VF甲府の一次合宿終了&解約したスカパーのレンタルチューナーを返却しようとしたところ…。

スポンサーリンク

リモコン
ヴァンフォーレ甲府と我が家のスカパーの話を。

【甲府】1次合宿打ち上げ!吉田監督「全部のバランス良かった」 : スポーツ報知

去年がシーズン中にけが人続出で「大丈夫か、おい?」って感じだったんで、キャンプ中にさほどの大怪我が出なくて何より。

J1ヴァンフォーレ甲府は27日、静岡市での1次合宿を打ち上げた。最終日は、ゲーム形式やシュート練習のメニューを消化し、今季から指揮を執る吉田達磨監督(42)は「全部のバランスが良かった」と、15日間を総括した。30日からは、Jクラブなど練習試合を3戦予定している宮崎での2次合宿(~2月11日)となる。

 充実の15日間だった。最終日は、当初の予定よりも約1時間長い、およそ2時間の練習。シュート練習などで目標のゴール数を設定していた甲府の吉田監督は、「時間で区切っていなかったので」と笑った。そして、1次合宿を振り返り、「(合宿前に)描いていたより、距離感やイメージが整ってきました。大きなけが人も出ず、(僕の)練習やミーティングのやり方も分かったと思います。ハードな練習と回復、おいしいご飯。全部のバランスが良かった」と満足感を口にした。

 チームは2日間のオフを挟み、30日から宮崎での2次合宿に突入する。テーマを問われた吉田監督は、「試合です」とキッパリ。「試合をして修正する。いいところや悪いところを見つけて、選手たちと解決していきたい」。26日には、今季の対外試合2戦目として、静岡大と練習試合(35分×4本)を行い、FWウイルソン(31)が5点を決めるなど、10―0で勝利した。順調にステップを踏んでいる中、対Jクラブなど練習試合が3戦組まれている宮崎で、より一層、力を高めていくことになる。

 在籍17年目となるMF石原克哉(38)も、「いいキャンプでした。宮崎では、自分たちのやり方で、何ができて何ができないのかを理解しつつ、コンセプトを共有していきたい」と意識を高めた。J1開幕まで約1か月。ギアをさらに上げ、切磋琢磨(せっさたくま)していく。(古川 浩司)

吉田達磨新監督が柏の育成世代の指導者として教えることには定評がある(ただし試合の采配としては苦戦してる時の戦術の引き出しの数が多くない、という話も(泣))んで、充実したキャンプになるといいなあと思ってたら。とにかく30代40代のおっさん軍団が多いので、彼らとうまく渡り合いつつ、若手の才能を引き伸ばしてくれるとうれしいですね。

個人的には、JFK氏の時も、樋口氏の時も、まあ佐久間GMの時も就任直後は「ええい、仮にJ2に落ちても3年は様子見してやるわ」的な目で見てるので、紆余曲折はあったけど長い目で見て「いい3年間だったな」と思えればそれでいいですわ。

安易に切るなよ、こんな育て上手を。

【甲府】U15新監督にスペイン1部エスパニョールのアシスタントコーチ : スポーツ報知

いやあ本気だな甲府(汗)。U-12の選手たちが去年世界大会で準優勝してるしなー。

J1ヴァンフォーレ甲府が、U―15の監督に、スペイン1部エスパニョールのU―18でアシスタントコーチ兼フィジカルコーチを務める、スペイン人のルイス・アドリアン・ゴンサレス・ガルシア氏(27)を招聘(しょうへい)することが27日、分かった。甲府の下部組織で外国人が正式に所属して指揮を執るのは初めてとなる。

 甲府はこれまでにも、アカデミーのコーチ・選手のレベルアップを目的に、海外から経験豊富な指導者を臨時コーチとして呼んできた。今回は「トップとアカデミーを融合させていく中で、U―15のところに何か芯が欲しい」(クラブ幹部)と関係者を通じて、わずか27歳ながら日本のS級ライセンスに相当する指導者ライセンスを所持する同氏の招聘に成功した。

 育成年代では、昨季スペイン1部を制した世界屈指のクラブ、バルセロナよりも定評があるエスパニョール。クラブ幹部は「生活の中にサッカーがあるというところを取り入れたい」と同じメニューでも、人数や条件を変えながら、実戦を想定し、細かく練習していく“エスパニョール・メソッド”にも期待した。

 2月上旬に来日予定で、昨年、フランスで開催された12歳以下の世界大会「ダノンネーションズカップ 2016」で準優勝した甲府U―12の選手たちが、英才教育を受けることもできる。また、クラブ幹部は、学んだメソッドをクラブだけではなく、山梨県全体へ普及させたい意向も示した。

 山梨県は球技専用スタジアムの建設へ動いており、「最短で5、6年後に(スタジアムが)できるかもしれない。その際にJ1の優勝争いができるようになりたい」とクラブ幹部。近い将来、トップチームの主力となる可能性も秘めているのが現下部組織の選手たちだ。今季のクラブスローガンにもあるように、トップチームだけでなく、未来のヴァンフォーレ選手たちも「進化」していく。

最後の一文がぐっと来ますなー。最短で5-6年後かー<新スタ完成の可能性(感涙)

スポンサーリンク

スカパーのチューナーを返却した、のだが。

昨日、2009年以来レンタルで使っていたスカパーのチューナー(と、チューナーに入れっぱなしのICカードとB-CASカード)を返却しました。先日電話で返却の希望をシたところ、郵便で書類が届き、その中に同封されていた着払い用の伝票を使ってクロネコさんで送るようになっていて、近所のセブンイレブンで手続きをしてお役御免…となるはずでした。

ところが、寝る前にいつものようにテレビ台のとこに眼鏡を置いてさあ寝ようと思ったら、

「あ、リモコン返し忘れた!!(;゚Д゚)」

と。

仕方ないので今日の午前中、通院する予定だったんで、遠回りして土曜日も営業してる郵便局まで歩いてでかけて、レターパックライトを購入してそれで送ることに。ちっ、レターパックライト代の360円、損したぜい(失笑)。

で、厳密には今月末の契約で来月中に返送すればよかったんですが、今のところスカパーでチャンネル契約してるとこがないので、少し繰り上げての返却となり、まあ7年ちょっと大変にお世話になりました。

来月の開幕戦あたりからはダゾーンでのネット中継を見るわけですが(ツール・ド・フランスの時期はオンデマンドのスカパーのお世話になると思います)、願わくば千葉ロッテ戦でいつも使っているパ・リーグtvぐらいの画質やクオリティがある事を…最初は厳しいかなあ?

月刊スカパー! 2月号

月刊スカパー! 2月号

ヴァンフォーレ甲府あるある

ヴァンフォーレ甲府あるある

  • 作者: コマツサトル,めがねや梅茶
  • 出版社/メーカー: ティー・オーエンタテインメント
  • 発売日: 2014/02/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク