うーん、これは政府・外務省の余計な「忖度」のせいで…サッカーの乾貴士選手が気の毒だ。

スポンサーリンク

乾貴士は断っていた。現地取材で見えた「安倍晋三・スペイン国王晩餐会」招待の真相。(ヤフー)

ふとなんとなく読み始めた記事なんすけど…乾選手は「試合があるから」と断るも、チームとしては光栄な話だから、とむしろ「クラブのために行ってくれ」と懇願した、という図が、あまりに意外すぎて驚いた。

エイバルの乾貴士が、安倍晋三首相、スペイン国王らが参加する晩餐会に出席するため帰国し、リーガ2試合を欠場するー。

スペインで3月30日に広まったこのニュースはすぐに日本にも伝わり、議論を呼んでいる。両国とも、メディアやファンの反応は“乾はリーグ戦を2試合休んでまでこの会に参加するべきなのか?”というものだ。”拒否すべき”との声もあり、中には”乾はなぜシーズン中なのに行きたがるのか?”と批判するものもあった。

誰が、なぜ乾の晩餐会参加を望んでいるのかー。
それはスペイン国王なのか、安倍晋三首相、あるいは外務省なのかー。
そして乾を引き抜かれるエイバルの監督はどう考えているのかー。

憶測が溢れる中、エイバルの幹部とPR部に取材をすると、いくつかの真相が見えてきた。

という話なんすけどね。全文引用はちょっと長すぎるんで遠慮させてもらいますが、「真相」としては、冒頭に書いたとおり、比較的地方の小さいチームであるエイバルの上層部が「こんなに光栄な話はない。チームの名も広まるし、2試合ぐらいは目をつぶるから出てくれないか」と懇願してきた…という事らしいんですけどね。

スポンサーリンク

しかしこういう「忖度」は迷惑だわ<日本政府

これが他のスポーツ、例えば大相撲の九州場所の最中、しかも優勝が決まりかねない13日目あたりに、たまたまモンゴルの大統領が来日して迎賓館で歓迎式典をやるから、ちょっと白鵬・日馬富士・鶴竜の3横綱は東京の迎賓館まで顔を出してね(と日本政府や外務省が)言うようなもんだし、安倍総理が訪米してアメリカの大統領に晩餐会を開いてもらうことになった時に、シーズン中のイチロー選手を呼び出して…みたいな話となんか相通ずるような。

※ま、たぶんモンゴル大統領が来るとしたら、きっと3横綱もいるし大相撲観戦とかしそう。もしかしたら天皇陛下と一緒にとか。

まあこういうのを「忖度」って言うんでしょうね。お役人からすれば「ちょいと気を利かせて「やって」いろいろと声かけてやれば相手方も喜ぶだろう」というアレですね。森友学園の件で散々使われていて、この勢いだと今年の新語流行語大賞に…いやあそこまではもつかな?(をい)。

しっかり乾選手の顔も立てろよ?3ショット撮影とか談笑とか…。

うーん、良い言い方はわかんないんだが、そこまでして乾選手に仕事休ませて呼び出したんだから、それなりに「配慮」はしろよ。安倍総理直々に声をかけるとか、ちゃんと日本スペインの交流の象徴として乾選手の顔を立ててその場に本人読んで三人で談笑するとか、スペイン国王と安倍総理との3ショット写真を撮ってそれをTwitterやホームページに載せることを許可するとかな。ちょいと軽い「勲章」くれてやってその他大勢と一緒に晩餐会の片隅にちょこんと座ってるだけ、みたいな「ふざけた」事をやるんじゃねえぞ、と。

でももしこういう記事がなかったら、乾選手のイメージが相当悪くなったんじゃないのかな?って気もする。ある意味でスポーツジャーナリストとしていい仕事をしてくれてありがとうございますって言いたいっすわ、この筆者の方に。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク