カネも持たずにタクシーに乗った客は、まず「お客様」とは言えない(爆)

スポンサーリンク

タクシー乗ったが…所持金52円 「無理です、お客さま」 乗客 詐欺で逮捕 ドラレコに一部始終 札幌市(UHB)

図々しい客だ…いやそもそも詐欺行為を働いてる以上、こいつ「客」じゃねえし。

6月1日未明、札幌市でタクシーに無賃乗車したとして現行犯逮捕された男。その一部始終をドライブレコーダーがとらえていました。

 5月31日午後11時38分。場所は、札幌市東区北32条東7丁目。

 運転手:「閉めていいですか?」

 男:「いいですよ」

 酒に酔った状態でタクシーに乗り込む男。

 男:「運転手さん、薄野(ススキノ)交番に寄ってくれる?ちょっと用事がある」

 運転手:「薄野交番に向かいます」

 運転手に告げた行き先はススキノ。しかし…

 男:「薄野交番に着いたら、運転手さんも同伴してくれる? 」

 運転手:「同伴? なぜですか? 」

 乗車してまもなく、男は運転手を交番へ行こうと誘います。目的は…。

 男:「全部、使っちまったんだ」

 運転手:「はい? 」

 男:「全部、金を使ってしまったんだ。それを全部、あす払うから」

 なんとこの時、男の所持金はわずか52円。

 運転手:「一銭もないなら無理です。お客さま」

 男:「どうするのさ? 薄野交番に行け」

 運転手:「お金がないなら」

 男:「だからススキノ交番に行け」

 運転手:「今向かいます。車たたかないでください。警察に行きましょうよ、おい」

 男:「怒っているの? 」

 運転手:「いや、そりゃ怒りますよ。お客さま、(お金が)ないのに車に乗って」

 運転手の説得に押され気味の男は最後、運転手に対し…。

 男:「あんたと俺は、お客さまと運転手」

 運転手:「はい。そうでございますよ」

 男は、札幌市東区の無職の59歳。乗車から50分後、詐欺の現行犯で逮捕されました。

 男は酒に酔った影響で、警察の調べに対し、まともに応じていないということです。

スポンサーリンク

「あんたと俺はお客様と運転手」←ここから間違っとるw

あれだね、酔っぱらいとはいえ典型的な「お客様は神様です」の三波春夫氏の言葉を180度取り違えて解釈してるただのバカだね、この人。

というか、そもそもこいつ「客」とは言えないし。そして何こんなに威張ってんの?エラソーニ。でもタクシーの運ちゃん偉いよね。そこでケンカにならずに冷静に「相手」になってあげて、最後は説得して警察署まで「運んで」あげたんだから。

…でもこの運転手、料金取りはぐれたんでしょう?翌朝に酔いが冷めた留置所で何を思ったかを知りたいわw

で、ほぼ同時刻の札幌で、別のアホウがタクシーに迷惑かけて…。

それとはまた別におんなじ札幌でこんな事件も。

「てめー、いいかげんにせいよ!」 暴言&運賃踏み倒し&タクシー強奪…強盗容疑で会社員逮捕 札幌市(UHB)

実に似たようなシチュエーション、というかもっとひどい奴がおりまして(苦笑)

6月1日、札幌・豊平区でタクシーが奪われた強盗事件で、31歳の会社員の男が逮捕されました。

 榊容疑者:「てめー、いいかげんせいよ。おい!どうもすいませんでした?おめーが上から見てっかんな。まじで謝れよ」

 逮捕されたのは札幌・豊平区の会社員、榊賢太郎容疑者(31)です。

 榊容疑者は1日午前1時半ごろ、札幌・豊平区平岸の路上でタクシー運転手を脅して運賃を踏み倒したうえ、タクシーを一時奪って逃走した疑いがもたれています。

 警察が画像などを公開し、強盗事件として捜査していましたが、ニュースを見て知った榊容疑者がきのう警察に出頭して逮捕されました。

 調べに対し容疑を認めていているということです。

すごいなー、↑の事件とわずか2時間ばかりの差しかないのにこんな事も起きてたのかw

網走で臭い飯でも食ってこい。

しかも運ちゃん脅して運賃踏み倒して、タクシーを奪って逃げたりもしたのか。そりゃ「強盗」だわ。

ちなみにこれ、罪が軽減されるような「自首」、じゃないですからね。だって警察が画像とかを公開して捜査しはじめたったことは「もう逮捕されると観念して警察に出頭」って意味で「まだ犯人が何者わかってない状態で自分から警察に出頭して白状しました」では全然ないですから。「逮捕されるのは時間の問題」ってところまでしらばっくれて逃げてたわけでしょう? いやあ「強盗」は「窃盗」よりも罪は重いから実刑待ったナシ、ですなあ。玄関の網走刑務所で臭い飯でも喰らうのかなあ(爆)

いずれにしてもタクシーの運ちゃんは大変だ。実弾とか拳銃は無理としてもスタンガンぐらいは自衛のためにこっそり持っていても俺は文句は言わないわ。運ちゃんの方にトラウマが残らないと良いけどね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク