本社が富山にある不二越の会長殿が「富山生まれは採らない」とケチな事を(苦笑)。

スポンサーリンク




By: t-mizo

富山生まれ「極力採りません」「閉鎖的な考え方が強いです」 本間不二越会長、会見で持論 (北日本新聞)

本社を東京に一本化するらしいんだが…わざわざ言わなくてもいい事を。

総合機械メーカーの不二越(富山市不二越本町)が5日、本社の東京一本化を発表した会見の席上、本間博夫会長(71)が採用に関し「富山で生まれ地方の大学に行ったとしても、私は極力採らない」「偏見かも分からないが、閉鎖的な考え方が強い」などと発言した。1928(昭和3)年に富山市で産声を上げた不二越。その経営トップが、富山生まれを否定するかのような持論を語り、県内企業、行政関係者は「出身地などでレッテルを貼るのはおかしい」「侮辱だ」などと怒りをあらわにした。学校関係者からは「富山の若者が閉鎖的とは思わない」と戸惑いの声が上がった。

 本間氏は東京都出身、青山学院大経営学部卒。1970年に入社し2009年に社長、今年2月に代表権のある会長に就いた。

 発言があったのは5日、富山市の富山商工会議所ビルで開いた17年5月中間期の決算発表会見。本間氏は、富山と東京の2本社体制から、8月に本社を東京に一本化する理由について、ロボットを核とした事業拡大に向け「最先端の情報や優れた人材を獲得するため」とし「富山に優秀な人材がいないわけではないが、幅広く日本全国、世界から集めたい」と説明した。

 その上で「富山で生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校、不二越。これは駄目です」と述べ、「富山で生まれて地方の大学へ行った人でも極力採りません。なぜか。閉鎖された考え方が非常に強いです」と明言。一方で「ワーカーは富山から採ります」とも話した。

 県内の経済団体トップや企業経営者からは、批判や異論が相次いだ。富山経済同友会の米原蕃代表幹事(米原商事会長)は「地方創生の機運が高まる中、時代に逆行している。富山県民を侮辱していると言わざるを得ない」と語気を強めた。

 富山市出身で富山大OBの電子機器メーカー社長と電子部品メーカー社長はそれぞれ「極端な意見で賛同できない」「出身地でレッテルを貼るのは理解しがたく、不適切」などと疑問視した。釣谷宏行CKサンエツ社長は「富山県民はまじめで素直。これまでに閉鎖的だと感じたことはない」と話す。

 富山大OBで富山経済同友会特別顧問の中尾哲雄アイザック取締役最高顧問は「富山が工業立県として発展したのは不二越の力が大きい。本社一本化は経営判断であり、やむを得ない」と理解を示す一方、県出身者を「閉鎖的」と表現したことは「極めて遺憾。上場している大企業のトップとしてふさわしくない」と苦言を呈した。

この会長殿がどういう経歴なのかはさだかではない…んですが、例えば新入社員時代からこの会社にして、「こいつは東京モンだから」と地元の富山出身の派閥みたいなのから弾き出されて左遷されたりしつつも、少しずつ営業成績や社内を掌握して今に至るって経緯で「富山の連中は信用ならねえ」だったらまあ(こういう場で言うのはアホだけど)気持ちだけはわからんでもないんだが…。でも得てしてあるのは「先代の婿殿」とかで「いきなり入社して常務からスタート」とか「海外でMBAとか学んできました。田舎者の連中には苦労させられました」みたいなパターンもありますしね。

※でも1970年入社で現在71歳ってことは、23歳で入社してるんでたぶん新卒入社の叩き上げなんでしょう。となると前者、かな?

スポンサーリンク

富山県出身の立身出世を果たした人はかなり多い。

ただ、昔から「富山の薬売り」が全国を行脚して勤勉性が物凄くある地方だと言われていて、経済界でも過去には浅野セメントの浅野総一郎、安田財閥を作った安田善次郎(JR鶴見線の「安善駅」や、東大の「安田講堂」はこの人物にちなんでつけられた名前でした。その安田講堂や、都心にある日比谷公会堂はこの人から寄贈されたものだそうです)、相撲取りから転身して最後はホテルニューオータニも作った大谷米太郎、角川書店を作った角川源義、警察官僚から読売新聞の社長に転身し、読売巨人軍や日本テレビなども作った正力松太郎など、戦前戦後の立役者といってもいい財界人を何人も輩出している県だったりします。芸能界だと、サラリーマンを経て29歳で談志師匠に入門して今では落語界きっての人気者となった立川志の輔師匠も富山県出身でしたね。数年前に旅行した折に高岡市内を走る路面電車のアナウンスの声とかをやってましたわ、志の輔師匠。

まあ富山に未練はなく、会社としても東京に「完全移転」して、富山県の企業とは一切付き合いが切れる、取引先の銀行等も全部東京に集約する、という覚悟もあるのかもしれませんけどね。ただ、この会長が会長になる前にここの会社を大きくした人達の中に富山県出身者がいなかった…わけではなく、「ははーん、お前、手柄を独り占めする気だな?」とか思われたらこれは大の大人として損だなあとは思いますけども。

かつて読売新聞社の社長を務めていた正力松太郎は、極端な実力主義を敷いてそれこそ他社から有能な記者を引き抜いてきたり、他社の新聞配達所を鞍替えさせたり(これは正力の懐刀であり「番頭」「販売の神様」と言われていた務臺光雄営業部長→後の社長→晩年は名誉会長が仕掛けたんですけどね。この務臺も報知新聞から事実上引き抜かれた人物でした)と、20数年で5万部→200万部もの急成長を遂げたんですが、この陰には、「信条は問わない。別にアカ(左翼)でも何でも構わん」と、正力が思想を問わずに、左翼運動で警察に睨まれたりして就職活動も覚束なかった東京帝大や京都帝大などの学生連中をどんどん引き込んだから、っていう太っ腹な姿勢ってのもあったんだそうです。それに比べるとこの会長はなんてケツの穴が小さい…今の読売のドンのナベツネ氏みたいだわ(苦笑)。

もっとも読売の場合はあまりにも左翼学生を引き込んでしまったせいで、戦後、超ワンマン社長だった正力がGHQに戦犯で逮捕されて巣鴨プリズンにぶち込まれる前後に読売新聞内で物凄く大きな民主化闘争・読売争議が勃発してしまった、というオチもあったんですけどね。これはまあ余談として…。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク