読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ロッテ8-3阪神。何度か危ない場面がありつつもルーキーの関谷投手が粘ってくれました。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Hanshin Tigers Game

ロッテ関谷が粘りの投球2勝目、伊東監督3連勝狙う - 野球 : 日刊スポーツ

結構何度か危ない場面もありましたが、よくぞルーキー関谷が粘ってくれてました(笑)

<日本生命セパ交流戦:ロッテ8-3阪神>◇8日◇QVCマリン

 ロッテのドラフト2位関谷亮太投手(25)が阪神打線を5回2/3、6安打2失点(自責1)に抑え、2勝目を挙げた。

  毎回走者を背負ったが、要所を抑え、6回途中まで投げた。本拠地初のお立ち台に上がると、「本当に、たくさんの応援、ありがとうございます。また、お立ち台に上がれるよう頑張ります。関谷でした」と、地元ファンにあいさつ。大きな拍手を浴びた。

  チームは阪神に2連勝。伊東勤監督(53)は「関谷は粘りある投球をしてくれた。2つ取れた。明日も欲を出していきたい」と、同一カード3連勝へ意欲をみせた。

特に3回表の2死満塁で打者はこれまたルーキーの高山選手。この場面でかなり粘られたんですが、最後は内角低めのストレートを見逃し三振に斬って取った時には思わず「おおっ」と唸りましたねー。後述しますが審判のジャッジも、低めをストライクで取ったり取らなかったりで6回途中までで113球も要していまして、結構苦労して投げてた感がありましたけどね。

「あいつだけには打たれたくない」

“幕張のアニキ”関谷 高・大後輩高山斬り「あいつだけには…」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

中継で何度も言ってんですが、ロッテの関谷と、阪神の高山が日大三高→明治大の先輩後輩同士だったってのを知って「それもまた奇遇だな…」と。関谷はJR東日本を経てプロ入りしてるんで、2年先輩なんだそうですが…。

クールな表情のロッテ・関谷だが内面は燃えていた。1―1の3回2死満塁。打席には日大三、明大と同じ道を歩んできた2学年下の高山がいた。

 「あいつだけには負けたくない」。最後は内角低めの直球。捕手のミットがほとんど動かないほど抜群の制球で見逃し三振を奪ってピンチを脱した。甲子園を制し、明大でも常に脚光を浴びてきた後輩には「格上じゃないけどずっと注目されて凄いところを通ってきた」と称えるが、プロの世界での初対戦は3打数無安打に抑え込んだ。

 5回2/3で113球を要し2失点と、毎回走者を背負いながらも粘った。青柳との新人対決も制し、2勝目。初めての本拠地のお立ち台では、顔が似ていると評判の阪神・金本監督になぞらえ「幕張のアニキ」と呼ばれ「それは恐れ多いので…」と冷や汗をかいたが、最後は「またお立ち台に上がれるように頑張ります」と声を張り上げた。

ついでに書くと、阪神の先発の青柳投手(右のアンダースローとも低めのサイドスローともいえるような変則的な投げ方をする興味深い投手でした)もルーキーで、この選手は川崎工科高校→帝京大学→阪神と進んだそうなんですが、この川崎工科高校は2010年に校名変更するまでは川崎工業高校で、ロッテの内投手の母校なんですね(敷地も川崎工業と同じ場所にあるんだそうです)。なので先輩後輩関係にあたるそうで…。

危うくナバーロがデスパイネを追い抜きそうに(汗)

ロッテ鈴木適時打も三塁憤死に伊東監督からチクリ - 野球 : 日刊スポーツ

鈴木大地はこの日4打点。その最初の2点タイムリー2ベースのシーンでした。

<日本生命セパ交流戦:ロッテ8-3阪神>◇8日◇QVCマリン
 ロッテが1-1の3回に3点を勝ち越した。

  まずは、1死一、二塁でヤマイコ・ナバーロ内野手(28)が中前打。阪神青柳の真っすぐを打ち返し、三塁走者をかえした。「今はゲームに集中させてくれ。次も自分のスイングをするだけ」と話した。

  なお1死一、二塁で、鈴木大地内野手(26)が右越え二塁打を放ち、2点を加えた。ただ、二塁を蹴って三塁を狙ったが憤死。「(伊東)監督に『初球から行け』と言われていたので、その通り初球から積極的に行けたのがいい結果につながりました。(先発の)関谷を楽にしてあげたいですからね。ベンチに戻ったら監督から『もう少し足が速かったらな』と言われました」と苦笑いだった。

もっとも、この時は1塁ランナーのナバーロが意外に駿足で(←失礼(泣))、2塁ランナーのデスパイネを危うく追い抜きそうになるぐらいの疾走っぷりで2点が入りまして。中継を見てて(昨日はパリーグtvとチバテレビを交互に見てました)心配になったりと(をい)。勿論前のランナーを追い抜いたらアウトになりますしね。

で、今日は阪神3連戦の3戦目。阪神の予告先発は藤浪投手、ロッテは二木投手だそうで…いやあまた難敵が。

伊東監督「判定のばらつきがひどすぎる」

ロッテ・伊東監督、球審に激怒「判定のばらつきがひどすぎる」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

いや、これは中継見ていて確かに、と。

(セ・パ交流戦、ロッテ8-3阪神、2回戦、ロッテ2勝、8日、QVC)

試合終了後、「悪いけど、きょうはいわせてもらう」と伊東監督がキレた。山口球審に対するクレームだ。「判定のばらつきがひどすぎる。同じコースを(ストライクに)とったり、とらなかったり。ウチだけじゃなく、相手もゾーンに苦しんでいた」と珍しく怒り心頭。「前もあの審判で試合が長引いた。勉強してもらわないと困る」と収まる気配はなかった。

 Jリーグの試合もトンデモ系のジャッジをする審判がぼちぼちいるんですが…プロ野球もねえ。ちなみに昨日は伊東監督の言うとおり、ロッテにも阪神にも「きつい」判定が多かったような気がしますねー。ま、その意味じゃ公平っちゃ公平なんだけど、そういう意味の調整や公平はいらねえからしっかり仕事しろ、と。

余談:甲府よ、ソコジャナイ(泣)

しばらく甲府の話題も書いてなかったな…と思ってたら。

【トレーニングトピックス】ヴァンフォーレ甲府『盛り塩を検討』|Jリーグみるならスカパー!|スカパー!サッカー中継

怪我人があまりに多いんで盛り塩を…ってそこじゃないだろ(自爆)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ