【千葉ロッテ】平沢大河が政宗公像の前で誓いを立てて、角中が親会社からアイスを大量に貰ってた(苦笑)

スポンサーリンク

「伊達政宗」像

ロッテ平沢大河“独”眼竜の前で“独”り立ち宣言 – 野球 : 日刊スポーツ

ま、今年はルーキーで野球漬けの一年だったから休むことも大事だよ、と。でも間違っても仲間集まって酒とか飲むなよ、まだ未成年なんだから(苦笑)

郷里の英雄に来季の飛躍を誓った。宮城に帰省中のロッテ平沢大河内野手(19)が25日、仙台・青葉城跡を訪問。独眼竜こと伊達政宗の銅像を前に、2年目の目標に「独」としたためた。プロとして独り立ちし、資格が残る新人王争いでも独走する意気込みだ。

 平沢は初めて青葉城跡を訪れた。馬上の政宗像をしげしげと眺めた。「テレビでよく見ます。有名ですよね」。郷里の英雄を前に、来季の目標を考えた。1分、2分。じっくり時間をかけた末に「独」と、力強く記した。独眼竜を前に、思いを明かした。

 平沢 プロとして独り立ちしたいという意味もあるし、来年で20歳になる。1人の人間として独立したいです。新人王争いも独走できればいいですね。

 宮城に帰省した前日24日に19歳になった。ドラフト1位ルーキーの1年目は23試合にとどまり、打率1割4分9厘。直球に差し込まれる場面もあり、プロの厳しさを味わった。「来年は今年より多く試合に出たい」と正直に言った。

 19歳は、独眼竜に刺激を受けた。その政宗は、同じ19歳の時には既に家督を継いでおり、周辺勢力との争いに乗り出していた。そのことを知った平沢は「だいぶ早いですね」と目を丸くした。「もし10年早く生まれていたら天下を取ったかも、という話は聞いたことあります。僕も(政宗のように)なれるように頑張ります」と、仙台の町を見渡しながら言った。

 手応えはある。11月末から、台湾のウインターリーグにイースタン選抜として参加。「他の人は練習している中、自分は試合が出来た。(秋季)キャンプからやっていることを試せたので、経験をつなげられたら」。生きた球でフォームやタイミングの取り方をいろいろと試した。18試合で打率2割8分、2本塁打、13打点。ウエスタン選抜のオリックス斎藤からは右翼席上段へ特大アーチを放った。「1年前より良くなってます」と成長を実感した。

 年末年始は実家で過ごし、年明けから浦和で自主トレを行う。「仙台、落ち着きますね」。故郷の空の下、しばしの休息。来年は、天下に名をとどろかせる。【古川真弥】

 ◆平沢の1年目 2月の石垣島キャンプは1軍スタートも、オープン戦で結果を出せず3月中旬に2軍降格。5月11日に初昇格したが、10打席無安打で10日後に降格。7月30日に再昇格すると、8月17日の楽天戦で通算24打席目でプロ初安打を放った。9月1日に再び降格。最終成績は、23試合、47打数7安打、打率1割4分9厘、0本塁打、3打点。

 ◆伊達政宗 奥州に名をはせた戦国大名。1567年に米沢城で生まれる。幼少時にかかった天然痘で右目を失明し、後に「独眼竜」と呼ばれる。13歳で初陣。父輝宗を継ぎ、17歳で家督相続。関白・豊臣秀吉の惣無事令(そうぶじれい=私戦禁止令)を無視し、現在の福島、山形、宮城、岩手に勢力を広げた。秀吉の小田原攻めに参陣し服属。関ケ原の戦いでは徳川方に属し、仙台藩の藩祖となった。家来の支倉常長を欧州に派遣(慶長遣欧使節)したことも有名。1636年、68歳で死去。

ちゃんと仙台まで取材しに行く日刊スポーツも、たぶんオフの日のハズの平沢選手も大したもんだわ。で、記事の写真には「伊達武将隊の片倉小十郎」役に兄ちゃんも一緒に写真に写ってくれてねえ。いろんな人に支えられてんだな、と(笑)。

年俸の代わりにアイスを…ぢゃねえだろうな?

ロッテ・角中、本社からアイス339個贈呈 有馬記念予想は「馬単〔6〕〔1〕」 – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

「年俸は2億円はあげられないけど、自社製品のアイスクリームだったらいくらでも」だったら嫌だけどな<親会社(号泣)

今季、打率・339で4年ぶり2度目の首位打者を獲得したロッテ・角中勝也外野手(29)に24日、本社からお祝いのアイス「339」個がクリスマスプレゼントを兼ねて贈呈された。

 角中は年間500個をノルマとするアイス大好き人間。思わぬサプライズに「うれしいです。アイス339個は家の冷蔵庫には入りきらないので、球場のロッカーと食堂の冷蔵庫に入れてもらおうと思います。今シーズンもシーズン中にアイスの差し入れをいただいていたのですが、あっという間になくなりました。来年は暑い季節に常備して、乗り切りたいと思います。いろいろなアイスが人気ですが、スイカバーとか『雪見だいふく』は特に人気がありますね」と喜んだ。

 ちなみに、25日に行われる競馬のグランプリ「有馬記念」の同選手の予想は旧背番号の馬単〔6〕-〔1〕(来季からは3番)。今季、当たりまくった男に乗ってみるのも一考です!!

これ書いてて思い出したのが、立川談志師匠のエピソードで、談志は幾つか家を持ってて、お弟子さんがよく集まってた練馬の家(ここが結構広く、最近「ビフォーアフター」の番組でリフォームして、お弟子さんの志らく師匠ご一家が管理人として住んでるんですけども)に、全国各地からお中元・お歳暮が届くもんで、練馬の家にはものすごい量の冷凍庫があったんだそうで。ちなみにいずれもお弟子さんたちがまとまってお中元・お歳暮として冷凍庫を買ってあげてたんだそうですが…さすが自分で買わねえし(苦笑)

で、前座時代の立川談慶師匠(この人は慶応大学→ワコールから脱サラして落語家になったので、前座時代は「立川ワコール」と名乗ってました。当時のワコールの社長に直談判して許可を貰ったんだそうです(笑))が、使いすぎてあまりにえらいことになってた冷凍庫の霜取りを命じられて、それをきれいに掃除した後にコンセントを抜きっぱなしで帰っちゃったもんだから、翌日に数万円分の冷凍庫の中身の分を弁償させられた、って逸話もあったんだそうなんですね(大汗)。

ところで球場のロッカーと食堂の冷蔵庫は誰が買ってるんだろう。まさか選手会のカンパとかじゃねえだろうな??

伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男

伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男

ロッテ 雪見だいふく 94ml×25袋

ロッテ 雪見だいふく 94ml×25袋

大事なことはすべて立川談志に教わった

大事なことはすべて立川談志に教わった

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク