読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「笑点」の生放送を見てたら、次の司会者は春風亭昇太師匠に決まって軽くびっくりした(笑)

雑談

スポンサーリンク

今日の「笑点」が歌丸師匠にとっては大喜利司会者のラストってことで生放送だったんですが…。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

春風亭昇太「笑点」6代目司会者に、歌丸ラスト出演 - お笑い : 日刊スポーツ

「たぶん次は6代目円楽師匠なんでしょ?」とか思いながら見てたら、まさかの昇太師匠でびっくりした(汗)

落語家桂歌丸(79)が22日、「笑点」(日曜午後5時半)にラスト出演し司会者を引退した。後任として、レギュラー出演者の春風亭昇太(56)の6代目司会者就任が発表された。

 歌丸は4月30日の収録後に会見を開き「体力の限界です」と5代目司会者からの退任を表明。66年5月15日に始まった第1回から出演、大喜利メンバーとして活躍し、06年から司会を務めてきた「笑点」の顔が去った。

 この日はTOKIOメンバー5人と笑点メンバーの大喜利対決から始まり会場からは驚きの声が上がった。座布団が多かったTOKIOに歌丸スコップが渡された。

 最後の大喜利ではメンバー全員の座布団が没収された。

んでも「BS笑点」の若手大喜利の司会はうまかったですし(笑)

でもまあ、「BS笑点」で若手大喜利の司会をやってて「うまいなあ」と思ってましたしね。ちゃんと後輩からも時折チビとか独身とかネタにされていじられててその返しも抜群でしたし。

今後もおそらく木久扇師匠とか好楽師匠が、やはり真打の落語家になってる息子さんに交代したりとか(彼らもそういえば「若手大喜利」に出てましたね)、10年前に先代の圓楽師匠が引退して歌丸師匠が司会者になり、そこの枠に昇太師匠が入った時から、そういう構想はあったのかもしれませんね。

個人的には(楽太郎の)円楽師匠の政治風刺や腹黒キャラは、あれは司会者席ではもったいないなあ…と思ってたんで、引き続き回答者側に、というのは嬉しいですね。たぶん今後もざぶとん取られるんでしょうなあ…あ、今日も最後の最後で全員が全部ざぶとんを没収されてました(爆)。

で、昇太師匠の枠の次のレギュラーは誰になるんだろう。

さて、昇太師匠の枠、木久扇師匠と円楽師匠の間に座るのは誰になるんだろう。これは次回の大喜利で発表されるのか、それとも先行して情報が流れるのか。たぶん歌丸・昇太両師の落語芸術協会系なんだろうな…ここで立川流から抜擢されたら「おお、初代司会者の談志師匠以来だ」ってことになるんだが(たい平師匠と同年代の談笑師匠とか生志師匠とか)、無理かな?(苦笑)

いずれにしても歌丸師匠、長い間お疲れ様でした。そしてずっと長生きしていただいて(師匠である米丸師匠が御年90歳で未だにご健在ですし…)、次は、柳家小さん・桂米朝・柳家小三治の3師匠に続く、目指せ落語界・史上4人目の人間国宝、ですな(笑)

春風亭昇太1「権助魚」「御神酒徳利」-「朝日名人会」ライヴシリーズ29

春風亭昇太1「権助魚」「御神酒徳利」-「朝日名人会」ライヴシリーズ29

 
はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)

はじめての落語。 春風亭昇太ひとり会 (ほぼ日CDブックス)

 
歌丸 極上人生 (祥伝社黄金文庫)

歌丸 極上人生 (祥伝社黄金文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ