4月放送予定の「ビフォーアフター」の特番で、さだまさし所有の「島」をリフォームするらしい(苦笑)

スポンサーリンク

さだまさし、借金返済でほったらかしの“島”を大改造「劇的ビフォーアフター」(オリコン)

あの番組大好きでよく録画→DVDにダビング→PCで見てた…んだが、特番化しちゃったんだよなーと思ったら物凄いとこから引っ張ってきたわw

歌手のさだまさしが、自身が所有する“島”のリフォームをABCの番組『大改造!!劇的ビフォーアフター』に依頼。そのリフォームの全容がスペシャル番組として、4月2日(後6:57~8:54)にABC・テレビ朝日系で放送されることがわかった。島のリフォームは、番組史上初の試み。

 “リフォームで家族の問題を解決する”をモットーに、狭さや老朽化といったさまざまな問題を抱えた家が、一流の建築士である“匠”たちの見事なリフォーム術によって劇的に大変身する過程をドキュメントで伝える番組。昨年11月にレギュラー放送を終了して以来の復活となる。

 今回、リフォームする島は、さだの故郷・長崎県、大村湾の南西に浮かぶ「詩島(うたじま)」。元々は無人島だったこの島を約38年前にさだが購入。周囲500メートルほどのこの島の中には、さだが建てた、母屋(ログハウス)、管理棟、バンガロー、浴室棟などがある。度々友人たちと訪れ、「トム・ソーヤーの冒険」をイメージして遊んで過ごした思い出の島だ。

 しかし、約30年間手入れをせずに放置した結果、島内の設備は築35年と老朽化が進み、風雨にもさらされているため建物も崩れる寸前。危険で、とても泊まることなどできない状態に。なぜ30年間も放置したのか。さだは「巨額の借金を背負ってから、そのお金を返すのに精一杯だった」と打ち明ける。自ら監督や主演を務めたドキュメンタリー映画を製作したことで、35億円という多額の借金を抱えてしまったさだは、借金返済に追われ、島の手入れをする余裕がなかったというのだ。

 その借金も完済し、「僕が元気なうちに元気な島に戻したかった。かといって巨額な資金があるわけでも無いので随分悩みましたが、この時期を逃すと“廃墟の遊園地”みたいになるかも知れない、とリフォームの決心をした」と、かねてから大ファンだった同番組に自ら依頼するに至った。

スポンサーリンク

さだまさしの島、なんて久々に聞いたわw

ま、さだまさしが島持ってるって話も随分久しぶりに聞いた話なんだけどな。そうか、さだ本人もこの番組の大ファンだったのか(笑)

個人的には「さだが島を持ってる」という話を知ったのはさだのファンになってから…ではなく、昔、「アメリカ横断ウルトラクイズ」で第11回の優勝者の人が、優勝賞品でカナダの無人島を貰ったのを番組で見て(とはいえ満潮だと沈みかけるどえらい「島」だったんすけど)、たまたま土曜日昼の再放送を一緒に見てたうちの親父が「なんかさだまさしみたいだな。島の主になるなんて」とぼそっと呟いたのが最初だったんスけどね(調べたら、第11回ウルトラクイズは昭和62年=中1の秋、私がさだにハマったのは平成元年=中3になる直前なんで2年前だったようです)。

当時、さだまさしを知らなかった私は「へー、無人島を持ってるなんて酔狂で金持ちな人もいるんだな」と、なんとなく大きな船を持ってる加山雄三のようなイメージを抱いてたんですが(その15年ぐらい後に、当時、長崎で夏に開催してたさだの平和コンサートで毎年のようにナマで加山雄三の歌を聞く事になるとは当時の私は全く知らず(笑))。

で、最近はさだかではないんですが、以前はファンクラブの中で人数を限定してファンの方々を島に招待したりとかしてたらしいんですけどね。そうか、そんなに中国で撮影した「長江」という映画の借金が響いたのか(苦笑)。さだ氏は所属事務所ではなく個人信用で大借金を背負ってしまったんで一時期は返済のために年間160回のコンサートとかもこなしてたそうですし。

材料の運搬とかも大変そうだ(苦笑)

で、記事の続きなんですが、

「難しく、ややこしいリフォームに慣れた『ビフォーアフター』のスタッフなら、僕の気持ちを酌んだ楽しい改造をしてくださるだろうと思った。みんながワクワクするような島に戻したい」と語るさだが用意した予算は3500万円。その願いをかなえるべくたちあがった匠は、「森の木の代弁者」こと松永務氏。

 さだ本人も全国のコンサートツアーの合間を縫って島にやってきては、匠の指示の元リフォームの手伝いに参戦。ねじ止めや学生時代にアルバイトで経験があるという、ペンキ塗りなどをこなしていく。また、さだの友人たちも駆けつけて手伝った。資材などを本島から運ぶだけでも大変な今回のリフォーム。果たして、どのような島へと生まれ変わるのか。

あー、確かに予算がカツカツだったりすると、依頼者本人やそのお友達も駆けつけていろんな作業(それこそ記事の中にあるようなペンキ塗りとか、もしくは大工のお手伝いとか)もするのがある意味であの番組の「お約束」でもあるんですが…さだ氏本人も出てくるのか、しかもお手伝いで(笑)。

でも3500万円って結構な予算なんすけどね。自分の記憶に残ってる中では談志師匠の練馬の家のリフォームとか、世田谷の新日本プロレスの選手寮のリフォームが2-3年前ぐらいにレギュラー放送してた当時の過去最高額の4000万円、って言ってたような気がしますし(後述しますがその後にもっとどえらい金額のリフォームをやって更にしくじることになるんですけど)。それでもいかんせん、無人島ゆえにいろんな材料を船で運ばないといけないから運搬やその他の手間暇が大変そうだ…。

ビフォーアフター、長崎の仇を長崎で討つ、か(謎)

そういえば少し前にこんな記事を書いたんですけども、

というか、テレ朝の「ビフォーアフター」は、億単位の予算使ってリフォームしてる最中にトラブルと番組終了を(爆)

レギュラー放送(こないだまで隔週とか月イチぐらいのペースで日曜日の夜に放送されてました)が終わる直前にこんなトラブルがあったそうなんですね。奇しくも同じ長崎県の平戸の平戸城をリフォームしようとしたら、当初の予算の1.5億円(←この金額も凄い)がなぜか3.7億円にまで膨らんじゃったりと(;゚Д゚)。で、これをやってる途中に改修を断念した上に番組のレギュラー放送も中止になっちゃった、とかで。

あー、「江戸の仇を長崎で討つ」ならぬ「長崎の仇を長崎で討つ」ことになったんですなビフォーアフター(をい)。でもまあ完成時の「アフター」のお披露目の際の、リアクションに関しては間違いない人材でしょうしね。さだ氏とそのお友達とかスタッフさんとかだと。もう通販番組のサクラの皆さんのように派手に驚いて喜んで涙を流してくれるでしょうよ。「匠」がどういう自己満足系なブツを作るかも楽しみだw

※で、この時の撮影の裏話もきっちりコンサートトークの「お笑いの一席」として仕上げてくるんでしょう?<さだ氏(苦笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク