読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

最近「郵便局」からの怪しい自動音声の電話が増えてるんだそうですが、それ1500%詐欺ですので要注意、と。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

P1010992.JPG

 「中央郵便局」かたる不審電話が激増中 不気味な「自動音声」が狙っているコト : J-CASTニュース

嫁の親の介護等の事情で辞めるまでは3年前まで長年、「赤いバイクに乗るデリバリー屋さん(謎)」の仕事をしてたんですけど…経験則上言えるのは、1500%詐欺ですからそれ(汗)

「東京中央郵便局」だとして名前を聞かれるなど不審な電話があったとする郵便局への相談が2016年3月から計760件ほどに上っていることが、日本郵便の調べで分かった。最初は自動音声で始まるのが特徴で、日本郵便などが注意を呼びかけている。

   中央郵便局をかたる電話については、あるツイッターユーザーが6月6日に報告して2万件以上もリツイートされる大きな反響を呼んだ。

自動音声で「あて先不在で持ち戻りになりました」

   ツイートによると、このユーザーの母親あての荷物が配達されないで郵便局に戻って来ており、母親に名前を教えてほしいと電話で聞いてきた。母親がおかしいと思って、「どこからの荷物なのか」と尋ねると電話を切られたそうだ。最寄りの郵便局に電話すると、最近そういう電話が増えていると言われたといい、ユーザーは気を付けるようにと訴えている。

   そこで、日本郵便にJ-CASTニュースが6月7日に取材すると、このツイートと同一の手口かははっきりしないが、東京中央郵便局をかたる不審電話が最近増えていると報道担当者が明かした。

   電話を取ると、まず自動音声が流れ、「郵便物があて先不在で持ち戻りになりました。電話の『1』を押して、情報を確認して下さい」と指示される。そこで、「1」を押すと、オペレーターにつながり、名前を聞かれるなどするそうだ。

   不審電話の相談は、3月に70件あり、その後に急に増えたため、4月12日にホームページ上で注意を呼びかけた。そこでは、「自動音声による電話をかけることはありません」「安易にプッシュボタンを操作することがないよう、ご注意ください」としている。

   しかし、その後も不審電話の相談は続き、4月は250件、5月は300件、6月も7日13時までに140件に達した。16年に入ってから計760件ほどになり、その大半は、中央郵便局をかたる同様なケースだという。

神奈川県警は「振り込め詐欺の前兆」と注意呼びかけ

   ツイッターなどを見ても、3月ごろから東京中央郵便局をかたる不審電話があったとする報告が度々出ていた。オペレーターの話す日本語がたどたどしかったとする指摘もあった。

   少なくとも神奈川県内には、不審電話が多数かかっている模様だ。県警の捜査第2課では、公式ツイッターを通じて、振り込め詐欺の前兆とみられるとして再三注意を呼びかけている。

   県警によると、まず男や女の自動音声が流れ、「カードを配達したが届かなかった」「悪用されている可能性がある」「こちらから警察に連絡します」といった内容を告げられる。横浜市緑区では、5月9~11日に不審電話が約80件も相次ぎ、電話の後に警察や金融庁をかたって、「口座が不正利用される恐れがあるので、金を別の場所に移したほうがいい」と持ちかけられたケースもあった。

   捜査第2課では、自動音声を使った詐欺はあまり聞いたことがないという。音声が不審だとして警察に連絡してくるケースが多く、これまでに金銭的な被害については報告を受けていないとしている。

   実は、韓国でも、過去に同様なケースが報じられている。3大紙の1つ「東亜日報」では、10年9月15日付記事で、自動音声を使い中央郵便局をかたった振り込め詐欺の電話が相次いでいるとし、電話主は韓国系中国人の言葉を使うこともあったと指摘していた。

   もっとも、今回の不審電話と何か関連性があるかについては不明だ。

ま、基本的なこととして言えるのは、

・「東京中央郵便局」では現在、集配業務は行ってない。

・不在のお知らせは電話でやらない。

の2つなんすよね。

現在、東京中央郵便局は集配業務をやっていません。

というのは、前者は、今のKITTEがある場所に東京中央郵便局は「ある」んですが、あの建物の中を取り壊して全面改築した際に、集配業務を2008年以降は銀座郵便局(日本郵便が民営化した頃は郵便事業銀座支店)に移転したんだそうで、今は窓口業務とかしてやってないんすわ。

なお冒頭の写真が工事中の東京中央郵便局で、今は外装だけ元の建物を残しつつ、新しいKITTEが入っているビルに生まれ変わってます。

ついでに書くとうちの嫁さんはOLを辞めた後、この東京中央郵便局で長年、計算業務のパートをやってたんですが、仕事の業務がまるまる銀座支店に移る際に「青梅線・中央快速線で直通で行けるから便利だったのに…」ってんで、パートをやめて専業主婦になったという次第で(苦笑)。銀座郵便局は確か新橋駅の近くなんすよね…。

※余談としては、昔、クイズサークルで会報を作ってた頃は、隔月に1回、郵便で遠隔地の方に20-30部ずつ送ってたんですが、東京中央郵便局に日曜日の午前中に投函すると、月曜日には関西や広島にも届くってんで、「さすが東京のど真ん中。流通経路も凄いわ」と、当時はかなり重宝してました(笑)。

不在通知は専用の紙を投函しています。

そして不在通知。これも基本的には専用の用紙、というかよくよく見ればそのまま投函もできる「ハガキの通知」が原則で、一戸建てやアパート・マンションだったらポストやドアポスト、オートロック式のマンションだったら一階のポストに入れるのが通常のパターンなんですね。中には不在通知を入れたのにお客さんが「入ってなかった」とか言って、留め置き期間ずっと連絡が無くて後からクレーム対応になることもあるんですが(チラシが溜まっているポストに入れて、チラシとか新聞とかに混じって処分されちゃったり、そもそも不在通知を入れるポストを間違えたとか←結構これもあります。いや、あっちゃいけないんだけど(爆))。

ま、中には雑な配達員もいて、バイクで乗り付けて手が届く際にはバイクに乗ったままそのままポストに投函する際に力いっぱいドーンって入れる馬鹿もいるんですわ。結果、ポストの蓋が開いちゃってポストの下の生垣に落ちるとか、水たまりに落ちるとか。特に元旦や正月の年賀状の時期は、束で来るお宅もあるもので私はそれは異常に気を遣ってやってましたね。私が辞めた年の正月に、それでクレーム対応になって、若いアルバイトの男の子が上司に「もうちょっと丁寧に仕事をやれよ!!」ってどなられてましたぐらいで。

なので、基本的には、

・郵便局からの不在通知の問い合わせは殆ど無い。

・居住確認には専用のハガキか、配達員が直接聞きに来る。

なので、まあ「怪しい電話」にはまず出ない、そしてハナっから信用しないってのが肝心なんでしょうね。

そういえば以前、こんなこともありましたが…。

クイズサークルの友人が当時、新宿区内の会社借り上げのワンルームマンションに住んでた頃、定例会のお知らせのハガキとかを送っても「この住所には尋ねあたりません」というハンコを押されて戻ってくるので、本人聞いたら「確かに私はそこに住んでるんですけど」というので、集配局に問い合わせたことがありました。

で、その担当区の班長だか副班長の人から電話がありまして、ちょうど私は息子が生まれたばかりで都区内の病院に行く途中で運転中だったもので嫁が出てくれたんですが…その返答が「そんなわけあるかい」っていったようなもんでした。

・そこのマンションはあまりに出入りが激しく、居住確認ができない状態である。

・なので申し訳ないのだが、「この住所には尋ねあたりません」で返すことになっているし、他の支店も原則的にそうしている。

と。

で、私の代わりに電話に出て話を聞いた嫁が「はいわかりました」って言っちゃったんですね(ま、上の話も電話が終わった後に嫁から聞いた話でしたし)。

後から「いやいや、本人がそこに住んでいると言っているし、実際に公共料金の請求書も郵便で普通に届いているといってるのに、一般郵便だけ返すのはおかしいだろ」「いくらマンション・アパートの出入りが激しい新宿区でもそれはおかしいだろボケ。」とぼやいたのも後の祭りでしたわ。

基本的には、「転居届・転入届」があれば一番最良なんですが、出入りが激しいアパート・マンションだと若い人なんかは転居届も出さないし、表札に名前も出さないしで、郵便屋からすれば誰が何人住んでるかもわからん状態。

…そこで白い紙の、裏返すとハガキになっている「居住確認」というものを使うんですが、これを入れておけば、「7日(だったか10日だったか)間、ご返信が無い場合はお預かりしている郵便物はお返しさせていただきます」みたいな但し書きが書いてあるので、誤配の心配がない、と。むしろ配達側からすると、ヘタに個人情報のカタマリである郵便物を住んでない人のとこに配達しちゃって、それを他人に見られてトラブルになるのが一番「恐れている」んですね。 

もっともその友人は間もなく、勤め先の会社が借り上げている墨田区内の別のマンションの部屋を借りることができまして、今はそこに住んでるんですが、幸いにそちらの郵便局ではそういうトラブルはないようで、今では普通に郵便物とかは送ってもちゃんと届いてるみたいですけどね。 

いずれにしてもその手の電話があったら単純に信用しないで、地元の郵便局か、警察とかに電話して確認した方がいいですね。繰り返しますが1500%詐欺ですから、それ。

あと、たまに自動音声の勧誘の電話が来るんだけど…。

最後に郵便局とは関係ないんですが、最近、勧誘の電話で、セールスの人の声ではなく、自動音声が流れてくる電話が増えたんすけど…あれむかつきません?(# ゚Д゚)

ま、最初は運悪く出ちゃったときは「ちっ」と舌打ちして切るんですが、最近は0120-とか、050-とかの番号は出ないか、出てすぐに無言で電話を切るようになりましたわ私(爆)。非通知なんかは電話の説明書を見たら着信拒否できる機能があったので最初から出ませんし。

うちは一階に嫁の両親の家の電話が、二階にうち(娘夫婦の家の電話←嗚呼、悲しきマスオさんかな(謎))があるんですが、特に嫁の両親の家の電話の勧誘が多い多い。墓地だの薬だのと。なので先日、一階の電話を買い替えた際に、コードレスホンの子機がついてるのを買いまして、二階でどっちの電話も取れるようにして、一階の電話もナンバーディスプレイを申し込んで番号を表示できるようにしました。

ついでにいえばうちではオレオレ詐欺等の予防で自分から苗字を言わずに「もしもし」で出るんですが、今日の午前中、電話があって090-の携帯だったんで出たら、

私「もしもし」

相手「あ、俺。なんで昨日途中で俺置いて帰っちゃったの?」

私「はい?どちら様ですか?」

相手「××だけど。俺を置いて帰る事ないじゃん」

私「あー、うちは△△ですけど、間違い電話では…」

相手「あ、すみません。ごめんなさい」

私「いえいえー」(電話を切る)

…なんつー、間違い電話がありましたわ。それじゃだめじゃん春風亭昇太です(意味不明)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ