読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」→民進党代表選で本当に蓮舫氏は"国会議員の最後に"投票してましたが(苦笑)

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

poster tranh cử của Luật sư Dzu mang trên xe nhà binh

<民進党>新代表に蓮舫氏 1回目投票で決定 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

たまたま家にいて、テレビをつけたら偶然中継やってたんで見てましたが…まあ、そんなもんなんだろうな、と。でもたぶん自民党や公明党は思ったろうな。「よしこれで東京五輪までは安泰だ」と(意味不明)

民進党代表選が15日投開票され、蓮舫代表代行(48)が503ポイントと1回目の投票で、過半数を獲得し、新代表に選出された。女性の代表就任は初めて。

前原誠司元外相(54)は230ポイント、玉木雄一郎国対副委員長(47)は116ポイントだった。

ま、蓮舫氏に関しては、「おいしいとこどり」「パフォーマンス重視で中身はスカスカの、露地の売店で売られてるハズレのスイカ」みたいな印象しかないんですが、こないだmixiのボイスで友人が「蓮舫は結局、一事が万事、脇が甘いんだよね」と呟いてるのを見て、

「ああ、これは菅直人以来の民主党の伝統か」

と妙なとこで納得する自分が(をい)

現役国会議員では蓮舫氏が最後に投票する順番だったんすね…。

…で、それはともかく、中継見てて「うまいなー」と呟いちゃったのが、この代表選の投票は、地方票+党員票を事前に票数オープンして、その後に、衆議院議員→参議院議員、最後に今後の国会議員の選挙に出る予定の人たちが壇上で投票していくんですが、現役国会議員は五十音順に着席していて、順々に呼ばれて壇上に向かってたんですね(ちなみに立候補予定者の皆さんは名前も呼ばれずに壇上でどんどん投票してました)。

その結果、国会議員の最後に呼ばれたのが当の蓮舫氏でようは「参議院議員で、れ」の人だったんで最後だったみたいです(民進党の渡辺さんっていなかったんだな…参議院では)、

「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」by立川談志

その際に個人的には、昔、立川談志師匠が参院選に立候補して、当時の全国区の当選枠50人の50番目に当確を決めた際に、

「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」

といううまい名言を残したのを思い出しちゃったんすけど…蓮舫、そんな憎い演出をかますとは。脇はクソ甘い癖にさすがこういう「ハレの場」ではやるもんだなあ、持ってるなあこの人…(←単なる偶然だろうけどなw)

www.muroktu.com

↑同じ「寄席でも選挙でも真打は最後に(以下略)」名セリフを紹介した半月ほど前の記事。本当に台風10号め、真打よろしく最後にやってきて日本列島と朝鮮半島に一番大迷惑かけやがって(号泣) 

↑仕事早ええよ、しかも今日発売かい(爆)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ