読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

幾ら「外人嫌い」だからって、わさびを過剰に入れる寿司屋はないわ(爆)<大阪の市場すし

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

sushi

大阪のすし店、外国人客に過剰わさび ネット炎上で謝罪 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

よくバラエティ番組とかでありがちな「ネタのわきから緑色のアレが見えてます」状態ではないだろうな?(汗)

大阪・ミナミのすし店「市場ずし難波店」(大阪市中央区難波3丁目)で、外国人客に対してわさびを多めに入れたすしを提供していたとして、店を経営する藤井食品(大阪府茨木市)は2日、店のホームページに謝罪文を掲載した。インターネット上で「日本語のできない客への嫌がらせ。人種差別だ」などの批判が相次いでいたが、同社は「差別的な意図は全くない」と否定している。

  難波店によると、外国人客からわさびの増量を求められることが多かったため、1~2年前から事前に確認せずにわさびを増量していたという。同店には1日以降、批判の電話が数十件寄せられていた。今後はすしに別添えする方式に切り替える。

  ホームページでは「インターネット各所にてお騒がせ致しましたことをお詫(わ)び申し上げます」と謝罪し、「わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまう結果となってしまいました」としている。

いろんな寿司職人はいるだろうけどさ…。

まあ、その分量を見ないとなんとも…。にしても今時、「外人だからわさび増やして来ないようにしてやれ」なんて思う古い気質の寿司屋とかまだあるんかね。せいぜいマナーの悪い変なインバウンドの客が来たら、板長クラスの偉い人が「おい、塩撒け塩!!」って若い衆に言って塩撒いて厄除けするぐらいなんだろうけどね、フツー。

で、わさびの量を調べてみたら…

ただ、百聞は一見に如かずと思い、念のため調べてみたら、

え、こんなに?そりゃ(本当だったら)相当きついだろ(;゚д゚)

うまいもん食わせて財布の中身をカラにするぐらいの嫌がらせを(謎)

てか、韓国や中国で同じような事をされたら、やれネトウヨとかは「民度が低い」とか、鬼の首を取ったような大騒ぎをするんだから、日本でそういうのはやめておけ、いやマジで頼む。

むしろ「チクショー、なんとか一泡吹かせてやる」と思うんだったら、「ようし、てめえらに腕を振るってとびっきりうまいもん食わせて、腹いっぱい食わせて財布のひもが固いお前らの財布の中をスッカラカンにしてやるぞ。覚えておけよ、日本食をなめんなよ?!(某水曜どうでしょうのヒゲD風にw)ぐらいの方がよっぽど健全だっつーの。その方が結局のところ、口コミでリピーターは来るし、店は潤うし、地元にもカネ落ちるし、インバウンドのおかげで多少は国も景気が良くなるかも、でね。

その上で板前とかが海原雄山みたいな厳格な態度を取って「料金払いは手間が大変だから外貨・カードは不可、現金、しかも円のみ!!」とか「お店様は神様です」みたいな客を店のやりいいようにコントロールするような(以下略)。

※「あそこの店、店員が口が悪いし傲慢っぽいし、寿司代も安くないけど、めちゃくちゃおいしいし実際は店員さんいい人多いし、最後は満足して帰してくれるから日本への旅行の際には欠かせないよねー」みたいな口コミになればもう最高、と(爆)

そういう「経済戦争(?)」はむしろ悪くないと思う。

ま、本来は「みんな仲良く」が理想なんでしょうが、どうしても生理的にダメとか、ウマが合わない奴はいますわ、そりゃ。でも対外的には、そういう「経済戦争」でも仕掛ければいいのに。暴力で屈服させたり小汚い言葉を吐いて侮辱したりするだけが「戦争」じゃないと思うんですけどね。「俺はお前がここの店に入ったら最後、財布の中身を全て奪い取ってやるつもりで徹底的にうまいもんを喰わせてサービスしてやる。覚悟しとけ的な奴は意外に悪くないと思う。…勿論、法外な値段をつけてのぼったくりは論外だけどね。

※あ、意見には個人差はあります(byさだまさし(謎))

でも最近の100円の回転ずし屋は…。

そういえば最近、年に1-2度だけ行っている隣町の100円の回転寿司屋は基本がさびぬきになってしまい、わさび用の取り皿をひとつキープしておいてそれにお寿司をつけて食べるようになりましたな…ま、嫁なんかはわさびが全くダメなんでむしろそれは大歓迎らしいんすけどね。

ただ、わさびも本当に少量でも辛いのはありますしね。

ところで素朴な疑問。高級なわさびってそれこそわずか少量でも鼻がつーんとするぐらい物凄く辛いのもあるんですが、あれを外国人に出したらどう反応するんだろう…。

ま、日本人でも辛いレベルの辛さもあるらしいんで、結局のところ「さび抜きで」って言われるんかなあ、そこで頑固そうな職人風の板前さんが

「いやね、お客さん、これは日本人でも鼻に強烈につーんってくるんですが、本当のお寿司の味を堪能するにはこれ最高なんでさ」

「日本古来の食べ方は、わさびを醤油につけないようにしゃりだけを軽くちょんちょんと醤油につけて喰うと粋ですよ(あ、これは「美味しんぼ」のわさびの話に出てました(笑))

…とか説得力があるように言われたら、果たして韓国人などの外国の旅行者は試してみるんだろうか。それは実は母国の日本人としても物凄いいい寿司職人の人に出会えた稀有な経験なんですけど、旅行者の方々にはそれ(=物凄いホスピタリティ溢れるサービスである)が通じるのかなあ、願わくばいい思い出としてもわかってほしいなあ(苦笑)。

S&B おろし生わさび 310g

S&B おろし生わさび 310g

 
生わさび小3本セット(合計約110g)

生わさび小3本セット(合計約110g)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ