【千葉ロッテ】打率1割台のチームが9回表だけで6得点も…。

スポンサーリンク




ロッテ、九回6点猛攻も連敗…借金は今季最大9に(スポニチ)

大量リードに楽天が三味線を弾いたのか、それとも尻上がりにロッテ打線が息を吹き返したのか知らないが…またびっくりしました。

(パ・リーグ、楽天11-7ロッテ、4回戦、楽天4勝、26日、コボパーク)

九回に6点を奪う猛攻を見せたが、序盤の大量失点が響いて楽天に連敗。借金は今季最大の9に膨らんだ。先発のスタンリッジが誤算だった。2本塁打を浴びるなど3回6失点(自責点5)の助っ人右腕は「思い描いたゲームプランにならなかった」とがっくり。「序盤の失点が多すぎる」(伊東監督)、「助っ人になってくれない」(英二投手コーチ)と、首脳陣からは厳しい言葉が並んだ。

スポンサーリンク

ま、則本相手にほとんど打てなかったしな…。

3回で早くも6点も取られちゃったし、楽天のエース・則本にはてんで打てなかったしで。

で、あーこのまま11-1かー、相変わらずロッテ打てねえな、おい、って失笑気味に9回表を見てたら、福浦の死球から始まってあれよあれよと、


平沢大河やアジャ井上、鈴木大地のバットが火を吹いて11-7まで追い上げるとはな。で、ついてないのは打順が一巡しちゃって2アウトで福浦の代わりに代走で出てきた岡田が今季無安打の状態でまさか打席に経つことになるとはねー。あれは不運だった。

まあその粘りが翌日へとつながれば…あ、翌日は試合がないとはマジか(;゚Д゚)

もう現有戦力だけじゃ厳しいかもね。

「家でいえば大きな柱がなくて」/伊東監督(日刊スポーツ)

おっしゃる通り。さすがにフロントも第三、第四の外国人選手を獲得も考えないとだめだと思うよ…。

<楽天11-7ロッテ>◇26日◇Koboパーク宮城

 試合前、ロッテ伊東勤監督は「ここまで打てないことはなかった」と打ち明けた。原因に“軸不在”を挙げた。「家でいえば、大きな柱がなくて周りの柱だけだからグラグラしてしまう。4番。それと同じくらい重視している1番」。

 井口、福浦の両ベテランを今季初めて同時に先発起用。「最終手段じゃないけど、2人にもやってもらわないと」。

 最終回の追い上げも勝敗には影響せず、借金は今季最多9となった。「先発の時に打たないと」。

ただ逆説的に考えれば、福浦はこういう緊急事態だからこそ、先発起用とかされる機会が増えれば増えるほど、2000本安打には近づいてくる、という(^_^;)。若手が躍動してれば代打専門とかになっちゃうでしょうしね。福浦にとってはチャンスだけど、果たしてチーム的にはそれがいいのかどうかは実際はビミョーなんだろうな。

ファンとしては福浦がスタメン起用された試合でマルチヒットだの猛打賞だのでしっかり結果を出してさえくれれば別に世代交代とかはある程度目をつぶるんだけど、今の段階では。

むしろ終わってみたら楽天のほうが実は別の意味でこの試合がターニングポイントだった、みたいな事にならないことは他人事ですが祈ってますわ。そんぐらい後から出できた投手がひどかった。まあロッテの投手も結構ひどかったけど。とりあえずロッテ打線はチーム打率を2割に戻すように頑張ってくれ。

余談:え、里崎氏、マジすか?

パラデス…(大汗)。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク