読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

【VF甲府】「山梨県の新スタジアム」の話は「収容人数は2万人程度が妥当」という事で議論を進めていくそうで…。

ヴァンフォーレ甲府 雑談

スポンサーリンク

山梨県の新スタジアム検討委員会、収容人数2万人規模を前提に議論を進めることを確認 : ドメサカブログ

寝る前にブログをちょいと見てたら、PC版のサイドバーの「注目記事」に珍しい記事が出てまして。

www.muroktu.com

…で、「山梨 新スタジアム」で検索したらいつも楽しく拝読してるドメサカさんとこに辿りついて読んだんすけど…いやあ話が比較的とんとん拍子で進んでるんすねえ(笑)

こんな"検討会議"が開かれたんだそうです。 

総合球技場「収容人数は2万人が妥当」 | NNNニュース

まあ今の甲府の観客動員力からすれば3万人は多いかなあ、せめて多くても2.5万人ぐらいかなーと思ってたら。実に現実的な判断をするもんだな、とむしろ好意的な意味で驚いた。

県が整備を目指す総合球技場のあり方を検討する会議が25日開かれ、観客の収容人数は2万人が妥当と意見集約した。

 会議では県側が観客の収容人数について、Jリーグの過去の事例をもとに試算した結果、新スタジアムの建設以降は各施設で観客動員が1・5倍近くに増えていることから、ヴァンフォーレ甲府の観客動員に当てはめると、1万9千人程度になるとした。

 その上で新設のスタジアムの場合、日本サッカー協会の基準によってJ1を開催するには2万人以上が必要となることを説明した。

 委員からは目立った反対意見はなく、収容人数2万人を前提に議論を進めていくことで意見集約した。

 観客収容人数が2万人の球技場はJ1のベガルタ仙台が使用するユアテックスタジアム仙台と同じ規模。

 委員会では次回以降の会議で具体的な建設場所や建設コストなどを検討し今年中に報告書をまとめる。

↑後半の方でヴァンフォーレ甲府の海野会長が「3万4万のスタジアムを作っても滅多に人が集まらない」と言っておりました。さすが身の丈をよくわかっておられる(苦笑)。

いやあ山梨県さん、実に現実的な計算方法を。

私自身、6月にユアテックスタジアム仙台まで仙台対甲府戦を見に行ったんですが、まあ個人的にはあのぐらいの大きさがちょうどいいなあとも思ってたので(ま、正面ゲートからアウェーの入り口まで延々とスタジアムの外周を回ることになったのはびっくりしましたけどね。で、帰りに暗闇で左足首をねんざしたんですけど(泣))。

もし甲府が更に観客動員力を増せば拡張とかの話が出るかもしれないし、ハコだけでかくても建設費や維持費・経費ばかりがかさむのもねえ…。なので実に「現実的」で良い話ではないでしょうか。

ちなみにこのスタジアムは「サッカー専用」ではなく「サッカー・ラグビー・アメフトが使える"総合球技場"」なんで(そのために県のサッカー・ラグビー・アメフトの各協会とヴァンフォーレ甲府が一緒になって署名活動等を行ったいきさつがあったりします)、たぶんサッカー専用スタジアムよりかはゴール裏が広く取られると思うんすよね。特にトライ後のコンバージョンキックをするスペースが必要なラグビーと、タッチダウン後のキックのある(やはりスペースがそれなりに必要な)アメフトが絡むんで。

※ちなみに「ラグビーの聖地」である東京の秩父宮ラグビー場の収容人数は24871人なんだそうです。こちらも2020年の東京五輪の後は建て替え計画があるらしいんですが。

それでも「ピッチ看板を置くには」申し分ないような(感涙)

それでも陸上競技用のトラックが「ない」分、サッカー・ラグビー・アメフトのいずれを「観る」のに特化したスタンドから見やすい傾斜とかも計算されて作られるでしょうから、ヴァンフォーレ甲府では名物の中小口のスポンサーさんのたくさんのピッチ広告を設置する場所には困らないんじゃないんでしょうかね。

うーん、これを機に、できればラグビーのトップリーグのチームとか、アメフトのXリーグのチームとかも招致できないもんだろうかな(笑)。

そして問題は「どこに作るか」と「いくらかかるか」…ですね。

まああとはどこに作るか、ですよね。4月ぐらいの話だと「最有力候補地」は、リニア新幹線の山梨県駅(仮称)のすぐ近くで、甲府駅からはおそらく弾丸道路みたいな道路が作られて便利にはなると思いますし、そもそも中央高速のすぐそばなんで車で行くには申し分ないところらしいんすけどね。

↓これは冒頭にリンクを貼った「以前書いた記事」のとこにも貼った地図なんすけど、

f:id:tony_togo:20160827020243j:plain

↑この印のあたりがリニア新幹線の山梨県駅(仮称)の予定地らしいんすね。なお現在の本拠地である「山梨中銀スタジアム=小瀬スポーツ公園陸上競技場」は、その予定地(と言われてるエリア)の右斜め上方向にあります。だいたい現状で甲府駅から臨時バスが出ていて20-30分ってとこですかね?

まあそしたら個人的には都内の多摩西部に住んでる私だったら中央高速の八王子→甲府南まで車でも行けるし、リニアだと横浜線の橋本に新駅ができる予定らしいので橋本→山梨県駅(仮)まで15分なんで、家から1時間ちょっとで行けそうな感じですし。

嬉しいのは現段階では「特段の反対意見が無い」ことでしょうね。

んでも現時点で最も嬉しい話は「特段の反対意見が無い」ってことなんすよね。これが一番大きいですわ。その上で現実的な(ヴァンフォーレ甲府の近年の平均)観客動員数を把握して、現実的にペイできそうな収容人数のものを作る…というのはありがたい話ですわ。勿論、小瀬陸上競技場→山梨中銀スタジアムにも数々の歴史や思い出が残る素晴らしいスタジアムではあるんですけど、やはりメインスタンドの一部にしか屋根が無い、とか、少しスタンドの前の方に座ると、ラインが切れてスローインになったかどうかが分かりづらいという点はあるもので、そこらへんの「次の時代へ」繋げてくれる姿勢は本当にうれしいし感謝したいですね…甲府サポとして。

さて甲府市か山梨県への「ふるさと納税」の準備でもするか(爆)

さて、ふるさと納税でもカンパでもとりあえず準備はしておきますわ。ひとまずヴァンフォーレとしては、一年でも長くJ1に居続ける、よしんばJ2に落ちたとしてもすぐに昇格できるようなチーム作りはし続ける…というのを期待しつつ、ですけどね。

なお今夜は18時からホームでの大宮戦。いやあまた1-0で試合を決しそうな対戦相手で難敵ですわ…。

ヴァンフォーレ甲府あるある

ヴァンフォーレ甲府あるある

  • 作者: コマツサトル,めがねや梅茶
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

↑甲府のキャプテンであり精神的支柱の山本選手です。いるといないとでは守備力が全然違うもんで(泣) 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ