【VF甲府】いやあ「山梨県の新スタジアム」、やっぱし小瀬よりもリニア駅周辺の方が良くないか?(^^ゞ

スポンサーリンク

Ventforet Kofu vs. Nagoya Grampus

【山梨県、計画推進へ着々】新スタジアム整備で報告書策定、建設地は2案併記 ~ 日刊建設工業新聞ブログ

いよいよこの新スタジアムの話は、「報告書策定」までこぎつけたようです。

で、場所は両論併記と。来るべきリニア新幹線の山梨県駅(仮)の近くに作るか、小瀬の第3駐車場を潰してスタジアムを作るか、ということで。

◇総工費80億~140億円想定◇

 山梨県は、総合球技場の整備に向けた報告書案を、21日に開いた有識者委員会に提示した。収容人数は2万人程度と設定。幅84メートル、長さ124メートルのフィールドを設けるとした。建設候補地については、甲府市内のリニア中央新幹線の新駅前(大津町)と、小瀬スポーツ公園周辺(小瀬町)の2カ所を併記した。総工費は80億~140億円程度を見込んでいる。

 報告書案によると、サッカーやラグビー、アメリカンフットボールのすべてに対応可能な芝生のフィールドを設ける。天然芝面は幅80メートル、長さ120メートルの大きさとする。イベントなどへの需要も考慮して設計・整備を進めるとした。建設候補地については、敷地面積を約9万平方メートルと見込んで検討を行った。内訳は本体施設の敷地が約3万平方メートル、駐車場が約6万平方メートル(約2000台分)となっている。

 同委員会では、2案ともにメリットと課題があるため、1カ所に絞り込むには至らなかった。リニア新駅前は、広域からの集客を期待できることや、リニア駅周辺との一体的な整備により、財政負担が軽減できるとした。総合球技場利用者らが県内各地を周遊するような仕組み作りが必要とも指摘した。

 小瀬スポーツ公園周辺は、リニア駅から車で約5分の位置。スポーツを中心とした機能を集約化できることや、公園全体の一体的な管理運営で効率化が図られることをメリットとして示す一方、稼働率や集客力向上などを課題に挙げた。整備・運営手法については、公設民営や公設公営、PFI方式、負担付き寄付方式を例示。建設場所や周辺環境を考慮しつつ、最適な整備・運営手法を採用すべきだとしている。

一応調べたら、ガンバ大阪の新しいスタジアムの建設費がおおよそ140億円だったそうで、最高値(?)の想定はこちらのスタジアムのを参考にもしてるようですね。

スポンサーリンク

小瀬の雰囲気は素晴らしいんだけどな…。

…で、まあ小瀬スポーツ公園だと、野球場・テニスコート・体育館・屋外プール・武道館などと、他のスポーツと一括してまとめて使える(例えば再び国体を開催したり、将来、また五輪が開催されるとしたらキャンプ地としても誘致ができる)し、山梨県が運営管理者として管理するんであれば、それこそ既存の山梨中銀スタジアム=小瀬スポーツ公園陸上競技場と一括して「管理」しやすいのは間違いないんですけどね。記事に書いてあるとおり「小瀬から車で5分」のとこにできるリニア駅前の総合球技場に比べれば手間はかかりませんし。

それと、ここまでのヴァンフォーレの歴史を背負ってきたスタジアムなだけに雰囲気は抜群にいいんですけどね。新スタジアムになったとしても、山梨中銀スタジアムの時と同様、試合開始までスポーツ公園の中でのんびりお昼ごはんを食べたりもできますから。

↑これは以前の記事にも貼った地図です。

目印がついているところがリニア新幹線の山梨県駅(仮)の推定位置です。この場所の近隣と、この目印からやや右上方向に見える緑色のエリアの「小瀬スポーツ公園」の2つが報告書案で両論併記された計画地、ということになります。

まあどっちにしてもJR甲府駅からはかなり遠い(直線距離で約7キロ、歩くと実質9kmぐらいになります)のは間違いないです。

しかしながらバスで行くにはちょっと…。

…ただねえ、実際に甲府駅から臨時バスに乗って行ってみると、小瀬スポーツ公園まで結構狭い住宅地の中を走るんですわ。

JR甲府駅前から南北に走る「平和通り」(上記の地図では「R358」と表記もされてます)という大きなメインストリートが走っていて(これは太平洋戦争中の甲府空襲の反省をふまえて広小路的な幅広のメインストリートを作ったのが名前の由来だったそうです)、途中に南甲府警察署のあたりで側道に入って住宅地の中を走るんですけども、これが狭い狭い。正直、今の1.7万人収容のスタジアムですら苦しいのに、2万人収容のスタジアムをあそこに作れるんだろうか?っていう疑問が尽きないんですね…。

もっとも平和通りも当初はもっと広い道路を(幅50メートル級のを)想定してたんですが地元の地主さんからの猛反対を受けて36メートルになったんだそうで、結果、交通量が増大してるんで結構混雑している、という側面もあったりします。

↑これも以前の記事で使った小瀬スポーツ公園の地図です。「武道館」横のバスマークが甲府戦やサッカー・野球などの試合開催時の臨時バス停となります。

この赤枠で囲った「第3駐車場」が新スタジアム(総合球技場)の計画地のひとつです。が、小瀬スポーツ公園は、野球場も結構大きいですし(高校野球の山梨県大会の決勝はここで行われてるんだそうです)、夏だと屋外プールもあるし、土日だと武道館も何らかの大会が行われますし。甲府の試合以外で何かがかぶった時に臨時バスでさばけるのか?とか、第3駐車場を潰しちゃって駐車場を更に作ることができるのか?とかの疑問もあるんですよね、これがまた。

※たぶん「どうにかする」んでしょうけどね。今と同じく、近隣の空き地などを臨時駐車場として代替するとかで。

将来性を考えるとやはりリニア駅前の方がねー。

…となると、「まだ何もない」とこのほうが計画や予算は大変だけどある程度理想的なのものは作れるような気がするんですけどね…。願わくば、浦和レッズの本拠地の埼玉スタジアム2002のように、最寄り駅の浦和美園駅近くにイオンモールができたような感じになれば良いんだけど(ちなみに埼スタまでは浦和美園駅から1.2kmぐらい歩くのと、実はイオンモールは埼スタの反対側にあるんすけどね(苦笑))。となると、理想なのは、リニア駅と、新スタジアムの間にイオンモールとかがあれば(苦笑)。

たぶん山梨県サイドとすれば、駅直結で作るよりかは「少しでもお金を落としてくれる」ように、駅-商業施設-スタジアムみたいな風になればなーって考えてるんでしょうね。そういう意味では、千葉・幕張新都心付近の、海浜幕張駅-駅前の商業施設-ワールドビジネスガーデン・幕張メッセ-ZOZOマリンスタジアム(千葉マリンスタジアム)というポジションは抜群なんでしょうね、きっと。海浜幕張駅から歩いても15分、ピストン運行してる臨時バスで100円払えば5分でスタジアムまで運んでくれますよ、みたいな。

ただ「なんと恵まれてることか」とは常々思う。

ただ(何度か同じことを書きましたが)、山梨県とヴァンフォーレ甲府、そしてサッカー・ラグビーやアメフトの県協会などが最初から話し合いを持って年内に報告書まで作れたというのは大したもんだなーとも思いますね。特に甲府よりも遥かに人気もあり実績もあるサンフレッチェ広島が、新スタジアム建設で広島市や広島県と揉めてにっちもさっちも行ってない状況を思うと、計画段階とはいえ「なんと恵まれている」ことか。

ここから山梨県知事さんあたりから横槍が入らないことを祈るだけですが(大汗)。いやあ自民と民進のくだらぬ綱引きとか駆け引きとかに巻き込まれないといいわなー。

できればVF甲府の本社機能や練習場も…。

ゆくゆくは、ヴァンフォーレ甲府の発展は勿論のこと、ラグビートップリーグのチームを山梨に誘致して、ここの新スタジアムを本拠地にしてくれるような形になってくれればいいんですけどね。

ついでにヴァンフォーレ甲府も、千葉ロッテの本社がマリンスタジアムの中に移転したようにチームの本社機能とか屋内or屋外練習場とかをどさくさ紛れに(もし現状、殆ど何もないリニア駅周辺につくるとしたら)スタジアムの隣とかに移転できるようにしちゃえばいいのにね(笑)

※こういう時だけは、山梨出身の自民党の「キングメーカー」故・金丸大先生が今もご存命で更に金の延べ棒でしくじらなきゃ一発で決まったかもしれんのに、みたいなこともちょっと頭によぎったりと(爆)

立ち技寝技 (私の履歴書)

立ち技寝技 (私の履歴書)

金丸信 寝技師の研究

金丸信 寝技師の研究

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク