読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】「70歳で打撃投手」のロッテの独身寮の寮長さんが退団するそうで…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

Batting practice

球界最年長70歳打撃投手 ロッテ池田寮長が退団 - 野球 : 日刊スポーツ

昨年だか一昨年にNHKの番組でこの寮長さんが取り上げられてたのを偶然見たことがあったんですけどね…。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

うちの両親とほぼ同世代(母親が今月70歳の誕生日を迎えたぐらいでして)なのに、未だに打撃投手もしてるのは凄いなあと、ただただ感心するばかりだったんですけども…。

ロッテ池田重喜寮長兼打撃投手(70)が退団することが19日、分かった。今年5月に70歳を迎え、古希の球界最年長打撃投手と注目されたが、数日前に球団から契約終了を伝えられた。「この年までやれて、球団には感謝の言葉しかない。体は動くが、来年もやったら大ケガすることだってある。天命でしょう」と静かに話した。

 ロッテの草創期を知る。70年オフに大洋から移籍。球団事務所で、大毎時代からの名物オーナーだった永田オーナーにあいさつし「君、頼むよ」と言われたが、その翌日にオーナー交代が明らかに。「あれには驚いた」と懐かしむ。引退後は、トレーニングコーチなどを歴任。98年に球団を離れたが、人柄を買われ、翌99年秋に寮長に。時にコーチを兼任し、12年からは打撃投手も務めてきた。実に40年以上をロッテにささげたプロ野球人生だった。

打撃投手(バッティングピッチャー)ってのも大変な仕事でして、とにかく「打つ選手にとって打ちごろの球を100-200球投げられなくては仕事にならない、しかも毎日のようにという条件があって、元プロの投手の全てが続けられるというわけでもないらしいんですね。

逆に、速球が遅かったり、他チーム相手に通用しなかったりでプロとしては大成できなかった投手が、こっちの方が実はむいていて、むしろ現役よりも長く続ける人もいて、中には一流選手が「この打撃投手のおかげで僕は大きくなれた」と、「王の恋人」とか「イチローの相棒」みたいに呼ばれた打撃投手も出てくるわけで。昔、広島カープにも30年ぐらい続けた大ベテラン、そして「名物」の打撃投手の人がおりましたな…。

それにしても70歳までこれを続けたってことは、その裏では常にランニングとかストレッチとか、日々の鍛錬もあったハズ。それを思うとただただ頭が下がりますわ…。

↑本当に凄い(大汗)

そういう意味では、池田寮長の最後の年に、平沢大河とか成田翔とかが入ってきて、寮長さんにお世話になったってのはねえ。「最後の年の教え子」の彼らにはぜひ大成してほしいものです。

46年間もロッテに携わってくださいましてありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

デスパ強奪許さん!“急場”にロッテ球団幹部がキューバに乗り込む (1/3ページ) - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

いよいよマネーゲームへ突入か(;゚д゚) 

キューバの至宝、アルフレド・デスパイネ外野手(30)をめぐり、ロッテとソフトバンクが水面下で激しい“獲得競争”を展開していることが19日、分かった。デスパイネはロッテ残留を希望しているが、ソフトバンクが“交渉権”を持つキューバ政府と接触。今月いっぱいの保留権を持つロッテの球団幹部は残留を求め、21日にキューバに渡る。

 ロッテとソフトバンクがデスパイネをめぐり、激しい綱引きをしつつあることが分かった。ロッテは今季までデスパイネと2年5億円で契約。11月末まで保留権を持ち、契約更新に向け、新たに2年で6億円規模の条件を用意したとみられる。だが関係者によると、ソフトバンクが獲得に興味を示しているという。

 シーズン終了後、サンケイスポーツの単独取材にデスパイネは「来季もロッテでプレーしたい。それに偽りはない」と応じたが、キューバの公務員という立場のため、交渉窓口は本人ではなくキューバ政府になる。報酬額に応じて最大約20%が“国庫”に入ることになっており、「日本ではデスパイネ以外に稼げない」(球団関係者)とする同政府の強気な姿勢はあからさま。デスパイネは「自分にできるのは、政府に希望を伝えることだけだ」と話し、先行きは不透明だ。

 デスパイネは今季、打率・280、24本塁打、92打点。在籍3年間で計54本塁打を放ち、長打力の乏しいロッテ打線には欠かせない戦力だ。その残留交渉へ、21日に球団幹部がキューバに緊急渡航する。山室球団社長は「マネーゲームに参加しないとはいっていない。相手とは相思相愛です」とし、最後まで誠意を尽くす構えだが、資金力が潤沢なソフトバンクも本腰を入れ、2年で8億円規模の条件を用意しているとみられている。

 ロッテは新外国人として、米大リーグのアストロズなどでプレーしたマット・ダフィー内野手(27)の獲得を発表。万が一デスパイネが退団した際に備え、今季マリナーズでプレーした李大浩(イ・デホ)らの獲得調査も進めているが、まずはデスパイネの残留が最優先課題となる。

ま、ロッテが幾らまで出せるかは正直さだかではない…んですが(なんか親会社や創業家が渋りそう。奴ら500億も脱税こいてるのに(爆))、てか、キューバもデスパイネ以外にも日本にいい選手を派遣しろよ、と言いたいわ。巨人にいたセペタなんか勿体なかったな…。 

とりあえずここらへんはデスパイネが無理だった場合のシュミレーションもしっかり踏まえてBプラン、Cプランぐらいまで想定して置いてほしいっすわ。

打撃投手

打撃投手

 
この腕がつきるまで 打撃投手、もう一人のエースたちの物語 (角川文庫)

この腕がつきるまで 打撃投手、もう一人のエースたちの物語 (角川文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ