読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

やってることが長谷川豊とあんまり変わらないですやん<瀬戸内寂聴(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

juliusturm - last steps to the light

「殺したがるばかどもと戦って」 瀬戸内寂聴さん発言に犯罪被害者ら反発 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

まあこの人は尼さんになる前にいろいろと俗っぽい事をやりまくった人だからなあ(苦笑)

日本弁護士連合会(日弁連)が6日、福井市内で開催した死刑制度に関するシンポジウムに、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さん(94)がビデオメッセージを寄せ、死刑制度を批判したうえで「殺したがるばかどもと戦ってください」と発言した。会場には全国犯罪被害者の会(あすの会)のメンバーや支援する弁護士らもおり、「被害者の気持ちを踏みにじる言葉だ」と反発した。

  日弁連は7日に同市内で開く人権擁護大会で「平成32年までに死刑制度の廃止を目指す」とする宣言案を提出する。この日のシンポジウムでは、国内外の研究者らが死刑の存廃をめぐる国際的潮流について報告。瀬戸内さんのビデオメッセージはプログラムの冒頭と終盤の2回にわたって流された。

  この中で瀬戸内さんは「人間が人間の罪を決めることは難しい。日本が(死刑制度を)まだ続けていることは恥ずかしい」と指摘。「人間が人間を殺すことは一番野蛮なこと。みなさん頑張って『殺さない』ってことを大きな声で唱えてください。そして、殺したがるばかどもと戦ってください」と述べた。

  瀬戸内さんの発言について、あすの会顧問の岡村勲弁護士は「被害者はみんな加害者に命をもって償ってもらいたいと思っている。そのどこが悪いのか。ばか呼ばわりされるいわれはない」と話した。

なんつーか、「理念は立派。でも言い方には気を付けろ」ってのと「建前だけで社会は動いてるわけじゃないからな」ってのを感じている、前時代的な反面教師として。

内輪の世界で「敵」を口汚く罵る愚行(苦笑)

基本的には、「外向けの言葉」と「内向けの言葉」で使い分けるのが本当の「おりこうさん」だと思っているんですが…どうも右翼も左翼も「自分ら以外の身内・味方・お友達」と「それ以外は敵」という二元論に冒されている人が多くてどうかなあと思うんですけどね。本当は「そういう自分が持っている素晴らしい思想・運動」を広めたいんだったら、「その味方・敵以外の大多数の中間層・無党派層(?)」に対してうまく語りかけて同士だの味方だの支持者だのを作っていけばいいのに…と。

第一、世間はそんなにアホではないでしょう。ネームバリューのある作家さんが言ってるからそれを鵜呑みにして、みたいな層はそれほどはいないハズなんだけどな…。

なので、瀬戸内寂聴なんかも、こないだの長谷川豊なんかも、「自分側のお友達・同士」に対して向けて話した事・書いた事がなんか知らないけど本人が勝手にヒートアップしちゃって、敵を口汚く罵る展開になっちゃったんでしょうね。

むしろ舌禍で「余計な」敵を作る羽目に。

でも怖いのはこうしてアホな発言として世間に知れ渡っちゃったりしたあと、もしかしたら「死刑制度って本当はよくないのかもな」と思い始めていた中間層(?)的な人たちを「なんだこいつの言動は」と、嫌悪感をあらわにして離れて行っちゃうって点じゃないですかね…。ぶっちゃけていえば「言わなくてもいいことを言っちゃって、味方になるかもしれん人が離れちゃってむしろ余計な敵を作っちゃった」みたいな感じですね。 

ちなみに個人的には、瀬戸内寂聴はどうでもいいとして(をい)、日弁連およびそこに所属している死刑制度に熱心な弁護士さんの言ってる事は、あれはただの「おとぎ話の国の住民のたわごと」だと思ってるんで、

日弁連、「死刑廃止」宣言へ 冤罪事件や世界的潮流受け:朝日新聞デジタル

まあ勝手に死刑廃止宣言でもして内輪の中で盛り上がってれば?としか思ってないです。ついでに殺人等の重大犯罪もゼロになるといいよね?っていう感じなんでしょうね。

弁護士・法律家は「現行法を"うまく"解釈するプロ」に過ぎないし。

というのは、弁護士や法律家ってのは法を用いて社会政策をするとかそういう人たちではなく「既存の法律を"うまく"解釈するだけの」人たちだと思ってるんで、「この法律および判例(裁判所の判決のことを指します)をうまく使って世の中を動かしましょう」にはなるけど「よくよく考えて見れば、この法律は時代にそぐわないし、もはやそのものがおかしいから、法律改正ないし法律を廃止して新しい法律を作りましょう」には基本的にはならないのですね。

ソクラテスもびっくり、みたいな(爆)

つまりは「悪法でも法なり」とは哲学者・ソクラテスが言った名言らしいんですが、まあそういう権化みたいな人が今でも少なからずは法律の世界には存在するようですしね。

※実際にソクラテスがそういったのはこれと真逆の意味だったという説もあるようですけどね。

そこに「では死刑廃止をしました。その後の(被害者保護や社会情勢が悪化した際の)責任は?」と言われても、そもそもが政治や国を変えることについては「越権行為」、もっと言えば「そんなの知ったこっちゃない」という姿勢なんで責任なんか取れるわきゃないんですから。

そこらへんを前提に考えないと、「弁護士先生は司法試験を通って"何でも知っている"頭の良い人なんだ」と信頼しすぎると、大変な事になっちゃう、みたいな感じになると思いますね。「いやいやあの人たちは六法全書の中のおとぎ話の国の住民だから、意外に世間は知らないし、現実に関心もないもんなんだよ」ぐらいの見方をしないと本来はダメなんでしょうね。

え、日弁連って単なる「圧力団体」でしょ?

無論、これは日弁連の「建前」であって、そこに所属する弁護士個人個人の「本音」は別、むしろ180度違うし、実は被害者側の方に寄り添っていてむしろ死刑制度は「ないにこしたことはない」ぐらいの消極的だけど「今の世の中的には」賛成という人もかなりいると思いますけどね。

ま、日弁連自体がある意味でPTAみたいな圧力団体に過ぎないからなあ。そこらへんをわかってないと「エリートの正義の味方がごもっともらしいことをおっしゃってる」と鵜呑みにする馬鹿も少なからず出てきそうで…いやあこういうのは学校の教育とかでは一切教えてくれないから、たぶん生真面目な人は何も疑いなく信じてるんでしょうね…困ったもんだ。

※あ、意見には個人差があります(byさだまさし)

↑そんな瀬戸内寂聴とさだまさしの対談本も(苦笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ