読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【VF甲府】湘南のフリーキック一発に沈められて、いよいよ最終節へ…。対象の4チーム、全部負けるとは(汗)

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

Mesut Özil's free kick

J1残留争いの4チームはすべて敗戦。降格の行方は混沌のまま最終節へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

本当は車か電車で平塚まで見に行こうかなと思ってたんですが、先週来からひいてる風邪がなかなか抜けなくて断念して自宅でスカパーを見てました。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節が29日に行われた。

  浦和レッズの2ndステージ優勝に注目が集まる中、残留争いも緊迫感が増している。今節は来季のJ2降格の可能性を残す4チームがすべて敗れた。

 13位のジュビロ磐田はホームで浦和に0-1で敗戦。14位のヴァンフォーレ甲府はすでに降格が決まっている湘南ベルマーレに0-1で敗れ、2人の退場者を出した15位アルビレックス新潟もガンバ大阪相手に3失点を喫し、残留争いから抜け出すチャンスを逃した。

  最も降格の危険性が高い16位の名古屋グランパスはヴィッセル神戸と対戦し、0-3と完敗した。勝ち点差以上に得失点差が重要になりそうな残留争いにおいて痛すぎる3失点となっている。

  これらの結果を踏まえ順位と勝ち点、得失点差は以下のようになった。

13位 ジュビロ磐田(勝ち点33、得失点差-14)
14位 ヴァンフォーレ甲府(勝ち点31、得失点差-25)
15位 アルビレックス新潟(勝ち点30、得失点差-15)
16位 名古屋グランパス(勝ち点30、得失点差-18)

  以上4クラブのJ1 2ndステージ最終節対戦カードは以下の通り。

ベガルタ仙台vsジュビロ磐田
ヴァンフォーレ甲府vsサガン鳥栖
アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島
 名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ

 磐田は引き分け以上で残留が確定する。甲府も勝利で3ポイントを積み重ねれば残留決定だが、負ければ得失点差で不利なため降格の可能性も十分にある。

  名古屋や新潟の残留は他会場の結果と勝ち点1以上、得失点差をクリアする必要がある。残留争いは最後まで混沌としているが、果たして最後に笑うのはどのチームになるだろうか。

チャンスを決めれなかった甲府と、ワンチャンスをものにした湘南

湘南対甲府戦は、前半はどちらかというと甲府のチャンスが多く、たびたびコーナーキックやフリーキック等のセットプレーに恵まれてはいたんですが、詰めが甘かったのと、来季を賭けた戦いにもなっている湘南が甲府のストロングポイントであるドゥドゥとダヴィを徹底マークして仕事をさせなかったために、甲府はことごとくチャンスを逸してた、という前半でした。

で、後半、逆に今度は甲府が湘南にファウルを与えるシーンが少しずつ増えてきまして、そこでズドーンと物凄いフリーキックを決められ、0-1で湘南に敗れた、という試合でした。ま、甲府はJ2時代から何度もこういう節目の時に湘南と当たることが多く、そして何度も煮え湯を飲まされてる関係でもありますので、さすがは湘南サン…というのが最初の感想でしたねえ。たぶん今後もこの関係が続いていくんでしょう。

まさにこないだ買った「GIANT KILLING」の中でETUの司令塔である王子(ルイージ吉田)が言っていた、

f:id:tony_togo:20161029194705j:plain

↑この言葉通りの展開・結果になってしまった次第でした。

湘南サンは残念ながら来年はJ2戦線での戦いを余儀なくされることになりましたが、もし甲府が次節、残念ながら一緒にJ2に落ちることになったとしたら、また2009年・2012年シーズンのように切磋琢磨して自動昇格or優勝争いを繰り広げられるようなライバル関係になるんだろうな…と思いつつ、試合後はNHKでやってた「新人落語コンクール」を見てました。いやあ世界のナベアツ氏、ちゃんと真面目に落語家やってんだなあ(意味不明)。

他の3チームの結果はともかく、甲府が自力で…。

…で、次節は、仙台対磐田、甲府対鳥栖、新潟対広島、そして名古屋対湘南という組み合わせになる次第です。こういう時のサガン鳥栖は「怖い」というイメージしかなく(一昨年に、優勝争いしてた浦和に煮え湯を飲ますような試合をしてましたしね)、甲府があわてず騒がず、いつものサッカーができるかどうかがカギなんですが…まあ、他の3チームの結果はこの際はどうでもいいですわ。勝たなきゃ残留できない、ぐらいの覚悟で挑まなきゃ、対戦相手の鳥栖サンにも失礼でしょうしね。

新潟なんかは何人も退場者を出しちゃって、得点を取れそうな主力の選手ことごとくが出場停止の状態で次の広島戦ということになるそうですが、こういう時に伏兵がいい仕事をするってのもサッカーにはよくあるわけですし。

ま、正直、心のどこかで「うーん、湘南サン、次節の名古屋戦もこんぐらいいい仕事をしてくださいね」的なのは、なくは…ないんですけど、昔のFC東京の某キーパーさんの名言(?)である「浦和を信じたボクが馬鹿でした」みたいなことは言いたくないんで…まあ勝てば自力で残留が決まるんだからそれを目指してやっていくしかないでしょう。

「努力とは馬鹿に恵えた夢である(by立川談志)」

ちなみに次節は11/3の文化の日に一斉開催だそうです。要するに試合は木曜日。ということは地味に中4日というハードな日程なんすよね。この間にどんぐらいの準備ができるのか…。でもここまで来ちゃうと、

こないだの横浜戦の負けの後にも貼りましたが、この談志師匠の名言を、強がりでもハッタリでもいいから、これを呟いてドンと構えてるしかないですしねえ。

ええ、まさに「努力とは馬鹿に恵(あた)えた夢である」の言葉通りですわ。「勝負はこうでなくちゃおもしろくねえ」と最終節まで消化試合にならずに言えるわが身を幸せに思いたいな、と。毎日が大変な日常な中、非日常の場でどこかで馬鹿にならなきゃやってられないっすもの。

勝ち負けはともかく、せめてすべてのサッカーファンを感動させるような、いい試合を。

GIANT KILLING(42) (モーニングコミックス)

GIANT KILLING(42) (モーニングコミックス)

 
努力とは馬鹿に恵えた夢である

努力とは馬鹿に恵えた夢である

 
世界のナベアツ 3の倍数の時アホになるミニ音声電卓BC

世界のナベアツ 3の倍数の時アホになるミニ音声電卓BC

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ