【開幕戦】対ソフトバンク戦。1点先制して涌井を援護したのまでは良かったが…。

スポンサーリンク

ソフトバンク逆転で開幕白星 ロッテは逃げ切れず(日刊スポーツ)

東京MXテレビで見てました。まあ終盤、涌井から代わった松永がねー(泣)

<ソフトバンク3-1ロッテ>◇31日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクは1回、2回と2安打ずつを放つも無得点。ロッテは3回、2死一、二塁の好機も荻野が左飛に倒れ無得点。

 両チームの先発が好投。ロッテ涌井は3回から6回まで1人の走者も出さなかった。ソフトバンク和田も6回まで無失点。

 ロッテが7回に先制したが、ソフトバンクは7回に同点に追いついた。8回に本多の適時打などで2点を奪い勝ち越し、勝利した。

スポンサーリンク

エース涌井はいつもとおりに飄々と好投してました、が…。

ソフバンは和田、ロッテは涌井という両チームとも開幕投手としては文句ない両投手の投げ合いで6回までは無失点でした。ロッテも、

「あれ、なんでデスパイネがロッテにいるんだろ」と思ったらこれがアジャ井上で、実はロッテにとってはチーム初安打はそのアジャのヒットでした(爆)。

で、7回にロッテがダフィーのタイムリーから角中が好走してホームインに成功して先制するんですが、その後、田村が繋いで満塁にしてから代打・井口が三振したのがなんとも惜しい。これで追加点が入ってればなーと思ってたら、直後の7回裏に松田のタイムリーで同点に追いつかれて、8回に涌井と代わった松永が連打を喰らって逆転されてしまったんですけどね。うーん、さすがソフバン、って感じでしたわ。

ただ、「先制」できた経験は大きいかもしれないですね。

で、最後は和田から9回に代わったサファテに抑え込まれてそのままゲームセットとなってしまったんですが、エースの涌井はいつもどおり淡々とした表情で相変わらずエグい制球で押さえ込んでくれましたし、何度も書いているとおり、エース涌井の対戦相手も当然のことながらエース級をぶつけてくるので打線の援護もあまり多くなく…というある意味で「いつものような試合」だったんですが、そこでかろーじて先制できたっていう経験はシーズンの今後に活かせていってほしいかな、と思います。

あとは、同点になったシーン、実はセンターのタイムリーヒットだったんですが、得点に繋がったのは中継に入ったショートの平沢大河(6回までは中村匠吾がショートを守ってたんですが、井口が代打に送られて、それで代わりにショートに入ったんですね、大河)が、ランナーのデスパイネが三塁を蹴って本塁に突っ込んだ時に少し迷って投球が遅れたんですね。そういう意味では大河にとっては痛恨の一シーンであり、今後の反省と課題として活きるよう、よりいっそう練習に励んでほしいと思いますわ。

余談

さて我が家でもは今年から寝室のテレビが隣のパソコンの部屋に移動しましたので、

我が家のブタさんのブー輔(私のブログやTwitterのプロフィール画像でしょっちゅう使っています)と、たぬきのポンタくん。まあ我が家では「マリーンズポンタ」と呼ばれているんですが(なぜかいつもモンテディオ山形のタオルマフラーをお腹に巻いてます(笑))が、

息子の椅子に座って東京MXテレビでテレビ観戦してました。まあ勝てなくて残念だったねー(苦笑)。

あと、Twitterで見かけて

お茶吹いたw

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク