「中沢家の人々」でおなじみの三遊亭圓歌師匠の訃報を知った。

スポンサーリンク

元落語協会会長の三遊亭圓歌さん 死去(NHKニュース)

今朝方、洗濯機を回しながらこんな記事を読んでまして。

アナウンサーなのにうつ病に…。 小川宏さんの闘病記を読んだよ。(双極性男子のあたまのなか)

「アナウンサーなのに、とは随分なタイトルだな。ま、書いてる方は平成2年生まれじゃ、小川宏ショーも知らないのは無理はないか」と、苦笑いしながら読んでいて思い出したのは「あー、確かこの人、落語家の三遊亭圓歌師匠と幼馴染で、もともと吃音だったらしいんだよなー。で、子供の頃の圓歌師匠、小川宏氏の吃音を真似してたら師匠も吃音持ちになっちゃった、というエピソードを「中沢家の人々」で語ってな、圓歌師匠」…みたいな事をひとりごちしてたら、その直後に圓歌師匠の訃報に接して「なんつー偶然」と一瞬、絶句しちゃったんすけどね。

※ちなみに圓歌師匠の師匠に当たる先代の圓歌師匠も偶然ながら吃音持ちだったそうです。ついでに書くと私も吃音持ちだったりします(幼少時に腕の怪我で右利きから左利きになったのが原因だったそうですが…今でも体調が悪いと「さ行」と「な行」の単語が出づらいですね)。

古典から新作落語まで歯切れのよい語り口で知られ、落語協会の会長も務めた三遊亭圓歌さんが23日、都内の自宅で体調を崩し、搬送された病院で亡くなりました。85歳でした。
三遊亭圓歌さんは東京生まれで、旧国鉄の駅員を経たあと、終戦直後の昭和20年9月に先代の圓歌に入門しました。

三遊亭歌奴の名前で活躍し、「山のあな、あな」というフレーズで知られる「授業中」という落語などヒット作を連発し、多くのファンを獲得しました。

昭和45年に三遊亭圓歌の名跡を襲名し、自分の家族をモデルに高齢化社会を風刺した「中沢家の人々」など、新作落語を中心に落語界をリードしてきました。

平成8年に落語協会の会長に就任し、平成18年からは最高顧問を務め、後進の育成にも尽力してきました。

圓歌さんは80歳を超えても精力的に高座に上がり現役を貫いてきましたが、関係者によりますと23日、都内の自宅で体調を崩し、病院に搬送されたあと亡くなったということです。

スポンサーリンク

また昭和が遠くなっていくなあ…。

まあ88歳というご高齢。2002年に人間国宝にも指定された先代の柳家小さん師匠が亡くなったのは87歳で、2011年に亡くなった後輩の立川談志師匠は75歳、2001年に亡くなった古今亭志ん朝師匠は63歳だったそうですから、その方々に調べれば充分長生きされたとは思うんですけど…でもやはり寂しいなあ。「中沢家の人々」のネタが大好きだったんだけどなあ。

落語家になって入門したら親に勘当されたのに、人気者になって大きな家(東京・麹町のお屋敷だったらしいです。作家の有島武郎邸を買い取ったとかで)に住み始めたら、あっさり一緒に住むとか言い始めたり、早くして亡くした奥さんの両親と、再婚した奥さんの両親と、自分の両親の6人が一緒に住んでた…とか、その親6人、ババアが3人共先に逝っちゃって、ジジイ3人が残されて…とか、大好きだなあ(笑)。「林家三平が兵隊に行ったから戦争に負けちゃった、ってよくネタにしてたら、三平の兵隊仲間が楽屋に来て「あの人は戦地に行ってません」って言われた」とか。

となると、同じ世代の落語家は、桂米丸師匠(歌丸師匠の兄弟子であり今の師匠。「カジワラキッチンサプライ」のCMでおなじみの(ん?))とか、川柳川柳師匠ぐらいになっちゃったのかなあ。かの立川談志師匠が「俺も圓歌兄さんの漫談にはかなわねえ」って言わしめてたらしいですしねえ。一方で「でも圓歌兄さんに古典落語をやらしちゃいけねえ」ってオチもつけて「おい、よせよ」って(苦笑)。

「天国演芸場」で小さん師匠や談志師匠と再開してんだろうか。

まあ圓歌師匠は得度までしてお坊さんの修行までしたそうですし、天国に行くんだろうなあ。昔「こち亀」で両津巡査長が死んで天国に行った時に「天国演芸場」という寄席のそばを通って、「登場者」のとこに「てんぷくコンビ」って書いてあったり(注:もともと伊東四朗氏は「てんぷくトリオ」という3人組だったんですが、伊東氏以外の2人はすでに鬼籍に入られてまして(汗))、「近日登場」のとこに「ビートたけし」って書いてあったのに笑った記憶があるんですけど、あー、あっちで「まもなく登場」するんだろうなあ。

で、楽屋で談志師匠と柳家小さん師匠が芸論やどっちが先に高座に上がるかとかで相変わらず師弟でケンカしてんだろうなあ。「下と全然変わんねえじゃねえか」って圓歌師匠苦笑いしそうな気がしますわ。いや「あれ、談志と圓楽がいねえ。あ、あいつらは地獄に行ったのかとなってたりして…。

師匠、長い長い人生本当にお疲れ様でした。こういう言い方はおかしいかもしれませんが、あちらでもお元気でいてくださいね。ご冥福をお祈りいたします。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク