【VF甲府】今日は大宮戦、千葉から「復帰」した阿部翔平、いきなりスタメン起用なのか(汗)

スポンサーリンク

【甲府】DF阿部、移籍即スタメン!「アシストもしたいですね」(スポーツ報知)

今朝方から県外の甲府サポのお歴々がTwitterで甲府に向かっているというツイートを見てたんですが、3連休の初日でスーパーあずさ号の自由席が超満員とかだったらしいです(汗)。ただ、大月でごそっと降りちゃったという話も…。

J1ヴァンフォーレ甲府のDF阿部翔平(33)が、新加入後初戦となる18日のホーム・大宮戦(中銀スタ)で先発する可能性が高まった。2014、15年に甲府に在籍したレフティーは、12日にJ2千葉から期限付き移籍で加入。山梨県内で行われた17日の前日練習では主力組でプレーし、シュート練習では左サイドから高精度なクロスを供給した。16日にメルボルンV(オーストラリア)から完全移籍した元オーストラリア代表MFボザニッチ(28)もこの日、チーム練習に合流した。

 違和感なく、チームになじんでいた。笑顔も見せながら、大宮戦の前日練習に取り組んだ阿部。千葉から期限付き移籍し、13日からチーム練習に合流。Jリーグの追加登録も完了した。調整期間はわずかだが、14、15年に甲府に在籍していただけに、“復帰初戦”へ向け、「楽しみな部分が多い。どんなプレーをするか知っている選手や、僕のことを知っている選手もいるので」と不安はない。

 Jリーグで90分間フル出場したのは、昨季10月8日の京都戦(フクアリ)が最後で、今季は、千葉で開幕からリーグ戦3戦連続ベンチ外。体力面に関しては、未知数の部分もあるが、「(もし先発したら)90分できたらベストですが、やれるところまでやりたいです」と、最初からフルパワーで臨む。吉田達磨監督(42)も「なじむのにも時間がかからない」と期待を寄せる。

 前回在籍した2シーズンでは、リーグ戦全68試合中67試合で先発。「全体的な前への推進力が上がっている」と現チームの印象を話した。J1での大宮戦は4勝4引き分け4敗と五分だが、ホームでは2006年以来、勝利はない。昨季からリーグ戦のホームゲームは3戦連続無得点で3連敗中。今季初の勝ち点3へ、得点は最低条件だ。「(大宮戦での)悪い印象はありません。大事な試合。自分はあまり気負いしないタイプ。アシストもしたいですね」。頼れる背番号27が中銀スタジアムに帰ってくる。

2年ぶりなのに違和感が全く無いのが凄い(笑)

それにしても復帰即スタメンってのもまた…。

それにしても2014-15年シーズンでJ1のリーグ戦でいつも見てたよなーとは思ってたが、まさか68試合中67試合も先発で出てたとは(大汗)。

で、調べたら「唯一先発で出てなかった試合」は、2015年最終節の甲府対清水戦だったらしく、実は私、この試合は見に行ってるんですね。嫁さんが誕生日プレゼントでチケット&往復のホリデービューやまなし号のグリーン車指定席券をプレゼントしてくれまして。いやあ保坂の年イチゴールが見れて山梨中銀スタジアムは大盛り上がりだったんすけど、阿部翔平が唯一先発出場してなかったという意味でも「レアな」試合だったんすね、これ(苦笑)。

ついでに書くとこの時の阿部翔平の代わりにサイドバックで出てたのが若手の橋爪勇樹で、昨年は阿部翔平が抜けたサイドバックでかなり起用されていて重宝もしてたんですが…いやあさすがに橋爪もこのままじゃ終われないね。左右の違いはあれども松橋優とか、今日はおそらく2列めあたりで起用されるだろう田中ユースケとかと、熾烈なポジション争いが繰り広げられるんだろうなあ。タフだし、フリーキックもコーナーキックも巧くて多彩だしで、できるだけベテランの域に差し掛かってる阿部翔平から盗めるところは盗んでうまくなってほしいですわ。

佐久間「GM」の辣腕っぷりが(苦笑)

それと同時に思うのは、たぶん佐久間GM兼副社長が「虎視眈々と」狙ってたんだろうな、「どうもアベショーは千葉の新監督から見たら戦術的には合わないらしいぞ」と。もしくはGMが持っているネットワークで早々とそれキャッチしてたのか。

やはりあの佐久間氏は監督の采配としてはちょっと気後れというか、交代とかが一歩遅いなあという印象があるんですが(去年の終盤はチーム内部崩壊の危機もあったそうですし)、もともとは2011年の三浦元監督と、2015年に樋口元監督が途中交代して就任した時も「代わりが居なかったから」という理由が大きいですし、昨年の2016年シーズンも「シーズンオフ→キャンプ→シーズン開始の期間が短すぎて新しい監督に託することができなかった」から続投したって話もありましたしで。本当は2015年シーズン終了と共に退任してGM専任になる予定が、1年延びちゃったそうなんすよね。そういう意味ではGMとしての辣腕を思いっきり奮ってるという言い方もできるわけですなー。去年から副社長まで兼任しちゃったし。監督辞めても忙しいのは全く変わってなさそうだ。

個人的には昨年、逆に千葉からやってきて(しかも戦力外になってトライアウトを経て)、甲府で躍動して5-6ゴールも記録してしかもフル出場まで果たしてくれた(そして警告による出場停止もなかった)田中ユースケと一緒にプレーが見れるのがほんとに楽しみです。堀米勇輝はおそらく後半途中でスタミナが切れるぐらい前半フルスロットルで走りまくるんでしょうし、そしたらたぶんドゥドゥが出てきてウイルソンとコンビを組むという流れだと思うんですが…ちょっと去年の甲府とは少し違うぞ、ってとこを見せてほしいですね。もっとも大宮も今のとこ開幕3連敗らしいんですが、J1のチームはどこも難敵なのは全く変わりないですし、くれぐれも油断召されぬよう。

元・豪州代表のボザニッチも合流しました。

【甲府】MFボザニッチ、歓迎「うれしい」来月2日札幌戦に照準(スポーツ報知)

先日記事で取り上げましたが…本当に今年は動きが早い。

甲府の新外国人MFボザニッチが17日、チーム練習に合流した。16日にはメディカルチェックも済ませ、この日、さっそくフルメニューをこなした。甲府の選手たちともコミュニケーションを取り、「日本でサッカーがやりたかった。温かく歓迎してもらえて、うれしい」と笑った。

 日本でプレーするのは初めてとなるが、「アジアの中でもJリーグのレベルは高い。大きなチャンス。成功できるように頑張りたい」と意気込んだ。コンディションも「問題ない」状態で、順調に登録が完了すれば、4月2日のホーム・札幌戦(中銀スタ)からの出場も期待されるレフティー。自身について、「ハードワークもチャンスメイクもできる選手」と説明した。

 オーストラリア代表として14年のブラジルW杯にも出場した背番号21は「スタメンで多くの試合に出られるように全力を尽くす。オリバーかオリって呼んでほしいね」とリクエストした。

中盤やボランチを主に守る選手らしいですね。甲府の場合はがっちり守ってというとこから入るので、でも昨年以前と違って「守るだけじゃなくて攻めるとは攻める」ようにもなったんで、やはりボランチ周辺の選手は大変…小椋・兵働の両選手が加入して、更に保坂・黒木といった昨年のレギュラーを張ってた選手もいるけども、体力的にタフで前にもボールを供給できるパスを送れるような選手が入ったのは本当に大きいですね…。去年はその保坂・黒木が同じ名古屋戦で共に怪我をしてしまって大変なことになってましたから。勿論、ルーキーやスタメン争いをしてる選手たちにとっても物凄いいい刺激になることを祈っております。

で、今日は14時キックオフなんですが…頑張れ、DAZN(←そっちか?)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク