読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【VF甲府】福岡1-2甲府。…文字通り「全俺が号泣」した試合ですた(をい)

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20161022170359j:plain

福岡1-2甲府(スパサカ)

スカパーで見ておりました。時折、NHK総合の新潟対浦和戦もザッピングしながらですが…。いやあ凄かったぁ…(´;ω;`)ウゥゥ

中断明けの3週間ぶりの試合でした。

前節に降格が決まってしまったものの、少しでも順位を上げたいアビスパ福岡と、14-16位前後の残留か降格かの瀬戸際で前節横浜Mに大敗して16位に落ちてしまった甲府との一戦でした。前節より3週間ぶりの試合ということで怪我してた選手が戻って来たりしたので、さて、という感じでした。

先制点を喰らう次第に…しかもオウンゴールで。

で、最初に試合が動いたのはアビスパ福岡の方で前半29分にCKから甲府の稲垣祥がボールをクリアし損ねて(この日は試合前に大雨が降っていて芝生がひどくスリッピーだったそうです)、それがゴールに入ってしまうオウンゴールからでした。

ただ、それ以上に福岡の各選手の気合の入り方、甲府の研究が物凄くしっかりしていたようで、クリアボールもセカンドボールもしっかり確保して攻撃する時間も多く、甲府にとってはほぼノーチャンスのまま前半の試合が進み、前半ロスタイムにドゥドゥのゴールがかろうじてゴールライン際でクリアされ、逆に福岡は前半終了直前にウェリントンの頭でゴールに押し込まれるもこれがオフサイドでノーゴール、という事で2失点目には幸いにもならなかった、という次第でした。

後半早々からダヴィが投入されまして…。

後半に入り、前半の時点でマルキーニョス・パラナが怪我で保坂に途中交代してたのですが、後半開始と同時に稲垣祥に替えてダヴィを投入し、ここからドゥドゥとダヴィの2トップのような態勢で反撃に転ずることになります…といっても、後半も福岡の優勢はやや変わらず、ただし前半殆ど取れなかったCKが取れるようになったり、惜しいシーンが少しずつ見られるようにもなってきてました(もっとも福岡の攻撃も、甲府のGK河田のファインセーブ等でかろうじて抑えていたのも事実でしたが)。

後半20分すぎに、松橋→黒木に替えて甲府は早くも3枚交代枠を使い果たしてしまったのですが、この黒木がうまく攻撃に絡めてきて何度か頭で合わせたりして惜しいシュートをしたりと、やや甲府の攻撃のスイッチが入ってきたような感じになって来ました。

祝!!ダヴィ甲府復帰後初ゴール(感涙)

で、後半34分に、カウンター返しの状態でドゥドゥと橋爪とダヴィが抜け出し、一気に福岡のゴールに迫ることに。最後はドゥドゥ・橋爪対福岡のGKとDFの2対2のような感じから、橋爪がダヴィにパスを出し、それをダヴィが冷静に押し込んでこれが同点弾になりました。

実はこれがダヴィは甲府復帰後初ゴールだったんですね。これまでがなかなか調子が上がらず苦戦してましたので、いやあ良かった良かったと。もっともその試合再開前によくわかんないけどイエローカードまで貰っちゃったのは余計だったんすけど(泣)

で、1-1になって福岡も交代枠を3枚使い切ってきました。また、やや甲府に押し込まれるシーンも増えてきて、それを無理なファウルで止めるので甲府のFKが自然と増えてくる展開に。

そして後半45分に、ペナルティエリアぎりぎりの真横の部分、という物凄い場所から甲府のFKが。

後半終了間際に最大のチャンスをモノにした甲府。

その山本キャプテンの蹴ったクロスは福岡の守備陣にクリアされるものの、それをノーマークの新井涼平が前にふわりとした球を蹴り込み、保坂の鋭いボレーシュートを福岡のGKがパンチングでかろうじてセーブするものの、それをドゥドゥが頭で押し込み甲府逆転、という展開に。

ま、寝室のテレビで視てたんですが、嫁と3歳児の息子は昼寝の真っ最中だったんですね。でもお構いなしに絶叫してたら…息子にギャン泣きされました(自爆)。

最初は「え、年イチの保坂の今季2点目?」と吃驚しました(をい)

それは最初中継を見てた時には保坂が頭で押し込んだように見えまして(スカパーの中継カメラも、実況もそう思ったらしく保坂を追ってました)、

まあこれは試合後に書いたツイートなんすけど、「年イチの保坂が2点目」と思ったがゆえにiPhoneを持つ手が震えて最初の4ケタのパスワードを打つこともできず、仕方ないのでテレビに向かって吠え続けて泣いてました(をい)

www.muroktu.com

www.muroktu.com

↑甲府の保坂選手の「年イチゴール」はここらへんの記事が詳しいです(汗) 

ありがとう浦和ちゃん、ありがとう慎三さん(謎) 

んで、ふと新潟と戦ってる浦和ちゃんはどうなったんだろうと思ったら、

「浦和ちゃんありがとー!!」「慎三サンありがとー!!」と吠える始末(爆)。それにしても数年前の浦和戦では山本キャプテンは慎三サンとやりあってまして、今日の試合は福岡の城後選手とやりあってました。どうも山本キャプテンはああいうやんちゃタイプの選手とケンカになる傾向があるみたいで(苦笑)

しかしあれですね。序盤はいいようにやられてやられてやられて…の末に終盤に思いっきり爆発するっていうのは高倉健主演の任侠映画みたいだな、と(泣)

そして貴重な貴重な勝ち点3を手土産に

…で、試合はそのまま2-1で甲府が福岡に逆転勝ちを果たし、貴重な貴重な勝ち点3を手土産に甲斐の国に戻ることができました。

f:id:tony_togo:20161022172115j:plain

いやあほんとに…。

凄まじい試合でした。そして見終わった後の疲労感半端ねえ…。

で、年間順位的、残留争い的には…。

今日は17位の湘南が残念ながらJ2降格が決まってしまったそうで、下の順位から、福岡負け・湘南負け・甲府勝ち・名古屋引き分け・新潟負け・磐田引き分け…という結果でした。で、勝ち点的には、

再び甲府が残留圏の14位に浮上、負けた新潟が15位、引き分けた名古屋が16位の降格圏に落ちて、更に13位の磐田が、実は今日は名古屋対磐田戦だったんですがここを引き分けて残留確定とはならず。むしろ残り2試合で降格圏まで勝ち点差3、という事態に。

f:id:tony_togo:20161022170359j:plain

↑テレビでこれを見て泣いてました(爆)

言うまでもなく残る2試合も「因縁浅からぬ」難敵ぞろいです。

で、甲府は残る2試合とはアウェーの湘南戦、ホームの鳥栖戦…というJ2時代には因縁浅からぬ関係だった2チームとの対戦が。今節でJ2降格が確定してしまった湘南ということは、つまりは今節の福岡と同じ条件・同じモチベーションで戦ってくると思われるので、やはり油断など全く許されない相手のは言うまでもないですね。

とにかくここまで来たら特にドゥドゥとダヴィには怪我なく2試合戦ってほしいですし、できればチームとして完成した来年にもまた居続けてほしいものだと…あ、ここは頑張るのは甲府のフロントやスポンサー、サポーター諸氏などの皆さんの方なんですけどね。ええい、やるんだったら黎明期の広島カープみたいに、

f:id:tony_togo:20161022171431j:plain

樽募金でも…。

余談

山梨中銀スタジアムではパブリック・ビューイングが行われてたんだそうで…。

いやーすごい(笑)

それと先日、ドゥドゥにはお子様が生まれたんだそうで、ヒーローインタビュー終了後に、

f:id:tony_togo:20161022171131j:plain

はるばるやってきた甲府サポの皆さんと一緒にゆりかごダンスを。ええ、一緒にテレビの前でやってましたわ。

いやあ西松屋とかアカチャンホンポあたりがスポンサーでつかないかなあ(をい)

▼クリック頂けると励みになります!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ