問題で、小山市議会は、15日の本会議で、角田副議長に対する7度目となる議員辞職勧告決議案を可決した。

角田副議長に対する辞職勧告決議は、2015年9月に1回目が可決されて以来、今回で7度目となり、全国で最多とみられる。

角田副議長は、セクハラ行為を否定している。

決議には法的拘束力はなく、過去6度の勧告に対し角田副議長は、辞意の表明も役職の辞任もしていない。

で、どんな事をやらかしたんだろう、と思って調べてみたら、

「俺の女になれ」事件 栃木県小山市の角田良博副議長 市議たちが政倫審請求 | JC-NET(ジェイシーネット)

うーわー、これはひどい(大汗)

市議会関係者によるとセクハラ被害を訴えたのは50代の女性。代理人弁護士によると、
6月29日夜、市議と市職員の懇親会で角田副議長は女性を隣に座らせ、背中や腰を触った上、顔を近づけたとされる。その様子を複数の市議が目撃したという。

 また、懇親会後も電話で「俺の女になれ」などと発言。女性はその後、ストレスで病院に行き、不安障害と診断された。女性の希望により、8月17日付で職場を異動したという。

 請求書を提出した市議の一人は「議会不信を防ぐためにも、政倫審ですべてを明らかにしたい」と話した。
角田副議長は「そのような事実は誓ってない。懇親会で女性が隣に座ったことは一度もない」と否定しているという。

 ところで、角田市議は女性職員に「体を張って異動させた」と言い、角田副議長が市職員から市議会職員に異動させたという。

角田副議長が市側に異動を要求し、市側は即応じていたという。

これに加えて、県道の拡張工事の折に副議長から土地を買ったのにも関わらず、その土地の引き渡しが済んでない、という話も加わってこの「議員辞職勧告」だったようで…。

ちなみにこの騒動は2015年9月初め頃の話で、この直後に大雨で鬼怒川の堤防が決壊した水害が発生して小山市にも影響が及んでいるんですけどね。

スポンサーリンク

で、任期はあとどんぐらい残ってんの?

一応調べてみたら、前回の市議選は2015年4月だったらしく、

小山市議会議員選挙(2015年4月26日投票)候補者一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

ここで見る限り、定数30・候補者32で、当選した順位は下から5番目だったようで。で、任期は満了まで続けるとしてあと2年か…さて、1年半で7回も辞職勧告決議が可決されるこの御仁、任期満了までにあと何回これが可決されるんだろう…でも候補者の数を考えれば次の選挙もちゃっかり立候補して当選してそうだ(失笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク