読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

あー、押切もえ嬢、「僅差」で山本周五郎賞を受賞できなかったんだね…。

雑談 千葉ロッテ

スポンサーリンク

押切もえ「僅差」で山本周五郎賞逃す 「とても晴れやかな気持ち」 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

得票数0.5差ってなんすかそれ(大汗)。いやあその分、「彼氏」の千葉ロッテのエース涌井投手には今季は投手三冠を独占するぐらいに頑張っていただいて(以下略)

www.muroktu.com

↑この記事の後半で山本周五郎賞ノミネートの話を書いてます 。念のため。

「第29回山本周五郎賞」(新潮文芸振興会主催)の発表が16日、都内のホテルで行われ、湊かなえ氏の「ユートピア」(集英社刊)が受賞した。3回目の候補での受賞。モデルの押切もえ(36)の小説「永遠とは違う一日」(新潮社)は惜しくも受賞を逃した。得票数0・5差の僅差での落選だった。押切にとっては2作目の小説で、短編小説6編を1本にまとめた作品。

  都内の出版社で、編集者、マネジャーとともに吉報を待っていたという押切。受賞はならなかったが、ツイッターで「最後まで候補に残ったと聞き、とても嬉しかったです。お褒めのお言葉に胸を打たれ、とても晴れやかな気持ちです。応援してくださった皆さん、本当にありがとうございます!これからも頑張りますね!」と感謝の思いをツイート。ブログでも感謝を記した。

  選考委員の佐々木謙氏は会見で選考過程を説明。押切の作品について、湊氏の作品とは、投票で0・5差の「大変僅差だった」ことを明かした。W受賞も検討されたが、山本周五郎賞の規定上、W受賞はできず、湊氏の1作品に絞ったという。

  選考委員の間では「文芸の世界でないところからやってきている方なのに、非常にうまい。巧みな構成は2作目で大変なもの。きちっとした文学になっている」(佐々木氏)と高く評価されており、「これだけの才能を持っている方なので、次の作品を楽しみにしたい。選考委員一同、長編を読んでみたいという声が出ていた」と次回作への期待が高かったことも明かした。

  佐々木氏はモデルと作家の二足のわらじについて「文芸の世界を活気づけるのでうれしく思う。押切さんのような方が文芸に真摯に向き合って、発表して、読者が増えるのは大いに歓迎」と話した。

  押切は13年に処女小説「浅き夢見し」(小学館)を出版。15年1月から16年1月までに雑誌「小説新潮」で短編小説を6本連載し、1本にまとめたのが「永遠-」。

  湊氏の受賞作品は最初の投票からトップの得票数。5作品中、得票数の高かった押切の作品、相場英雄氏の「ガラパゴス」(小学館)の3作で議論が練られた。

あーなるほど、直木賞・芥川賞と違って、2人以上が同時受賞ができない決まりだったのね<山本周五郎賞。にしても選考委員の多数決とかで決まると思うんだが、0.5票ってのはたぶん「そんぐらい悩んだけど最終的には選ばれなかった」って意味なんでしょうね。

山本周五郎賞…とは。

この山本周五郎賞は、新潮社が1988年に創設した賞で、「優れた物語性を有する小説・文芸書」に選ばれる賞だそうです。一方、文芸春秋社(本来は芸は旧字体なんですが、バグると困るんで新字体で書きます)の直木賞・芥川賞と比較すると、どちらかというと直木賞の「無名・新人・中堅作家の大衆文学的な作品に贈られる」傾向と近いんだそうですね。

一方で、新潮社の賞としては、芥川賞のような「純文学の新人の作品に贈られる」ポジションの賞としては、山本周五郎賞と一緒に新設された「三島由紀夫賞」の方で選ばれるんだそうです。

ただし「本人」山本周五郎と直木賞にはこんな「因縁」も…。

ちなみにその直木賞を、受賞決定直後に「辞退」した作家が2015年下半期の第154回までの歴史の中で史上ただ一人おりまして、

それがなんと山本周五郎だった。

というのはなんつーか物凄い因縁というか(爆)。

なお理由としては「文芸春秋社の菊池寛社長と仲が悪かった」という説や、「当時(昭和18年の第17回。作品は「日本婦道記」というものでした)は、今ほどはまだメジャーな賞ではなかった」ことと、この賞が「無名・新人・中堅作家に贈られる」というコンセプトがあったために「作家歴20年弱の俺じゃなくてもっと若い新しい奴を選びなよ」ということや、この当時、直木賞の主催の文芸春秋社のライバルの雑誌社の専属作家のような執筆活動で義理立てをしたとかいろいろと説はあるそうです。

それとついでに調べてみたら芥川賞を受賞決定後に辞退した作家はいるんだろうか…と思ったら、1940年の第11回に「歌と門と盾」という作品で高木卓という作家が辞退しているんだそうです。もっともこれは自分が辞退すれば同じ門人・グループの友人が、繰り上がりで受賞するだろうと思ってたら「該当者なし」になってしまい、「いかんこのままでは友人も受賞できなくなる」と、慌てて文芸春秋社の菊池寛社長に謝罪しにいって事なきを得たそうです(その友人では次回に無事に受賞したそうです(桜田常久氏の「平賀源内」という作品でした))。

 

でもまあ「落ちた」ことをむしろいい契機と経験と「糧」にして…。辛いかもしれないけどね。また頑張っていい作品を書いていってくださいね。

永遠とは違う一日

永遠とは違う一日

 
小説日本婦道記 (新潮文庫)

小説日本婦道記 (新潮文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ