読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【さだまさし】サッカー日本代表にエールを送る…昔、アジア最終予選の「消化試合」で国家独唱してたのを思い出すわ(爆)

さだまさし(?) スポーツ

スポンサーリンク

stade

さだまさし、“運命の”サウジ戦へ臨む日本代表にエール! (Smartザテレビジョン) - Yahoo!ニュース

明日は日本対サウジ戦なのは知ってましたが…いやあさだ氏はこういう番組にも出るんだな(苦笑)

'18年に開催されるFIFAワールドカップロシア大会への出場権を懸け、「アジア地区最終予選」で熱戦を展開中のサッカー日本代表。

彼らを応援するべく、テレビ朝日では各界の著名人・アスリートが発信する熱きメッセージを紹介する、サッカー日本代表応援ミニ番組「SUPPORTERS」(毎週月~金曜夜11:10-11:15)を放送してきた。

いよいよ11月15日(火)には前半戦最後の大一番となる、グループ首位・サウジアラビアとの一戦も行われるが、その決戦前夜となる11月14日には、歌手のさだまさしが登場。

サッカーとは縁がなさそうに見えて、実は公私にわたってサッカーとの深い関わりがあるさだが、その秘話と合わせてサッカー日本代表への熱い思いを語る。

さだがサッカーに興味をもったきっかけは、弟の佐田繁理さんが中学からサッカーを始めて、その応援をするようになったことなんだそう。その繁理さんは'75年に香港リーグでプレーし、日本人初の海外契約プロサッカー選手となっており、さだ自身も長年にわたってサッカーを見続けてきた。

'05年にはドイツW杯最終予選のイラン戦で、国歌独唱した経験もあり、日の丸を背負って戦う日本代表の選手たちに抱く特別な思いを語る。

W杯最終予選について、さだは「いつもハラハラしながら見ていますよ。祈る思いですよ、毎試合。これ以上選手にプレッシャーをかけるのはやめてあげて! 一生懸命頑張っているんだから。今年の広島カープのファンを見習おう!

あの自分の人生を懸けて応援する、あの強さと熱を。僕らいつしか忘れているな~、ワールドカップ続けて出ていると、出られるものだという気持ちがチラッとあったんじゃないかな。だから初戦で負けた時はぼうぜんとしたでしょ。広島カープのファンのように心を1つにして応援するしかないでしょ!」と熱い思いを吐露。

また、注目している選手については「長谷部誠選手がどれだけ存在感を示してくれるか、山口蛍選手がどれくらい押し上げてくれるか、ボランチの2人に期待しています」と、サッカー通を感じさせるコメントで2人の名を挙げた。

サッカー好きの人もそうでない人も、15日は日本中の人が埼玉スタジアム2○○2で躍動する“サムライブルー”へ向けて、応援のエネルギーを送ろう。

なお、9月の番組スタートからこれまで出演してきた著名人・アスリートは以下の通り。(出演順不同)

木梨憲武、小柳ルミ子、さだまさし、松岡修造、綾小路きみまろ、川平慈英、堀江貴文、羽鳥慎一、宮迫博之、ナオト・インティライミ、武井壮、田丸麻紀、蝶野正洋、竹内涼真、足立梨花、吉田沙保里選手、萩野公介選手、体操日本代表(内村航平選手、白井健三選手、加藤凌平選手、田中佑典選手、山室光史選手)、三宅宏美選手、浜口京子、福原愛選手、鶴竜関。

あー、2005年のイラン戦の国家独唱はよく覚えてますわ。

確かこの前の時点で日本は本大会出場を決めちゃって(そんぐらい「アジアでは」強かったんすわ。当時のジーコジャパンは)、まさに「消化試合」な試合の中継だったんですが、たまたま私はテレビをつけたら代表戦の中継が始まったばかりで誰が国家独唱をするのかを知らなかったんですね。

で、「こんな消化試合で国家独唱をやる羽目になった運が悪い奴は誰なんだろう」と思ってたら、「国家独唱をされるのは…歌手のさだまさしさんです!!」とアナウンスがあり、

さだまさしが本当に出てきてテレビの前でずっこけた(爆)

のをよく覚えてますねえ。ある意味で「ビミョーに残念なタイミングがいかにもさださんらしいわ」「おいしいなーさださん」とか嫁さんと呟きながら国家独唱を見てたのを今でも覚えてますわー。夫婦ともにバカウケ(←をいw)

で、記事にも書いてあったさだ氏の弟さん、今はさだ氏の所属事務所の社長さんをやっておられますが、本当に「日本で初めてプロ契約で海外のチームでプレーした選手」だったんだそうで。台湾の大学に留学してた頃に香港のチームに誘われて1年だけプレーしてたそうなんですが、それがドイツでプレーした奥寺選手よりも若干早かった、という話も。

で、1年でプロ契約を打ち切って台湾の大学に復学して、更にニュージーランドとかに留学したりしてる間に、さだ氏がフォークデュオの「グレープ」を解散してソロで歌手を続けることになって「さだ企画」という個人事務所を立ち上げたんでそこの事務所の手伝いをしはじめたのが帰国した理由だったそうですけど。

ちなみに確かこの2005-2006年ぐらいの頃にスポーツ雑誌の「Number」でここらへんの説明もしていた対談記事も載ってて物凄くびっくりした記憶があるんですよね…。さださんよりも体格もがっちりしていて、随分とダンディーな感じの方でしたけどね。

※これが某クイズの大会の問題集を読んだらでフツーに出題されていてびっくりしたけどな(爆)

でもさだ氏曰く「今年の広島ファンを見習おう」ってのは笑いつつも「まさにそのとおりだな」と。まあ確かにその通りですやん。ハリルホジッチは貧乏神みてーな辛気臭い顔してるけども(以下略)

またそのうち、サッカーの代表戦でも国家独唱やらないかなあ。今度こそ「消化試合」じゃなくて、「この試合に勝てなきゃ本大会に出れないのが決まる」ぐらいの最終予選の最終戦とか、かつてのジョホールバルの歓喜の時ぐらいの、試合前のスタジアムの雰囲気自体がもう殺伐としていて重苦しいところに、実にソロデビュー以後だけでも4000回以上のコンサートをこなしてきたさだまさし氏がどんだけ度胸のある国家独唱をするかは見てみたい、かもですな(笑)

※ただ、コンサートの予定表みたら、13日の福岡サンパレスから、18日の八王子までぽっかり空いてるんだよな…いやあまさか明日、埼スタに来る前フリか??(;゚д゚)

 

追記

国歌独唱はなかったです(苦笑)

笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話

笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話

 
永縁~さだまさし 永六輔を歌う~

永縁~さだまさし 永六輔を歌う~

 

↑あ、無事にネットで買ったのが届きました…嫁宛に(苦笑) 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ