甲府のバウル氏がTVに出てた…え゛、6人目のお子さんできるの?(;゚Д゚)

スポンサーリンク

つい今しがた、明日朝のお米を研ぎにリビングに降りたついでにBGMがわりにテレビを付けたら、甲府のバウル氏こと土屋征夫選手が特集されていた。「へー、これは奇遇な」と思って見てしまいました(なおスマホは二階の自室にあって写真は撮れませんでした(泣))。

スポンサーリンク

もう数少ない「同い年の選手」になっちゃいましたわー。

ちなみにバウル氏、私は実は同い年でして、やはり同い年の千葉ロッテの井口選手もそうなんですがチーム最年長として何かプレーしてアシストとかするたびに「チーム最年長記録」とか何らかの「最年長記録」を作る男、になっちゃっています。

で、奇遇なことに、

共にチーム最古参となった千葉ロッテの福浦和也と、ヴァンフォーレ甲府の石原克哉の「物凄い共通点」とは。(2016/12/18)

共に年下になるんだけど、ロッテには福浦和也、甲府には石原克哉…という、長年チーム一筋の「チーム最古参」がいて、チーム最年長の本人たちはそれぞれ別のチームでデビューしていろんなチームを渡り歩いて現在のチームに来たという共通点もあります。

ロッテの井口選手はメジャーリーグの数チームを渡り歩き、バウル氏はプロデビュー前にブラジルにサッカー留学しにいったりJ1-2のいろんなチームを渡り歩いた…というこれまた共通点があるんですね(ついでに書くとロッテの井口と福浦の場合は年齢は井口のほうが1学年上なんですが、井口は大卒、福浦は高卒でプロになってるんでプロ年数的には福浦のほうが長いんですけどね)。

(たぶんスタメンや先発投手の面々を見る限り、実はロッテも伊東勤監督の方針はそうだと思うんですが)甲府も吉田達磨監督を招聘しまして、特に吉田氏は柏レイソルの若年層のチームで選手を育成するのに定評がある人で、それで一昨年は柏のトップチーム、去年は新潟、今年は甲府…とそれぞれのチームに監督で呼ばれてそれぞれのチームで「世代交代」も目論んでそれを試みていると思うんですが…やはりバウル氏も、生え抜き大ベテランの石原克哉も、J1のリーグ戦に関しては出場機会が減っています。むしろベンチ入りする回数自体もそんなにないんではないのか?というぐらいに。一方で、カップ戦のルヴァンカップの方ではリーグ戦に出ていない選手たち、いわゆる「Bチーム」の面々で組まれることが多いんですが、こちらの方でこないだは両選手、頑張ってましたね。

こないだの新潟戦、オーバーラップしてアシストまで決めてました。

先日のルヴァンカップの新潟戦で、「保坂の年一ゴール」が出たという記事を書いた時にもリンクを貼ったんですが、

これもよくよく見ると、実はセンターバック(自陣のゴール前)で守ってたバウル氏が敵陣のゴール前までオーバーラップ、つまりは果敢に攻め込んでたのがゴールが生まれるきっかけになってたんですね。バウル→河本→バウル→保坂…というワンツーパス→クロスから決まったんですが、考えてみれば試合終了間際に相手のゴール前から70メートル以上を突っ走ってくるその体力があるのか42歳。という意味では「いやはや、凄い」と(ちなみに石原克哉選手もスタメンでした。どうも1トップのポジションだったそうです(汗))。

※それがわかると、なんでゴールを決めた保坂選手がわざわざバウル氏の方に抱きつきに行ったかがよーくわかるわけですな(笑)。そりゃ「保坂の年イチ」も凄いけど、バウルさん、よくぞここまで走ってきてアシストまで決めたぞ、すげえやおい、これもしかして最年長アシストか?と(^_^;)

いやあ、甲府も世代交代を図ってるだけにバウル氏の出場機会じたいが少しずつ減ってるからなんとも言い難いんですが…でも石原克哉選手ともども、これほど若手・中堅の選手たちに慕われていて、お手本にもなってる選手もいないですしね、一年でも長く現役を、そして甲府でプレーしてほしいなあと思いますです。はい。

え、6人目のお子さんが?

で、去年の1月ぐらいにこんな記事を書いてました。

甲府のバウル氏、5人目のお子様、しかも4人目の娘さんが生まれてたのか(汗)

…だったんですが、今日の放送見てびっくり。

6人目のお子さんが生まれる予定

だそーです(大汗)。

すげえなあ、バウル氏、甲府に単身赴任してるのに。どうも週に一度だけ東京の方の自宅に戻ってるそうなんすけどね。ある意味で同い年で18歳の息子さんを筆頭に5人のお子さんもいて、更にもうひとりとは…。すごい体力。そして亭主の留守を守ってる奥さんえらいわ(感涙)。

いやあまさに(笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク