読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】五右衛門に続いてルーキー関谷まで見殺しにしやがって…(呆)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Homerun

逃げ切れず4連敗 千葉ロッテ | 千葉日報オンライン

4-2でリードしてた9回に守護神・西野が打たれて同点・延長へ、更に延長で逆転負け、という次第でした…。

◆痛恨被弾、西野2軍へ

 痛恨としか、言いようがなかった。2点リードの九回。千葉ロッテは、守護神の西野が同点2ランを浴びた。

 1死から今江に中前打を許し、代打アマダーを迎えた。1ボールからの2球目。スライダーが高めに浮いた。完全な失投。193センチの右打者はもちろん振り抜き、高々と舞った白球は打った瞬間にそれと分かる当たり。左翼ポールの一番上を直撃した。

 チームは3試合続けて1点以下と打線が低調の中、相手エースの則本から二回に根元が先制2ラン。三回には死球につけ込んで、デスパイネの右前打で加点した。その後は追加点が遠かったが、八回に2死から鈴木の適時打で大きな1点をもぎ取った。文字通り、あとは逃げ切るだけだった。

 昨季は1度もセーブ失敗がなかった西野だが、今季は既に6敗。3年連続の20セーブをマークする一方で、今月10日の日本ハム戦で九回2死から同点被弾。28日のオリックス戦ではサヨナラ負けを喫するなど、不安定さも目立っていた。

 試合後、伊東監督は2軍降格を明言。「肘もよくなかった。落とせないゲームが増えてくる。ここまで頑張ってくれたが、いまの感じだと難しい」。内、藤岡を欠く中、この日新たに松永を抹消したばかり。好調の原動力だった中継ぎ陣が手薄になり、チームも踏ん張りどころを迎えている。

対戦相手は楽天のエース・則本で、それでも前半のうちに3点取ったんすけどね…。で、西野は右ひじ痛で2軍降格なんだそうで…。これは苦しい。てか酷使してたんであれば、首脳陣の管理体制はどうだったんだろう。西野はお大事に。そして西野級のクローザーを用意できるのか、今更??

昨日の関谷は、何も言う事が無い素晴らしいピッチングでした。

ロッテ関谷7回1失点好投「前回やられているので」 - 野球 : 日刊スポーツ

前日の五右衛門同様、ナイスピッチングでした。あなたは責められんわ。

<ロッテ4-5楽天>◇30日◇QVCマリン

ロッテ先発の関谷亮太投手(25)は、7回5安打1失点だった。

  1週間前の楽天戦では、3回4安打5失点と打ち込まれていた。今回は好投で勝利投手の権利を持って降板。リリーフ陣が終盤に追い付かれたため、4勝目は逃した。「前回やられているので、とにかく向かっていく気持ちで投げました。同じ相手に2度やられるわけにはいかないですから。田村がうまくリードしてくれましたね。後は、チームの勝利。それだけです」とコメントした。

その1失点も角中のクッションボールをしくじった際の1失点だったんで昨日は言うことないピッチングだったんすけどね…。

ただ、いかんせん猛打賞を打った鈴木大地以外が、1安打ないし無安打の選手が多く、下降線を辿ってる感じなんで(2回に3連打で繋がったから点が入ったものの、試合終盤になればなるほど打線が沈黙してましたし)、もうちょっと打線の入れ替えもしてもいいんじゃないかと思う今日この頃。経験豊富な福浦とか井口とかのベテラン陣とか使うのもありだしね…。

で、ナバーロは「左肩周囲炎」で登録抹消に。

ロッテ・ナバーロ、「左肩周囲炎」と診断 全治は未定 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

珍しい名前の怪我だ…いずれにしても、治療に専念しつつ休める時に休んだ方がいいわ。

以上です。

↑「ああ播磨灘」のさだやす圭先生が現在、ビックコミックで連載してる野球漫画なんすけど、メジャーで日本人のクローザーがセーブを挙げ続けば年俸が倍1ドルから々に増えて、失敗したら1ドルに戻る、という「野球版・ああ播磨灘」な作品でおもしろくて毎回読んでますわ(笑)。

で、現在セーブに成功し続けて数十億ドルまで行ってまして。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ