読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】ルーキー平沢を1軍に残すか2軍で育てるか…伊東監督も決断に悩むとこだなあ(苦笑)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/41474848@N06/8009543194

photo by U.S. Army IMCOM

ロッテ平沢開幕1軍へ最終関門、さあ勝負の3連戦 - 野球 : 日刊スポーツ

過去のロッテのルーキーの中ではピカイチな才能・素材なのは間違いないんすけどね。さて勝負のホームのQVCマリンでの3連戦ですか。

※あ、例によって写真と本文はいまいち関係が(以下略)

1軍生き残りへ最後の関門だ。ロッテのドラフト1位平沢大河内野手(18=仙台育英)が、今日11日からQVCマリンで行われる3連戦で開幕ベンチ入りをかける。目標に向け10日の全体練習では、松山内野守備走塁コーチからマンツーマンでミニ特守を受けた。
  打撃練習を横目に一塁側ベンチ前では、松山コーチの投げるゴロを捕球し、速やかに送球する動作を繰り返す姿があった。「頭の位置を動かさないこと。前にも言われていたので、もっと意識しないといけない」。体のバランスが崩れると動作は不安定になり遅くなる。ここまで実戦8試合で失策は5個を数えた。松山コーチは「15試合に1個以内にしないと。その力は持っている」と評価している。
  伊東監督はハムレットの心境だ。1軍に残すべきか、2軍に落とすべきか…。「残ると毎日スタメンとはいかない。2軍で経験を積むのもいい。1軍の緊迫の中で使っていくのも育成。いろいろ経験させたい」と実に悩ましい。
  とはいえ、メンバーを決める時期が近づいてきた。「過去の新人より早く対応する力はある。ただしシビアに査定しないといけない」。“勝負は1週間”と話した期限が、週末の3連戦となる。

昨日もこんな記事を書きましたが…。

www.muroktu.com

さっすがにゴジラ松井氏のような昼間は2軍の試合に、夜は1軍の試合に、という起用方法は無理らしい。ま、巨人はヤクルトと横浜も自宅から通勤できる環境ですしね。千葉ロッテはせいぜい西武ぐらいしかねえ(しかも西武戦も場合によってはホテルに前泊という慣例らしいですし)。 

でもいずれにしても千葉ロッテだけでなく、パリーグの至宝のようなスーパールーキーですしね。中途半端なことではなく、2-3年後を見据えて、徹底的にじっくり育ててほしいですね。1軍のままで開幕を迎えてそのまま結果を出していくか2軍に落ちるかでもよしですし、2軍のサバイバルマッチを経て満を持して1軍に這い上がってくるもよしで。

ひとまず伊東監督には「1-2軍間の首脳陣の連絡と連携を密にしろよ」と。一昔前のロッテはコーチ同士が仲が悪くて大変だった時期もあったそうですし(失笑)。

ルーキー (角川文庫)

ルーキー (角川文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ