【千葉ロッテ】荻野(貴)選手が地元・千葉の小学校を訪問・児童の皆さんと楽しい交流をしたそうで…。

スポンサーリンク

ロッテ荻野「1年間やれれば」背番0変更でケガも0 – 野球 : 日刊スポーツ

地元の千葉市の小学校を訪問して、児童と交流したり一緒に給食を食べたりと。いやあいいなあ、この企画(笑)。


今年こそけがゼロで全試合出場だ。背番号を4から0に変更したロッテ荻野が13日、千葉市立幸町第三小学校を訪問。今オフは打撃を改造し、打力アップでの定位置奪回を誓った。

 0からの再発進だ。「背番号を変えて、何か気分的に変われば。けがが多かったので、これを機に1年間やれれば」。プロ7年間、期待されながら、けがで途中離脱を繰り返してきた。通算盗塁成功率は8割7分5厘。鈴木尚広(巨人=8割2分9厘)を上回る史上最高ペースも、けがに弱いイメージが付きまとう。近所の神社で何度もおはらいを受けてきたが、効果はなし。初めての背番号変更を、浮上のきっかけとする。

 俊足を生かすべく、打撃も変える。「凡フライは簡単にアウトになると監督に注意された。ボールと面をけんかさせないで送ってやる打ち方にする。今まで切る感じだったので」。飛球を上げまいとするダウンスイングが、打球に回転をかけ、打ち上げる原因だった。レベルスイングに改造し、ライナーを心掛ける。「1年間出たことがないので、まずは全試合出られるように。それが最低目標」。児童に球場で観戦を呼び掛けただけに、今年こそ試合に出なくては。【斎藤直樹】

プロデビューして以降、もっとも絶頂期に高確率で怪我をして離脱する…という繰り返しでいつも「惜しいなあ、残念だなあ」と言われてる選手のひとりなんですが(ま、荻野(貴)だけではないんですけどね、な、内投手…)、盗塁成功率の高さが凄い。10回走れば8回成功するペースだったのか…。

で、千葉ロッテの広報の方がビデオも撮っててネットにアップされてました。

 

日刊スポーツさんにはもうひとつ記事がありました。

ロッテ荻野に「あなたは茶色です」霊感小学生が指摘 – 野球 : 日刊スポーツ

おもしろいなー(笑)

ロッテ荻野貴司外野手(31)が13日、「マリーンズ・ベースボール・チャレンジ」の一環で千葉市立幸町第三小学校を訪問した。帽子を贈呈し、ティー打撃やキャッチボールの仕方などを指導。奈良県明日香村立聖徳中学校時代以来となる給食を児童と一緒に食べるなど、リラックスした時間を過ごした。

 4年1組の教室では、質問攻めに目を白黒させた。好きな芸能人(回答はキムタク=木村拓哉)、好きな色(青)、親友(同学年の清田)、野球を始めたきっかけ(サッカーと悩んだが知り合いのおばさんに誘われた)、あこがれだった選手(西武時代の松井稼頭央)等々。「霊感を持っている」と自称する児童から「あなたは茶色です」と霊視される一幕もあった。

 すべてのカリキュラムを終えると「子供は好きな方ですが、難しいですね」と感想をポツリ。自らは昨年7月に生まれた男児の父だが、子育ての大変さを実感していた。

しかしまあ、これで給食まで一緒に食べた児童たちは荻野(貴)選手のことをずっと忘れないでしょうし、ひょっとしたら熱心に応援しにスタジアムまで足を運んでくれるかもしれませんしね(子供時代のこういう「きっかけ」って物凄く大きいと思うんですよねー)。あとはこの子どもたちがご家族と一緒にスタジアムに足を運んでくれた時に、ちゃんと1軍でプレーできている事が肝要、なんすけど。びしっと盗塁を決めちゃった日には大人になってもロッテを応援するぐらいハマっちゃうかも、と(笑)

たぶんここまで怪我が多いと、本人も念入りなストレッチやったり、日々気をつけつつも、怪我との付き合いのような現役生活、悪く言えば「常に不発弾を抱えて歩いてる」のような感じでしょうからそれがいつ爆発してもおかしくない…ってのが現状かもしれませんが、でも背番号も0になって心機一転を図るわけですし、いい一年になることを祈ってやみませんな…。

頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

頭で走る盗塁論 駆け引きという名の心理戦 (朝日新書)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です