「元ボクサーが妻と不倫してた弁護士のち×こ切った」事件の控訴審判決が出ていた。

スポンサーリンク

弁護士局部切断事件「被害者に落ち度があるが、やりすぎ」小番一騎被告、2審も懲役4年6月 東京高裁(産経新聞)

あー、この事件の裁判ってまだ続いてたのか(苦笑)

妻と不倫した弁護士の男性の局部をはさみで切り落としたなどとして、傷害などの罪に問われた元慶応大法科大学院生、小番一騎(こつがい・いっき)被告(26)=1審東京地裁で懲役4年6月の実刑=の控訴審判決公判が14日、東京高裁で開かれた。小番被告側は「量刑が不当に重い」と控訴していたが、植村稔裁判長は「1審の量刑判断に誤りはなかった」とし、控訴を棄却した。

 植村裁判長は「男性が小番被告の妻と不倫したことは民事上の賠償責任が生じる違法なものであり、男性側に落ち度があることは明らかだ」と指摘しつつも、「(暴力ではなく)民事訴訟などで対抗すべきだった。局部切断は極めて悪質で危険な上、男性に大きな肉体的苦痛と生涯消えることのない精神的苦痛を与えた」と指弾。実刑判決は妥当だったと判断した。

 1審判決などによると、男性の秘書だった小番被告の妻は平成26年12月から複数回、男性と合意の上で性的関係を持った。男性との関係を疑った小番被告が妻を問い詰めた際、妻は「不本意に関係を持たされた」と説明。小番被告は妻が性的に暴行されたと考え、27年8月、弁護士事務所で男性を殴って気絶させ、局部をはさみで切り落とした。

スポンサーリンク

いやまあ「極めて妥当な」判決だと思うけどね。

過去にここのブログでも何度か取り上げた事件なんすけども、

港区の弁護士、殴られた挙句、枝切鋏で局部をちょん切られた件(;゚д゚)

元ボクサーにち×こ切られた弁護士の事件の後日談があまりにクソすぎて大失笑(をい)

つーか、不倫妻の「鬼畜」っぷりに驚愕(汗)<弁護士がち×こ切られた事件

ま、これだけではないんですが主だったものだけでもこんだけありまして…。

で、裁判長をして「(ち×こ切られた)弁護士側に落ち度がある」と明言した上で「それでもやりすぎだっつーの」と。確か一審の求刑(余談ですがここで「きゅうけい」と打ったら一番最初に変換されたのが「宮刑」だったんで直前まで飲んでたお茶吹きそうになった(爆))が、確か6年の実刑だったことを書いた記憶がありまして、それを思うと、まあ落とし所としては一審の判決は妥当、ってことなんでしょうね。

「生涯消えることがない精神的苦痛」…か。

それにしてもこの被告人の妻は今頃何をしてるんだろう。そして不倫しちゃってち×こ切られたた弁護士もね。ただ、一番「生涯消えることがない精神的苦痛」を与えられたのは、この弁護士ぢゃなくてその奥様やご家族だと思うんだがな。この「事件」の後、この弁護士のご夫婦はどうなったんだろう。正直、奥様は多額の慰謝料と財産分与を受けた上に、不倫妻とその夫に対して民事訴訟をしてもいいレベルだと思うんだけどなあ。弁護士本人がそれを先頭に立ってやったら「お前が言えた義理か?」って世間から一斉ツッコミされる話ではあるけども。

実際一番「のうのうと」暮らしてるのはこの不倫妻だったりしてね。さて、被告人はツーストライクまで追い込まれて、いよいよ最終ラウンド=最高裁判所まで持ち込むんでしょうか?

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク