読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

性的暴行容疑で逮捕されてた高畑裕太「元容疑者」が釈放されたんだそうで…。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

Cell

高畑裕太さん釈放、30秒間頭下げ謝罪(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース

一応、示談は成立して不起訴・釈放されたけど…大変なのはこれからだろうな。親の七光りでどこまで「更生」できるやら…。

群馬県前橋市内のホテルの女性従業員に性的暴行を加えけがをさせたとして逮捕されていた俳優の高畑裕太さんが9日午後、釈放されました。

  「この度は皆様に多大なるご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした」(高畑裕太さん)

  午後2時20分すぎ、群馬県・前橋警察署から釈放された高畑裕太さんは、取り囲む報道陣に向けて大きな声で謝罪の言葉を述べました。頭を下げることおよそ30秒。そして・・・

 「被害女性にひと言ないですか?被害者の方にひと言!」

  被害女性について、それ以上コメントしませんでした。高畑さんは先月23日、宿泊していた前橋市内のビジネスホテルで、女性従業員に対し性的暴行を加えたうえけがをさせた疑いで逮捕されました。前橋地検などによりますと、高畑さんは示談が成立したことなどから不起訴になり釈放されたということです。

  逮捕後、高畑さんは警察の取り調べに対し「女性を見て欲求を抑えきれなかった」などと容疑を認めていたということですが、9日の釈放を受け、高畑さんの弁護士がコメントを発表しました。

  「私どもは、高畑裕太さんの話は繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません」
  「違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります」(弁護士が出したコメント)

  弁護士によりますと、高畑さんは心身ともに不調でしばらくの間入院するということです。高畑さんは、女優の高畑淳子さんの息子で人気ドラマに出演するなど俳優として活動していましたが、所属事務所は9日付けで高畑さんとのマネジメント契約を解除しました。

被害者側と示談が成立して起訴はされずに釈放…か。

www.muroktu.com

まあママンから貰ってる少なくないお小遣いだってあるんだし、風俗だの地元のデリヘルとか使わねえからそんなことになるんだろう?って感情は今も否めないけどな。

で、弁護士のコメントの違法性云々は正直さだかではないが、一方で被害者側からすると「裁判になってあれこれと痛い腹を探られたくないから示談にした」って可能性だってあるだろうしな。少なくても容疑者側の弁護士はそこに「つけこんで」いろいろと策は練るでしょう。

いや実際は知らんよ。容疑者の方が一方的に「襲った」のか、それとも被害者と呼ばれる側の女性サイドの罠にまんまハマったのか…だったのかは。でも本当に「襲われた」としたら、マスゴミやネットでそういう噂を立てられること自体が精神的なダメージになる可能性だってあるわけで、だったら容疑者を裁判に送り込んで実刑判決にしても気持ち的には何も「解決」にならないから、そしたら少なくない示談金を貰って、裁判とかに出ないで静かに暮らしたい…と思うことだって十分にありうる話ですしね。個人的にはたぶんそっちの方だと思うけど本当に「被害者」だったからこそこういう苦渋の決断をチョイスしたと思うんすけどね…。 それが長い目で見て良かったのか悪かったのかは容疑者本人次第だろうな、と。

※ただ本当に「罠」だったらママンの芸能界のコネでも使って有能な弁護士紹介してもらって雇って、「被害者に遠慮せずに」警察と徹底抗戦して釈放求めに行くハズだから、おそらくそうではないんでしょうけどね。

なんか今後の展開で見えるのが…。

思うに、今後の展開で見えるのが、

→所属事務所は解雇され、芸能界からも追放される。

→それまで集っていた仲間・友人筋がさっと離れていく。

→そこに付け込んで反社会勢力系が近づいてくる。

→「淋しくて」薬物に手を出す。

→少々ほとぼりが済んだ頃に、手を差し伸べる人が出てきてVシネマとかの出演依頼が舞い込んできて「俳優」としての仕事は続けることになり再開することになる。

→そっちの方で軌道に乗りかけた頃に薬物系の事件で逮捕される。

…ってパターンかなあ。

というのは、

www.muroktu.com

↑こういうパーソナリティなんでしょう?そもそも俳優はおろか、一般の社会人としても無理だわ、そりゃ(爆)。 

ま、今回は「幸いにも」前科がつかぬまま釈放となったけど、よほど仏門に入るとか、相撲部屋みたいな心身ともに叩きのめされるぐらいのとこに入って「環境が変わらないと」、多分この人はまた何か「やらかす」んだろうね。三田佳子サンの息子さんとかの礼を見てると、たぶんこの人の名前は近いうちにまた出てそうな気がする。もちろん「容疑者」という敬称をつけられて、ね(苦笑)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ