読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

をを、ついに「笑点」の大喜利の司会を引退するのか、歌丸師匠…。

雑談

スポンサーリンク

桂歌丸「笑点」50周年で大喜利司会引退発表 ラストは5月22日生放送 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

まあ近年は肺炎とか腸閉塞とか患って本当に大変だったらしいですしね…。

落語家の桂歌丸(79)が30日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビ「笑点50周年記念スペシャル」(5月15日、後5・00)の収録に参加。「来週(5月22日)の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と勇退を宣言。歌丸の後任司会は検討中。今後、歌丸は終身名誉司会に就任、「笑点」の直前に放送されている5分番組の「もう笑点」(日曜、後5・25)には出演する。歌丸はこの日の収録後、大喜利メンバーとともに会見に出席した。

 5月15日放送回で満50年を迎える「笑点」。初回放送から参加する唯一の出演者でもある歌丸だが、昨年6月に腸閉塞(へいそく)で2カ月近く入院、今でも普段の移動は車椅子と体調は万全ではなかった。22日に行われたNHKの番組収録で「笑点」への出演に関して「内緒ですがね、そろそろ考えないといけない時期ではと思っています」などと引き際についてコメントし、発言が注目されていた。

 収録の最後に5月22日は生放送であることを報告したうえで、「来週の放送を最後に大喜利の司会をやめさせていただきたいと思っております」と切り出した歌丸。「若い方々に譲らなければ長くは続きません。50年間、いろんなことがありました。最後の大喜利、生放送を一生懸命務めさせていただきます」と司会引退を宣言した。

 会見では「あっという間に50年過ぎました。いろいろなことがありました。笑点全部が1番の思い出です。番組自体がよく持ったと感心しております」としみじみ語った歌丸。引退について「体力の限界なんです」とキッパリ。「歩くことが大変に苦しい。歩くと、肺気腫を患って、息切れしてしまう。これ以上続けて行くと、今までだって、ずいぶんスタッフさんにご迷惑をお掛けしていますが、これ以上の迷惑はかけてはいけない」と経緯を説明した。

 昨年秋に日本テレビ側に司会引退を申し入れたといい、「正直、寂しいです。50年間、しゃかりきになってやってきた番組。この『笑点』で名前と顔を全国的に売りだしてくださった。でも、踏ん切りをつけないと席を譲ることができない。席を譲りました」と話した。

 今後、歌丸は終身名誉司会に就任、「笑点」の直前に放送されている5分番組の「もう笑点」には出演する。歌丸の後任司会は検討中。

 また、この日の収録の「スペシャル大喜利」には女優の仲間由紀恵(36)が参加した。

しかしまあ「笑点」も50周年ですか…。

今は亡き立川談志師匠が「金曜夜席」という、金曜の夜にやっていた今の笑点の原型ともいえる番組を日曜日夕方に持ってきて、当時の三浦綾子先生の小説「氷点」をもじって談志師匠が名づけた…という番組だったんだそうですが、まさかこんなに長く続くとは…って、草葉の陰で、談志師匠も先代の圓楽師匠もびっくりされてるんでしょうね…。

あの番組開始時は真打になってたのは談志師匠と圓楽師匠だけで、歌丸師匠もこん平師匠もまだ二つ目だったという若いレギュラーメンバーで構成されていたんだそうで。まさか歌丸師匠も80歳になろうとするまでこの番組に出続けることになるとは…と。

で、次の司会者は誰になるんだか。

どうも楽太郎→6代目円楽師匠が次の、という話も以前からかねがね噂になってたらしいんですが、あの師匠は司会者をいじってざぶとんを取られるのが華、というか、まあどうでもいいウンチクを語ってざぶとんを取られたり、政治風刺ネタを言ってざぶとんを貰ったり…というキャラクターですしね。なんかこのまま歌丸師匠の後に司会の席に座るとも思えないんだけど…。

となると、意外に物おじしないようなタイプの新しいメンバーを迎え入れて、先輩でも遠慮せずにパアパア言えて仕切れる人でも…うーん、誰かいねえかー、落語家ぢゃなくてもかつての「てんぷくトリオ」の三波伸介師匠みたいな人でもいいんだけど(お笑いにも精通していて、落語にも造詣が深い、って意味では)。

てなこと書いてたら、ふと思ったのは、「じゃ、後任の司会として元落語家の伊集院光サンにオファーを」とか…さすがにそれはないか(爆)。

伊集院御大、いまだに落語家時代の師匠である6代目円楽師匠に頭が上がらないとか、笑点のテーマソングを聞くと自然と正座しちゃっている、とか結構新弟子・前座時代の癖が抜け切れてない、とか以前「深夜の馬鹿力」で言ってましたな…。でもそれを度外視して一度は伊集院御大が諸先輩方を仕切るとこは見てみたいような(苦笑)。あれほど落語に造詣が深くてアドリブができて返しが鋭いタレントもなかなかいないと思いますぞ…絶対に伊集院御大、断るだろうけどw

ま、誰でもソツなく行けるんでしょうけどね、木久扇師匠以外はw

で、凄いのは5月22日は裏番組では大相撲の千秋楽が。

んでその生放送で歌丸師匠最後の大喜利司会の回は、裏番組では長年、年に6回は戦っている大相撲の本場所(今回は5月場所で東京開催)の千秋楽なんすよね。

大概、大相撲も優勝がすんなり本割り(通常の1日1番取る相撲の事です)で決まってしまえば、笑点の放送する17時半は、表彰式の時間帯でそれほど影響は少ないんですが、これが優勝決定戦に持ち込まれると完ぺきに時間帯がバッティングする、と。

そう考えると、歌丸師匠は長年、この大相撲の初日・中日・千秋楽と3日を年6回、放送で言えば全18回分と戦ってきたんだなあと実感。丸50年だとすると、年6回×3日×50年=900回分、ですか。毎週1回放送して年52回、それで900回に達するには17.3年。それだけでも凄いわ。

 

…となると願わくば歌丸師匠にはご存命のうちに落語界4人目の人間国宝になっていただいて(泣)。本当にお疲れ様でした。 

笑点 座布団カバー

笑点 座布団カバー

 
笑点

笑点

 
歌丸 極上人生 (祥伝社黄金文庫)

歌丸 極上人生 (祥伝社黄金文庫)

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ