てるみくらぶ曰く「出国した人は自力でなんとかして」←ウルトラクイズの罰ゲームか(呆)

スポンサーリンク

てるみくらぶ「出国した人は自力で対処を」(日本テレビ)

んな日テレの記事というわけでもないんだが、記事見た瞬間に「んなうるとらくいずの罰ゲームぢゃねえんだから」とツッコミを禁じ得ない私が(大汗)。

海外ツアーの航空券が発券できなくなるなどのトラブルが相次いでいる旅行会社「てるみくらぶ」が27日、東京地裁に破産を申請し、認められた。負債額は151億円にのぼり、最大9万人となる旅行者へのツアー代金の全額返済は厳しい見通しだ。

■「てるみくらぶ」が破産手続き

 27日、旅行会社「てるみくらぶ」の山田社長が資金繰りの悪化から事業の継続を断念し、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことを明らかにした。先週24日から、主催するツアーの航空券が発券できなくなったり、ホテルが予約できていなかったりするトラブルが相次いでいた「てるみくらぶ」。

 「てるみくらぶ」の韓国・釜山へのツアーに参加し、27日、帰国した女性は「ホテルの部屋はキャンセルされていました」と話す。現地に着いたところ「てるみくらぶ」の予約を代行していた韓国の旅行会社はホテルをキャンセルしていたという。「自分たちは『てるみくらぶ』からのお金をもらっていないから、それは(予約)はできないということで」女性は改めて宿泊費を払って泊まったという。

 なぜ、このような事態になってしまったのだろうか。山田社長は「一昨年の春から、新聞広告を打ち出しまして、一言で言うと媒体コストがかかりすぎ、経費のかかりすぎということで、それが一番の要因だと思っております」と説明、新聞広告が経営を圧迫し、15年の春ごろから経営状態が悪化したという。

 そして先週23日、航空券の発券に必要となる国際航空運送協会(=IATA)への支払日に、支払い額、約4億円が用意できず破産申請に至ったという。しかし、私たちの取材で、それ以前に異変がみられていたことがわかった。

まあ計画倒産臭いんだけどね。

数日前から大騒ぎになっているというニュースを見て「うーん、やはり海外旅行とか行くにはそれなりの保障は要るよなあ」と思ったのと同時に、「なんか計画倒産っぽいなあ、これ。」という感じも。なんか昔からこういう話は他社でもニュースになっていて、しかもおんなじように会社と連絡が取れないとか、倒産・破産して、お金も返ってこない…とか何度かこのパターンは見てきてるだけに「いやあやっぱし、安かろう悪かろうってあるんだな」という気持ちが否めない。もちろん、これで被害を受けてしまった方々にはご同情を禁じ得ないのは言うまでもないけど。

スポンサーリンク

しかしウルトラクイズの罰ゲームかよ、と。

記事の最後のほうがまたひどい。

■「詐欺を働くとかは毛頭ない」

 23日の国際航空運送協会(=IATA)への支払いができなくなったとわかったのは前日の22日だったと話した山田社長。しかし、23日には、メールマガジンを配信。同じ日には新聞に大きな広告を掲載していた。

 経営状態が悪いのにもかかわらずお金を集めていたのではという問いかけに対し、山田社長は「まったくそんなことはなくて、とにかくIATAがダメになったとしても、最後の最後までスポンサーとも掛け合い、銀行さんとも掛け合って、今日このような状態になる、このような結果を招くとまったく考えてもいなかったので」「詐欺を働くとかそういうことは最初から毛頭考えておりません」と説明した。

 「てるみくらぶ」が会見で明らかにした負債額は151億円。このうちすでに旅行代金を支払った一般旅行者、最大で9万人への債務は約100億円にのぼるという。しかし、日本旅行業協会から支払われる弁済保証金の限度額は1億2000万円で、わずか1%にしかあたらないため、ツアー代金の全額返済は厳しい見通しだ。

はいはい。倒産した会社の偉い人はみんなそうおっしゃいますし。まあ確信犯でしょうね。まさに自転車操業か。

■出国した人は自力で対処を

 「てるみくらぶ」は、すでに航空券を受け取っていても、現地で宿泊できないなどのトラブルの可能性があるとして、渡航を控えるよう呼びかけている。一方で、すでに海外へ出国した人については、自力で対処してもらうしかないとしている。さらに、社長の経営判断ミスが今回の事態を招いたのかと問われ、山田社長は「はい、まさしくそうでございます」と答えた。

 観光庁は、26日の時点で「てるみくらぶ」の客約2500人が38の国と地域に滞在しているとし、安全に帰国できるよう対応を急いでいます。

「カネは返せないし、出国してる人は自力で対処してねー(はあとか。凄いな、アメリカ横断ウルトラクイズの罰ゲームよりもひどいw

ま、ウルトラクイズの場合、回後半の、7-8人ぐらいから負けた1人敗者の人はチケットを手渡されてほぼ1人で日本まで帰国させられてたらしいんですけどね。宿のランクもツアーよりも少し格下げされて、ひとりぽつんとなるんで、そこで初めて不安と「ああ負けたんだ」という実感が湧いてきてむしろ罰ゲームよりもきつくて涙が出てくる、なんつー話をどこかで読んだ記憶があります。で、また米国内だったらまだしも、例えば南米とかに行った回だと、日本への直通便がないとこからひとりで帰ることになるんで、チケットとかは手渡されていても言葉は通じないし、周りに誰もいないしで…。

まああの番組のロケを担当してたのは近ツリだったそうで、どんな僻地でもちゃんと日本には帰ってこれて行方不明になった挑戦者は誰もいなかったそうですけどね(←そりゃそうだw)。

しかしまー外国で手持ちのお金も懐も寂しい時にこれで宿から叩き出されてたり、日本においそれと帰れない状況下に置かれているお客さんの気持ちになるとなあ。これから出国という時に出かけられなくなったのも腹立たしいけど、むしろ前者のほうが極めてハードだわ。どうせ大して商法違反的な事で立件とか逮捕とかされるわけでもなく、倒産した債務処理は残るけど、てめえの懐はさして痛まないんだろうし…で、まあ一般客としては、多少の保障も利くような旅行会社を選んで未然に自分を守るってのも必要なんでしょうね。困ったもんだ。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク