読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

さだまさしの「恋愛症候群」という歌を思い出しますな(笑)<血液型談義

日常 雑談 さだまさし(?)

スポンサーリンク

批難中傷が多いのはA型?!血液型は関係ないと言いつつも統計結果が出てしまいました - 非アクティビズム。

ちょくちょく拝読してるブログさんより。

いやあ、ずいぶん昔の、さだまさしのヒット曲「恋愛症候群」を思い出しますなー(笑)

ま、歌詞も歌も長いんですけどね(苦笑)

で、歌詞はこんな感じです。

恋と呼ばれる一過性の発情症候群に於ける
その発病及び傾向と対策について考える
年齢 性別 職業 ツベルクリン反応 郵便番号の
如何を問わず 凡そ次のとおり

開き直らねば何もできず ただ暗く爪をかみ
目が点になって ため息ばかりの A型
他人のことなど考えられずに 大切な花畑
平気で踏み荒らして 顰蹙をかう B型

今日と明日では 自分同志で意見が分かれて
熱し易く冷め易い AB型
その内なんとかなるんじゃないかと思っている内に
自分だけ忘れ去られている O型

その他いきなり優しくなったり
急に詩人になるケース
夜中にいなりずしをどうしても喰べたくなる場合
海に向かって バカヤロー と叫ぶなどは
よくある事で更に 若いのに髪が薄くなる方もある

なにしろこれらがある特定の人にだけ
反応するって事は恋は一種のアレルギーと考えてよい

恋におちたら一部の例外を削除すれば およそ
男は男らしく女は女っぽくなるものらしい
手相 星座 サイコロ タロット 四柱推命
その他茶柱まで

相性占いなど気になったら もう恋

相手には自分の良い所ばかり
見せたくなるものであるし
相手の欠点には気づいても気づかずにいられるし
食べ物 着るもの 見るもの 聴くもの
すべて好みが合うと思うし
毎日が二人の記念日になる

処が一年二年とたつうち見えてくるんですよ
恋とは 誤解と錯覚との闘い
そのうちなんだかお互い知らない人に思えてきて
次第に疲れて 会っても無口になる

初めは めまい 立ちくらみ
食欲不振で気付いた恋がいつか

注意力散漫 動悸 肩こり 息ぎれに変わり やがて
頭痛 発熱 歯痛 生理痛 すり傷 切り傷
しもやけ あかぎれ 陰金 夜泣き かんむし 田虫 水虫
出痔 いぼ痔 切れ痔 走り痔
えーと えーと... えーとせとら

とにかく そんな風に 笑っちまった方が
傷つかずに済むってわかってるんだ
誰だってそうだろう

恋は必ず消えてゆくと 誰もが言うけれど
ふた通りの消え方があると思う
ひとつは 心が枯れてゆくこと そしてもうひとつは
愛というものに形を変えること

相手に求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だから ありったけの思いを
あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

おそらく求め続けてゆくものが恋 奪うのが恋
与え続けてゆくものが愛 変わらぬ愛
だから ありったけの思いを
あなたに投げ続けられたらそれだけでいい

あなたに出会えて 心からしあわせです

 ま、きちんと起承転結でおさまっていて、最初は笑わすだけ笑わしといて最後はホロリとさせるんだから、このオッサンすごいわーと、今更ながらに思うですわ(苦笑)。

だいたい血液型談義するのってA型が多くね?

…ってのが私の偏見。ま、たぶんきっかけはさだまさし。このオッサン、コンサートのステージトークでも結構若いころ血液型談義してましたしね。だからこういう歌詞を書けて歌まで出しちゃうんですけども…。

そんな私は血液型はA型なんですが、学生の頃はだーれも「あなたB型かO型でしょう?」と言ってた・言われてたもんで「えーい、うるせー」と、それで血液型談義が嫌いになっちゃったんでしょうね。

正直、今でも「ま、しょせんは4分の1でしょう?そんなもん真面目に語る方がアホやんけ。せめてプロ野球みたいに12種類、Jリーグみたいに56種類(J1:18+J2:22+J3:13+3(FC東京・ガンバ大阪・セレッソ大阪のU-23チーム))ぐらい分けろや」と思ってるぐらいで。

ちなみにさだまさし氏もA型なんだそーです。

さだ氏の兄弟はみんな血液型が違うという話を聞いて…。

そうそう、学生の頃、ラジオの深夜放送「セイヤング」だったと思うんですが、さだ氏が血液型談義のついでにこんな事を話してましたね。

「うちの兄弟は、みんな血液型が違うんすよ。一番上の僕(=さだ)がA型、すぐ下の弟がB型で、一番下の妹がAB型なんですね」と。 

さだ氏のトークでは、ご家族や学生時代のお友達の話もよく出てくるんでリスナーにはおなじみの名前ではあるんですが、弟さんはさだ氏の事務所の社長さんをやっておられて(ついでに書くと、学生時代に留学先の香港だかでプロサッカーの選手としてプレーしたのがきっかけで「日本初の海外プロサッカー選手第一号」という人でもあるらしいです)、妹さんは歌手で活躍しています。

確か高校一年生ぐらいだったと思うんですけどねーそれ聞いてた私は。「いやいや三人兄弟でみんな違うってそんなことあるんかい」とかツッコミながら、試験勉強をしてたような記憶があるんですね。生物か何かの教科書を眺めてたような…。

で、ふと気づいたわけです。

「あ、うちも全く同じだわ」と(爆)

長兄の私がA型、4つ年下の弟がB型、そして6つ年下の妹がAB型…と。「いやいやいや」とびっくりですわ。ラジオの向こう側の与太話だと思って聞いてたのに、「あ、うちもだわ」と(汗)。

ついでに書くと、この「恋愛症候群」には続編(or替え歌?)もありまして、「自分症候群」というアルバムのボーナストラックとして「もーひとつの恋愛症候群」って曲もあったりします。さっすがにYouTubeにはないでしょうな…素人さんの弾き語りであったりしてね(苦笑)

さだの素~さだまさしベスト・初級入門編~

さだの素~さだまさしベスト・初級入門編~

 
Only SINGLES~さだまさし シングル・コレクション~

Only SINGLES~さだまさし シングル・コレクション~

  • アーティスト: さだまさし,ペンギンフィルハーモニー寒厳楽団,たかひらゆたか,スティーヴィー・ワンダー,石川鷹彦,吉川忠英,渡辺俊幸,若草恵,服部克久,レーズン,倉田信雄
  • 出版社/メーカー: フォア・レコード
  • 発売日: 2006/01/11
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ