読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

独身の男性市長に「早く結婚しろ」と放言した女性市議←逆だったら大騒動になってるくせにw

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/36521980095@N01/6753527391

photo by danxoneil

独身男性市長に「早く結婚を」 社民女性市議を戒告 秋田・大館市議会 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

まあBBAのゲスの勘繰りというか、余計なお世話って話だけどな(´-ω-`)

元社民党秋田県連副代表の相馬ヱミ子大館市議(67)が市議会で、独身の福原淳嗣市長(48)に対し「未婚の市長とは議論できない。結婚を」と発言し、市議会は1日の本会議で戒告の懲罰を科した。

  相馬氏は2月29日の本会議で保育士不足について質問した際、福原市長に対し「まだ結婚もしていなし、子供もいない。これでは同じ土俵で議論できない」「市長にはぜひ、この任期4年間の間に結婚してもらいたい」と述べた。

  一部議員が懲罰動議を提出し、懲罰特別委員会が地方自治法が定める「公開の議場における戒告」を可決。本会議で保守系会派や公明、共産などの賛成多数で可決され、議長が戒告文を読み上げた。

  相馬氏は「以前の市議会で市長から『お母さん』と呼ばれたこともあり、親心で子育ての重要性を訴えた。結婚は私的なことで、誤解を招く表現だったが、悪意はなく、戒告は納得いかない」と話している。

  相馬氏は7期目。平成22年から25年まで社民党県連副代表を務めた。市議会では民主、社民系などでつくる会派「新生クラブ」に所属している。

うわー、革新系の女性議員でいかにもいそうなおばはんだなー(←偏見w)

でもこれ逆の立場だったら鬼の首を取ったような騒ぎに…。

でもさこういう話、おばさん議員→男性市長に「放言」した話は特に全国ニュースにもならず「事後的に」こういう話があったから戒告とかで「済んだ」んでしょうけど、

逆だったらもう発言当日に全国ニュースもの、なんでしょう?

やれ「セクハラ」だ、「暴言だ」、「有権者から選ばれる資質が無い」などと。ま、その通りなんだけどさ(^^;)

でもここらへんのバランスは、「男だから」「女だから」という性別の枠の話ではなく、本当に男女同権のような社会、ましてや政府は国会議員の何割かを女性にするような「女性議員を増やす方策」を考えたりする(もしくは外国から外圧を加えられてそれを実行する…努力をする(謎))…ってんだったら、

もっと厳しく「より同等に」批判される

のが筋だと思うけどな。

「男女同権」とは権利だけでなく義務も、だろ?

以前、都議のおっさん議員が、都議会で若い30代ぐらいの女性議員に物凄く程度の低いセクハラ的な野次を飛ばして物議をかもしたじゃないすか。…いや、これ(秋田の件)を批判しないんだからあれ(都議の件)を批判するな、というんではなく、「あれと同じぐらい程度が低いんだから、同じぐらい物議をかもすのが筋、じゃねえの?」と。

そんな市長とかのお世辞か何か知らんが「お母さん」と呼ばれてた云々は本人以外正直知ったこっちゃねえし。もうちょっと上手な議論をしたらどうなんだよ、と。

まあそういう「男女間に明らかに取り扱うような差」がある以上、今までも今後も男女同権はほぼ100%無理だろうし、男女ともに内心・潜在的にどこかで異性を小ばか・蔑視してる輩は多かろうから、これからもこういう話は頻発するんでしょうね。うーん、議員ども、もうちっと人としての勉強をせい(失笑)。

※なお意見には個人差があります(byさだまさし(をい))

弁護士が教えるセクハラ対策ルールブック

弁護士が教えるセクハラ対策ルールブック

 
しない・させない・まねかない セクハラ・パワハラ

しない・させない・まねかない セクハラ・パワハラ

 
議論のレッスン (生活人新書)

議論のレッスン (生活人新書)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ