読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

結局、「シーチキン」のはごろもフーズは、「ペヤング」のまるか食品の教訓を何一つ学んでなかったんだな…。

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

Tuna salad

痛いニュース(ノ∀`) : ツナ缶「シーチキン」にゴキブリ はごろもフーズ公表・回収せず - ライブドアブログ

子供の頃はよくサラダで食べてたけどなー、もう25年ぐらい食べてないや<シーチキン

山梨県甲斐市のスーパーで販売されたツナ缶にゴキブリが混入していたことが分かった。製造した「はごろもフーズ」は直後に混入の事実を把握していたものの、事実関係を公表していない。

ゴキブリが混入していたのは静岡県に本社がある缶詰販売大手、はごろもフーズが2014年12月に製造した「シーチキンLフレーク」。

はごろもフーズや関係者によると今月13日、山梨県甲府市に住む50代の女性から「ツナ缶にゴキブリが入っていた」などと商品を購入したスーパーに届け出があった。

 通報を受けたはごろもフーズが商品を持ち帰り、社内で調査した結果、ゴキブリは製造過程で混入したことが分かり、今月18日、担当者が女性に謝罪したという。女性は謝罪を受け入れたが、はごろもフーズはその後事実を公表せず、取材に対し「同様の申し出がなく他の商品への混入はない」として、現時点では公表や自主回収などの対応をとらない考えを示した。

なんつーか、「ハインリッヒの法則」とか、同じ食品業界の「ペヤング」のまるか食品の騒動とかの「教訓」を何一つ学んでなかったんだな…。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

ま、結局、

www.muroktu.com

製品的にはほぼ確実にGが入らないようになってたんで、試しに一個食べてみて、「うまい。よし今回だけは許してやる」とばかりに、最近はたまーに食べるようになりましたけどね。 そんなまるか食品だって会社がひっくり返るかもしれないような大騒動になったっていうのにねえ。

で、特にハインリッヒの法則なんかは、これは主に「労働災害」のことを指してるんですが、他の事にも応用はかなりきくものだそうで、「1つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在する」という法則を考えれば、これ1件なわけないじゃんか、と。年間何万個何十万個製品を作ってると思ってんだろうねえ。そんな何十万分の一なわけないじゃないか。

なので、この隠ぺいしたやり方は「バレた時には最悪手」って奴で…まあ、はごろもフーズもまるか食品と同じような大変な事になるんだろうね。製造過程の徹底見直しとか、社内のコンプライアンスの周知徹底とか。

まさに「対岸の火事」か…。

はごろも シーチキンファンシー 175g×3個 (0222)

はごろも シーチキンファンシー 175g×3個 (0222)

 
ペヤング ソースやきそば 120g×18個

ペヤング ソースやきそば 120g×18個