読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【天皇杯決勝】浦和レッズ対ガンバ大阪戦

スポーツ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/26414679@N05/4669348333

photo by TAKA@P.P.R.S

G大阪パトリック2発で連覇!J創設から4度目V - 天皇杯 : 日刊スポーツ

帰省してた実家で試合開始直後のみ、帰宅後録画してたビデオで見ました。

<天皇杯:G大阪2-1浦和>◇決勝◇1日◇味スタ
 G大阪が天皇杯2連覇を達成した。
  浦和は前半10分に右CKのクロスから、相手選手のクリアボールをゴール左サイドにいたDF槙野がダイレクトシュート放つも相手GKにキャッチされる。
  G大阪は前半25分に左サイドFW宇佐美のクロスに、ゴール前でFWパトリックが頭で合わせるも、ゴール右に外れゴールならなかった。
  G大阪が前半32分にカウンターから先制点を奪う。前線のFWパトリックに中盤から裏へ抜け出すパス。相手GKとの1対1から冷静に右足で決め先制ゴールを決めた。
  浦和は前半35分に右からのクロスをFW李が頭で合わせるも左ポストに当たる。こぼれ球を詰めていたMF興梠が左足で決め、同点に追いついた。そのまま前半が終了し同点で折り返す。
  G大阪は後半8分に右CKからFWパトリックが右足で合わせ、追加点を奪う。
  浦和は後半にFWズラタン、MF関根を投入し追加点を狙いにいくも、得点を奪えずそのまま試合終了。G大阪がJ創設の1993年から4度目の天皇杯を制した。

あれだけ猛攻でも点が入らないサッカーの難しさよ。

うーん、なんつーか、

浦和は「持って無い」なあ…(泣)

前半に先制されてすぐに追いついたところまでは良かったんですけどね。かなり得点のチャンスがあったのにガンバの堅守、特にGK東口のセーブに阻まれてなかなか取れない中、ガンバのFKでパトリックにマークついてた槙野(私では「槙野大先生」と呼んでおりますが(汗))が味方と交錯したか何かでマークを振り切られて決められたシーンは、「うーん、凄い」と唸るしかなかった。柏木の師匠が準決勝の柏戦での怪我で欠いてたんですが、やはり攻撃面としては、彼の不在が大きかったんですかね…。

でも凄い試合でしたね。

ま、ミシャ監督が「持って無い」人なのかもしれませんが、考えてみれば、もともとの浦和のチームの体質、というかチームの歴史の過程のある程度のパターンのような気もしますが(思えばミスターレッズの福田正博氏が現役の頃は3大タイトルも、J2も、いずれも優勝できなかったわけですしね…で、その引退した翌年にナビスコ杯を優勝したりとかで)、まあそこらへんの運不運もあったような気がしますね。ふと、2009年までは浦和をメインに応援してたのでそんなことを考えちゃいましたわ。

でも思いっきり引き締まったいい試合だと思いましたけどね。今はメインに応援してる甲府も、せいぜい進めてもベスト8どまりだし…。うらやましい限りです。

で、ガンバの遠藤選手が夜、テレビに出てまして…。

…で、晩飯を食べてる途中に、TOKIOの番組で、ガンバの遠藤が通天閣近くの商店街のど真ん中でFKでバイクにボールを載せられるか、という企画をやってまして、雨の中本当に成功させちゃいまして、私もそうですが、嫁とか、一緒に飯食ってたおばあちゃんとかも「すげー!!!」と驚愕してテレビに向かって拍手する次第に。あれを見て「いや、遠藤選手、天皇杯優勝おめでとう!!」と手を叩いて祝福してましたわー。ああいうのを見て、「おお、あの遠藤という凄い選手がいるチームか。見てみたいもんだな」一般視聴者がJリーグに興味を持ってくれるとうれしいんですけどね。特にガンバ大阪は今年から、新しいスタジアムに移転するわけですし。

追記

こういうツイートを拝見して一瞬「絶句」した。

なんでや瓦斯さん関係ないやろ、と(号泣)。

遠藤保仁がいればチームの勝ち点は117%になる データが見せるサッカーの新しい魅力 (SB新書)

遠藤保仁がいればチームの勝ち点は117%になる データが見せるサッカーの新しい魅力 (SB新書)

 
白紙からの選択

白紙からの選択

 
万博公園Walker (ウォーカームック)

万博公園Walker (ウォーカームック)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ