読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

神宮球場の90年記念奉納試合「ヤクルト対東京六大学選抜」戦で、さだまさしが国家独唱をしたそうで…。

さだまさし(?) 雑談

スポンサーリンク

Tokyo2012_120

ヤクルト 六大学選抜に大勝 法大OB大引ら先輩の貫禄 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

少し前にこんな記事をアップしたんですが…。

www.muroktu.com

あー、今日だったんすねえ(笑) 

明治神宮外苑創建90年記念奉納試合が5日に神宮で行われ、ヤクルトが12―1で東京六大学選抜に大勝した。

 ヤクルトは4回1死一、三塁から4番・山田が先制の左前適時打。続く鵜久森、西田がそれぞれ適時打を放ち、さらに法大出身の大引には左越え3ランが飛び出した。この回、8安打を集中して一挙6点。6回に相手失策で、8回は早大出身・武内の適時打などで追加点。9回にも奥村の適時打でダメを押した。投げては先発の石山から原、岩橋、平井、村中、秋吉のリレーで1失点にまとめた。

 六大学選抜はヤクルトからドラフト2位指名されている先発・星(明大4年)が2回1安打無失点の好投を見せたが、後続の沢田(立大4年)、柳(明大4年)らが失点。打っては中山(法大2年)が2打席連続で二塁打、4回には代打・柴田(法大4年)が適時打を放つなど奮闘も、力の差を見せつけられた。

どうも東京六大学野球連盟が結成された翌年、大正15年に現在の場所に建てられたのが最初だったそうですね。その後、何度も拡張工事等をして今に至るわけですが、戦前期は最大で58000人も収容する物凄いスタジアムだったそうです。たぶん立ち見とか思いっきり入れてギュウギュウだったんでしょうが、それも凄い…。

で、

で、探したらYouTubeでアップしてる方がおりました。

で、こんな動画も。

そういうのを独唱終わった後のさだのおっさんにもやれよー(←無茶いうなw) 

ただ、さだ氏は昨日は昨日で、

さだまさし:「頑張って」台風被害の岩手・岩泉町で慰労コンサート - 毎日新聞

先般の台風10号の被災地となった岩手県岩泉町でコンサートをやってんすよね。本当に元気だなー。ほんとに64歳とは思えない。むしろ40代の時よりも元気なんじゃ(^^;)

余談

ふたつほど。

数日前にTwitterでこの写真を見た時に、

「あれー、なんかあのおっさん、随分とうちの親父によく似てんなー、え?これ、さだまさし?」とマジで吃驚した(自爆)。

それと、今日、これもまたたまたまTwitterで見かけたんですが、早稲田大学には現在も活動している「さだまさし研究会」がありまして、昨日今日あたりは、

文化祭や学園祭…というよりかは、理工学部の展覧会の中でさだ研がギター弾いて歌ったりしてたみたいですね。でもなんか学生っぽくて初々しくていいですね。

ちなみに20年ぐらい前までは大学では、東大や京大、東北大、立命館、国学院、千葉大、そして日大にも「さだ研」や似たようなサークルがあって活発に活動してたんすけどね。日大のサークル(「さだまさし研究会」ではなく「さだまさし親好会」と名乗ってましたね)には、私自身、他大学の学生でしたがここに2年ほど御世話になっていたので、ある意味で懐かしいです。ま、京大や日大はその当時のお知り合いが何人かいるんですが、OB会のような活動をしてるらしいんですけどね。

※ちなみに社会人でも「さだ研」ってのは最盛期で30ぐらいあって、とある社会人さだ研に深く深く関与してたんですが、これを書くと文字数が10000文字あっても足りないので今回は割愛します、すんません(苦笑)

あなたを勇気づける62の言葉 (62の言葉カレンダーシリーズ)

あなたを勇気づける62の言葉 (62の言葉カレンダーシリーズ)

 
さだまさしトークベスト

さだまさしトークベスト

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ